リモコンにはマンガン電池?100均のアルカリ電池が危険って本当!?

公開日: : 最終更新日: 2020/04/11 生活・暮らし , 約 4分

マンガン電池」と「アルカリ電池」…

リモコン』に使用するのは、
はたして、どっちの乾電池か良いのでしょう!?

リモコンにはマンガン電池?100均のアルカリ電池が危険って本当!?

リモコンの電池は、100均のアルカリ電池を使用している!
という人は、意外と多いのではないでしょうか?


でもそれって、実は『危険』なんですよっ!


Sponsored Link


「マンガン電池」と「アルカリ電池」

「マンガン電池」「アルカリ電池」
これらは、いったい何がどう違うのでしょう?

何となくですが、
アルカリ電池のほうが、パワーがあって長持ち!
といったイメージは、おそらくあると思います。

もちろん、間違ってはいませんが、
この際なので、もう少し詳しく理解しておきましょう♪



アルカリ乾電池の正式名称は、「アルカリマンガン乾電池」で、
マンガン電池を進化させたものと言えます!

アルカリ乾電池も、マンガン乾電池も、
乾電池の材料に「二酸化マンガン(+極側)」と、「亜鉛(-極側)」という同じ材料を使っています。

それぞれの違いは、材料の『分量』と『仕組み
そして、乾電池の+極・-極を浸すために使う液体である『電解液』です。d^^


リモコンに使用する電池は?

リモコンに使用する電池は「マンガン電池?それともアルカリ電池?」

結論から言ってしまうと、
リモコンに使用するのは、マンガン電池が適しています!』


では、「なぜ、マンガン電池なのか?」
その理由について、詳しくみていきましょう♪


リモコン用にはマンガン電池が最適!

『アルカリ乾電池』は、
パワーがあって長持ちなので、「大きな電流を必要とする機器」に向いています。

  • パワー・容量が共に大きく、マンガン乾電池の約2~5倍長持ち!

  • 大電流を必要とする機器に最適!
    (デジタルカメラ・ミュージックプレーヤー・LEDの懐中電灯・電動おもちゃ など)



対して、『マンガン乾電池』
休み休み使うと、電圧が回復するという特徴があるので、
小さな電流で休み休み使う機器」に向いています。

  • 大電流を必要とする機器には不向きだが、
    微弱な電流でよい機器、休み休み使う機器には最適!

  • アルカリ乾電池よりも安価なので、
    マンガン乾電池に適した機器であれば、マンガン乾電池を使用するほうが経済的!
    (リモコン・時計・電子辞書・計算機・豆球の懐中電灯・キッチンタイマー など)



ちょっと、思い出してみてください…

リモコン付きの家電製品を購入した場合、
リモコン用の電池ならば、必ずマンガン電池」が付属しているハズです。d^^


Sponsored Link


電池の液漏れとその原因

また、
電池の「液漏れについても、理解しておく必要があります。

主な「液漏れの原因」は、以下の5つです。d^^

  • 過放電
  • 長期間の通電
  • 経年劣化
  • 新旧電池の混合
  • 逆挿入



マンガン乾電池の場合、電解液に「弱酸性の塩化亜鉛などを使用しています。

マンガン乾電池よりも、二酸化マンガンや亜鉛を増やし、
電解液に「アルカリ性の水酸化カリウムを使用しているのが、アルカリ乾電池なんです。

乾電池の液漏れは、使用していた機器の故障につながるだけでなく、
取り扱いによっては、人体に影響を及ぼす危険性もあります。


特に、アルカリ乾電池の液漏れは、水酸化カリウム水溶液(強アルカリ性)で、
タンパク質に対し強い腐食性があるため、毒物及び劇物取締法で劇物に指定されています。

目に入った場合、失明の危険性があるばかりでなく、
肌についた場合は、すぐにまたはそのまま放置しておくと、
「水ぶくれ」や「ただれ」にもなる事があるので、
大量の水で洗い流し、ひどい場合は医療機関に相談してください。



100均のアルカリ電池は危険!?

リモコンにはマンガン電池が最適!100均のアルカリ電池は危険!?

100均のアルカリ電池の場合、
「液漏れ破損率はほぼ100%」だと言われています。

使用中の電池はもちろん、新品で保管しておいても同じことです。


つまり、
『購入後1年程度の経過で液漏れをするレベルの電池』だということです!


ですので…

使用用途がリモコン(アルカリ電池のパワーは必要ない)ならば、
なおさら、液漏れリスクの少ないマンガン電池を使用するべきです!



アルカリ電池は、使用時間が長いほど液漏れを起こしやすく
しかも、漏れて出てくるのは、強アルカリ性の腐食性の高い液体…(汗)

一方、マンガン電池は液漏れしにくいし、
仮に液漏れしたとしても、少量の腐食性の低い塩が沸く程度です。d^^


マンガン電池ならば、液漏れしても、
基盤や端子を腐食させにくいので、機器へのダメージも少なくて済む!というワケです!


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2020/04/11 生活・暮らし ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑