年金の受給額を計算してみた!知ってると得する増額する3つの方法!

公開日: : 生活・暮らし , , 約 6分

「知識があれば、年金は増やせます!」

場合によっては、
なんと、数百万単位で違ってくるんですよっ!

年金の受給額を計算してみた!知ってると得する増額する3つの方法!

年金は、得をする制度なんです。
ただし、それは 年金受給の制度を知っていればの話!

受給の制度を、知っているのか 知らないのかによって、
受け取れる年金の受給額が、大きく変わってしまうんです。


それは、
「年金を受け取る時」に、工夫が必要なんです。

また、受給する人によって、
どんな受給方法が得なのかも、当然変わってきます!


年金の受給額を増額する3つの方法で、
具体的に、受給額の差額を計算してみました! d^^;


Sponsored Link


年金の種類と受給

「年金の受給額を増額する方法」の前に、
まずは、「年金の種類」を把握しておく必要があります。

ご存知だとは思いますが、
確認を兼ねて、もう一度 見てみましょう。

  • 国民年金
    自営業・専業主婦(国民年金

  • 厚生年金
    民間企業の会社員(国民年金+厚生年金

  • 共済年金
    公務員(国民年金+共済年金


これらの年金は、通常65歳からの受給開始となる事は、
当然、知っていますよね!?


年金受給額の差額を計算

さて、ここからが本題です!


年金の受給額を増やすための3つの方法を紹介しますが …

「いったい、いくら増額することができるのか?!

増やすことができる具体的な金額を、計算してみました!


年金の受給額が増える3つの方法

まずは、
「年金の受給額を増額する方法」を、3つご紹介しましょう!


次からは早速、
それぞれについて、詳しく見ていきますねっ♪


Sponsored Link

70歳まで待つだけで 年間約33万円増額!

まず最初は、
年金の「納付額と受給額の関係」から見ていきましょう。


仮に、国民年金を40年間納めた場合 …

  • 国民年金40年分の納付総額約730万円

  • 通常65歳から受け取る時の受給額年間約77万円



という事は…

10年で元が取れるので、
75歳より長生きすれば、得をする計算になります♪



「そうだったのか… なるほどっ!」
って、感心してる場合じゃないですよ!

これは、大前提となります。

問題はここからですよ♪

「受給開始の年齢は変更できる!」

国民年金を受け取り始める年齢は、通常は65歳からの支給ですが、
申請すれば、60歳~70歳の間で受給の変更が可能です。

60歳からの受給に、早める事もできます(繰り上げ受給)し、
70歳からに、遅らせる事も可能です(繰り下げ受給)



「年齢別 国民年金支給額」を、具体的に見てみると …

  • 60歳から受給の場合、年間 約 54万円(通常より約23万円減

  • 65歳から受給の場合、年間 約 77万円

  • 70歳から受給の場合、年間 約110万円(通常より約33万円増



この支給額は、
年金を受給している限り、死ぬまで変わりません。



これを踏まえて …

何歳から年金を受給するのが、いったい「得」なのか?


まずは、
「通常の65歳からの受給と、60歳からに繰り上げた場合」
で、比較してみましょう!

次のグラフは、
日本年金機構のデータをもとに、作成したグラフです。

年金の受給額 繰り上げ受給「60歳と65歳の比較」


このデータによると、
76歳で受給額が逆転します!

つまり、
「76歳以上長生きすれば、繰り上げ受給しない方が得!」

逆に、
「76歳以上生きる事ができなければ、繰り上げ受給した方が得!」
という事になります。


どうです?! 結構シビアでしょ!? d^^;


60歳の時に、この判断をくださなければならないのです!


年金の受給額が増える方法「年間約33万円増額!」


特別な理由がない場合、
ほとんどの人は、おそらく平均寿命を目安にすると思います。


参考までに、日本人の平均寿命は、
男性 約80歳女性 約86歳となっています。


も、ちょっと考えてみてください!

これは、ちょっと間違いかもっ!!



年金の受給年齢を決めるのに重要なのは、
「平均寿命」ではなく、「60歳時点の平均余命」を参考にする事です!


でしょっ!?


「60歳時点の平均余命」は、
男性は 23年女性は 28年となっています。

つまり、
男性は 83歳女性は 88歳なんです!


60歳に繰り上げて受給開始するのは、
統計的には、かなり「損」をしている事になりますね!




では次に、
「通常の65歳からの受給と、70歳からに繰り下げた場合」
で、比較してみましょう!


年金の受給額 繰り下げ受給「65歳と70歳の比較」


データによると、
今度は、81歳で受給額が逆転する事になります!

つまり、
「81歳以上まで長生きできるのであれば、
70歳からの受給に繰り下げた方が得!」
ということです!



ある意味これは、「残りの人生を賭けたギャンブル」ですよね?!w


夫婦に年の差があれば 年間約39万円増額!

これは、旦那さんが会社員(厚生年金に加入)で、
奥さんが専業主婦(国民年金)の場合に、有効な方法です。

※奥さんが、会社勤めをしていた場合でも、
(厚生年金の)加入年数が20年未満であれば、基本的に適用されます。

年金の受給額が増える方法「年間約39万円増額!」

具体的な例として、
旦那さんが、65歳で年金開始の年齢になり、
奥さんは、まだ年金開始の年齢になっていない場合 …

このギャップを埋めるため、
年下側に、一部の年金が支給される「厚生年金の制度」です。

この場合は、
奥さんが65歳になって、年金を受給するまでの間、
年間約39万円 × 年の差の年数の金額が、支給される事になります!


仮に、
夫婦の年の差が5歳の場合、約195万円受け取れ、
年齢差が10歳の場合、なんと!約390万円受け取れる計算になりますねっ♪


月400円納めるだけで 年間約10万円増額!

年金の受給額を減らす代わりに、納付額を減らす事はできません。

逆に、
納付額を多めに納めて、「受給額を増やす方法」はあるんです!



「付加年金」「国民年金基金」という制度を、知っていますか?

【付加年金】とは、
自営業 または個人事業主であれば、利用可能な制度です。(途中からでも可能!)


この付加年金制度では、
毎月400円 掛金を多く納めることで、

  • 20年間納めると 毎月4,000円増(年間約5万円増)
  • 40年間納めると 毎月8,000円増(年間約10万円増)の受給額になります。


例えば、毎月400円を40年間納めると、
トータル金額では、約19万円多く納める計算になります。

ということは、
たった2年で、元が取れてしまう計算になるんです!


※この付加年金は、20年間払わなくても、
 追加で納めた期間に応じて、増加する支給額が変わっていきます。



また、
付加年金と同じ様な制度に、国民年金基金というのがあります。

【国民年金基金】とは、
月に納める金額を、自由に設定できる制度です。(上限は、68,000円まで)


例えば、毎月約1万円を30年間納めた場合、
65歳から、毎月約2万円支給される計算になります。


※ただし、
「付加年金」と「国民年金基金」は、どちらか片方だけしか利用できません。d^^;


Sponsored Link

公開日: : 生活・暮らし , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑