節分の恵方巻き!方角が毎年違うのは!?誰がどうやって決めるの?

公開日: : 最終更新日: 2016/02/02 行事・イベント, 語学・学習 , 約 4分

節分に食べる「恵方巻き」

方角が毎年違うし、
おまけに、その方角もややこしいっ!


コンビニなんかで、今年の恵方を見ても、
その方角を、一発で覚えられたためしがないっ(汗)

節分の恵方巻き!方角が毎年違うのは!?誰がどうやって決めるの?

「恵方巻き」は、
「恵方寿司」「丸かぶり寿司」などとも呼ばれていますね。


節分に食べる この恵方巻きの方角、
2016年の恵方は、「南南東」です!

正確には、南と南南東の間(ほぼ南南東)で、
「丙(ひのえ)」の方角になります。


ほらねっ!
ちょっと、頭パニックでしょ? ^^;

でも、
この恵方巻きを食べる方角は、
実は、「たった4方角だけ」って知ってました!?

そう聞いただけで、脳のパニックが少しおさまって、
「なんとな~く 覚えられる感じ」になってきたでしょ d^^


節分に食べる恵方巻きの方角について、スッキリしましょう♪


Sponsored Link


節分の恵方巻きを食べるときの方角

「節分の恵方巻きを食べるときの方角」は、
誰がどうやって決めるのか?


結論から言えば …
毎年、誰かが決めているワケではなく、
すべて決まっているんです。 
来年以降も、ず~っとです。

そして、その方角とは、
ズバリっ!「歳徳神という神様がいる方角」です!


歳徳神(としとくじん)」は、吉の神様で、
「年徳」や「歳神」、「正月さま」などとも呼ばれています。



では、なぜ毎年方角が違うのか?

それについては、
歳徳神と方角の関係がわかると、謎が解けます d^^

そのためには、
「恵方」について、もう少し詳しく見てみることにしましょう♪


恵方とは

「恵方」は、陰陽道での考え方で、
その年の歳徳神のいる方角が、めでたく良い方向とされています。


歳徳神(としとくじん)とは、
陰陽家で年の初めに祭る神で、その年の福徳を司るとされてます。



歳徳神のいる方角を「恵方」と言い、すべてにおいて吉とされています。

※ 恵方は「明の方(あきのかた)」とも呼ばれます。



この歳徳神、
実は、毎年 居場所を変えているんです。

歳徳神のいる方角は、
その年の「十干」によって決められます。


Sponsored Link

恵方の方角

歳徳神のいる方角(恵方)「十干」は、
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸があり、
それぞれ、方角が決まっているんです。


要は、干支の十二支みたいなものですね。


「干支」は、
十二支(12種類)なので、12年で1サイクル。

対して、「十干」10種類!

なので、
10年サイクルで、恵方が回っている事になります。


節分に食べる恵方巻きの方角は 4つだけ!

節分に食べる恵方巻きの方角
実は、「たったの4方角」だけなんです!


節分に食べる恵方巻きの方角は 4つだけ!

その4つの方角は …

  • 甲・己の年
    【甲(きのえ)の方角】 寅と卯の間、東微北、東と東北東の間=ほぼ東北東

  • 乙・庚の年
    【庚(かのえ)の方角 】 申と酉の間、西微南、西と西南西の間=ほぼ西南西

  • 丙・辛・戊・癸の年
    【丙(ひのえ)の方角】 巳と午の間、南微東、南と南南東の間=ほぼ南南東

  • 丁・壬の年
    【壬(みずのえ)の方角】 亥と子の間、北微西、北と北北西の間=ほぼ北北西



なんか、ちょっとややこしくて、
また、頭パニックになりそうですよね?!


「もう少し詳しく、なお且つ わかりやすい」様に、
一覧表にして、まとめてみました♪

その年の十干 方角 西暦末尾の数字 次の年
甲・己 (東と東北東の間) 75度 4,9 2019年
乙・庚 (西と西南西の間) 255度 0,5 2015年
丙・辛 (南と南南東の間) 165度 1,6 2016年
戊・癸 3,8 2018年
丁・壬 (北と北北西の間) 345度 2,7 2017年


方角のズレ

恵方での方位は、
中国式24分割した方位(南が上)」で示されます。

この「中国式の方位」を、
西洋式の方位」に置き換えて表現しているので、
どうしても、ズレが生じてしまいます!

「西洋式の方位」とは、
日本で普段使われる、東西南北 …、
つまり、16分割した方位(北が上)」で示されます。


なので、
「東と東北東の間」とか、「西と西南西の間」などといった、
ちょっと ややこしい表現になってしまうんです!



節分に恵方巻きを食べる「恵方の方角」



恵方を、西洋式の方角で正確に表記する場合、

  • (東と東北東の間)は「東微北」
  • (西と西南西の間)は「西微南」
  • (南と南南東の間)は「南微東」
  • (北と北北西の間)は「北微西」

という書き方をする事もあります。


恵方の「東北東」や「西南西」は間違い!?

よく「2016年の恵方は 南南東」という表現をします。

本当は南と南南東の間(南南東)」で、
正確には、165度 = (ひのえ)の方角になります。



恵方を正確に言う場合は、
あくまでも「丙」というべきなんですが …

大多数の日本人にとって、十干による方位は馴染が薄いため、
一般には、それを西洋式に置き換えて、
「丙」に最も近い「南南東」と表記する事が多いんですね。


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2016/02/02 行事・イベント, 語学・学習 ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑