分割払いとリボ払いの違い!どっちが得?メリットとデメリット!

公開日: : 最終更新日: 2014/10/12 ショッピング , 約 5分

クレジットカードを利用して、ショッピングする時、
支払い方法って、どうしてます?

もちろん、1回で支払うに越した事はないけど、
いつも、そうはいきません?

そんな時に利用する「分割での支払い」

分割での支払い方法でも、
「分割払い」「リボ払い」がありますよね!

この「2つの違い」ってわかりますか?

おそらく、
支払い方法の違いは認識していても、
詳細を、はっきりと理解している人のほうが、少ないと思います。


実は、管理人自身もその中のひとりでした。^^;

そのため、ちょっと痛い目にあったことも…

どんな目にあったのかは、またの機会に紹介するとして、
認識の甘さから、痛い目にあわないためにも、
分割払いとリボ払いの違いを、しっかり把握しておきましょう!


Sponsored Link


「分割払い」と「リボ払い」

分割払いは、読んで字の如く、
均等割で複数回に分割して、月々支払いをする方法です。

リボ払いは、読んで字の如く … では、わかりません(笑)。

リボ払いは、月々の支払いは一定額ですが、
利用金額に応じて、支払い回数が変動します。

これぐらいは、理解してますよねっ!

では、
「メリット」「デメリット」もあわせて、
それぞれを、もう少し詳しく見てみましょう!


分割払いのメリットとデメリット

分割払いとは、
支払い回数を決めて、均等割で払っていく方法です。

回数が決まっているので、
完済の目途がはっきりしているのが、最大のメリットです。

しかし、続けて利用すると、
累積で、毎月の支払い額が増えてしまいます。

例えば、
10万円の買い物を10回払いにすると、月々の支払いは1万円だが、
もし直後に、20万円の10回払いで買い物をした場合、
月々の支払いは、合計3万円になっていまいます。


計画的に買い物をすれば、問題ないのですが、
やむを得ない出費が重なるのは、案外よくある事ですよね♪

そういった場合に、
修正できない(できても面倒)のが、デメリットです。


「リボ払い」のメリットとデメリット

リボ払いは、
限度額以内であれば、買い物の総額に応じて、
毎月1万円とか、1万5000円とか、月々一定の支払いで済みます。

毎月の支払い額が決まっているのが、最大のメリットです。

これなら、
万が一、立て続けに利用するハメになっても、
分割払いと違って、慌てる事がないですね♪


デメリットは、支払い回数が自動的に増えていき、
完済が先延ばしになる事。

さらに、買い物を重ねると、
余分な利息(リボ手数料)が、かさんでしまうんです。


利息は、残高に対して計算され、
「一定額以上の返済も比較的自由」なので、
上手く管理すれば、利用価値は大いにあります。

10回も20回も、ダラダラと「分割払い」するより、
とりあえず「リボ払い」にしておいて、
余裕のある月に一気に返せば、お得になる例が多いですね♪


【リボ払いの例】

リボ払いは、分割払いと違って、
ちょっと、わかりにくいですよね?

では、具体例でみてみましょう!

例えば、
「6万円を、月々の支払い2万円のリボ払いでショッピング」した場合、
以下の様になります。

支払い回数 残高(円) 支払い額 + 手数料(円) [手数料計算]
初 回 60,000 20,000(+750) [60,000×15%÷12ヵ月]
2回目 40,000 20,000(+500) [40,000×15%÷12ヵ月]
3回目 20,000 20,000(+250) [20,000×15%÷12ヵ月]


この例で、理解してほしいのは、

  • 手数料(利息)は、残高に対して計算される
  • 手数料は、年率を1ヶ月分に計算する(この場合は「×15%÷12ヵ月」)

という事です。

たとえ、この支払い中に、
また、リボ払いでショッピングしても、
毎月の支払額は変わらず、残金支払い回数が増えます。

残高が増加しますので、
当然、手数料は増えてしまいます。

ですので、
リボ払いを利用する際、以下の点には注意しましょう!

  • いくら使っても、毎月の支払額が定額なので、安易に使える!
  • 毎月の支払額が定額なので、借金感覚がなくなる!
  • 借入額が大きくなるので、利息負担が大きくなる!
  • 借りているお金は「複利」で逆運用されるので、
    払っても払っても、元金が減らないことになる!


Sponsored Link

「分割払い」と「リボ払い」の違い

一般的な「分割払いとリボ払いの違い」を、
表にまとめてみましたので、もう一度、確認しておきましょう♪

分割払い リボ払い
毎月の支払い額 一定
(追加利用時 加算「有」)
一定
(追加利用時 加算「無」)
支払い期間 一定 変動 有
手数料 利用額と支払い回数で決まる 残高で毎月異なる
実質年率 利用額と支払い回数で異なる 一定
(分割払いより高い)
支払い額等の変更 面倒(または不可) 簡単に変更可


「リボ払い」と「分割払い」どっちが得か?

「違いはわかったけど、どっちが得なの?」

結局のところ、そうなりますよね!

分割払いとリボ払いの違い

では、
どちらが得か? どう使い分ければ良いのか?

再確認しながら、見てみましょう!

分割払いの場合は、
買い物の分割に応じて、利息がつきます。

分割払いの途中で、また別の商品を分割払いで購入すると、
その分割に対して、利息が付く事になります。

これに対して、

リボ払いは、
リボ払いの途中で、また別の商品を購入すると、
残額の合計に対して、利息が付くので、
リボ払いの方が、利息が高くなってしまいます。

つまり、

リボ払いよりも、分割払いの方が「利息の面で得」という事です。

ちなみに、利息が付かない「ボーナス一括払い」や、
「2回まで無利息の分割払い」を利用する事が、
利息が発生しないため、一番お得です!


あっ!余談ですが、

「リボ払い」の「リボ」は、
リボルヴィングの略で、「revolving=回転する」という意味で、
「リボ払い=回転信用方式」と呼ばれます。
(拳銃のリボルバーと、語源が同じとか …)


「管理人は、分割払い派です!」(キッパリ d^^)


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2014/10/12 ショッピング ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑