ゲーミングマウスのおすすめ!ロジクール「G502」レビュー&比較

公開日: : PC・IT関連, ショッピング , , , 約 8分

現在、どんなマウスを使用していますか?
そのマウスの使用感は「快適」ですか!?

ゲーミングマウスのおすすめ!ロジクール「G502」レビュー&比較

<Photo by: ロジクール G(https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/)> 

もし、「良質のゲーミングマウス」をお探しでしたら、
ロジクールのゲーミングマウス』が使いやすくて 超おすすめですよっ♪


ロジクール(logicool)のマウスがおすすめ

多機能なゲーミングマウスは、ゲームでの使用はもちろん、
ゲーム以外でもけっこう便利に使え、その恩恵を受けられたりします。d^^

最近では、ゲーミングマウスと謳った低価格の商品が、
Amazonなどで購入できますが、使い心地は「やはり価格相応…」。


毎日使う「マウス」や「キーボード」は、
自分の右腕・左腕となる、大切な入力デバイスなので、
それなりにお金をかけて、信頼できる製品を使いたいものです。


冒頭でも申しましたが、結論から言ってしまうと、
『マウスは、ロジクール(logicool)がおすすめ!』です。d^^

もちろん管理人も、長年 ロジクールを使っています♪


まだ「ゲーミングマウス」という括りがない時代から、
軽く20年以上は愛用していると思います。(もちろん、定期的に買い替えてます w)

Razerなど他社の同等マウスや、安物の中華製マウスなど、
たまに、違うマウスを購入して使ってみたりもしますが、
最終的には、またロジクール製品に戻って来てしまうのです。d^^



スペック(仕様)以外では、何が違うか!?」と聞かれると、
正直、明確に答えることができませんが…

結局のところ、『自分にあった使い心地!』としか言いようがないのです。


ところが …


Sponsored Link


ロジクールのゲーミングマウス「G502」

今回ご紹介する ロジクール『G502』は、
他社製品の追随を許さない「最強のゲーミングマウス」かもしれません。

「ゲーミングマウス」というと …

  • 設定切り替えが可能高dpi」!
  • プログラム可能多ボタン」!
  • LED設定など派手なデザイン」!

といった特徴が挙げられると思います。d^^


なかでも、「ボタン数の多さと使いやすさ」において、
他と一線を画するのが、このモデル『G502 最大の特長』です♪



通常のマウスの場合、「右クリック」「左クリック」の他に、
親指部分の「進む」「戻る」、ホイール部の「押し込み」の計5ボタン

ゲーミングマウスの場合、
この5つのボタンを基本に、数ヶ所追加され、
「6~9ボタン」程度になっているモデルが多いのではないでしょうか?

ところが… G502のボタン数は、なんと『11』

※Logicool「Launch G HUB」の設定パネルで、
 キー・コマンド・マクロなど、すべてのボタンに割り当て可能です。d^^


もちろん、
モンハン仕様のマウスなど、もっと他ボタンのマウスはあるのですが、
とにかく『使いやすい配置と形状』に考えられているのです♪

ですので、コンマ何秒を争う「FPSゲーム」はもちろん、
さらに建築が必要な「フォートナイト」には、特におすすめですよっ d^^

(海外の有名プレイヤー「Ninja」が使用していることでも有名ですねっ♪)


ロジクール(logicool)のおすすめゲーミングマウス「G502」(ボタン数は「11」)


マウス自体のデザイン形状は、賛否両論あると思いますが、
見た目のデザインは、個人的にあまり好みではありません w。

しかし、実際に使ってみると、これがけっこう使いやすい!


ほとんどのマウスは、『被せ持ち』『摘み持ち』の、
「どちらかの持ち方に特化したデザイン」の場合が多いと感じますが…

G502の場合、
おそらくどちらの持ち方でも違和感なく使える!と思います。d^^

ちなみに、
管理人は「摘み持ち」派なので、丸みを帯びた形状のマウスは苦手です w。



また、中央のマウスホイールは、
カリカリと引っかかるタイプと、無制限にスルスル回るタイプ
大きく2種類の仕様(硬さを考慮しなければ..)に分類できると思います。

G502の場合、
このホイールの設定を「ワンタッチで切り替えられる!」というのも地味にGood♪

ロジクール(logicool)のおすすめゲーミングマウス「G502」(ワンタッチでホイールの設定を切り替え)


さらに、ホイールの押し込みボタンに加え、
左右にチルトさせることが可能なので、これだけでも「3ボタン」!


例えば、フォートナイトの場合、
「武器の持ち替え」や「床や壁の建築」などに割り当てしておくと、
他のプレイヤーより、かなり素早いプレイが可能となります!

この左右チルトは、使い勝手がめちゃくちゃ良いのですが…
ホイールの押し込みは 垂直に押し込まないといけない!というデメリットも… w


Sponsored Link


ワイヤレス ゲーミングマウス G502 LIGHTSPEED

ロジクール・ゲーミングマウス「G502」には、

  • G502 LIGHTSPEED(G502WL)無線タイプ
  • G502 HERO(G502RGBh)有線タイプ

現在、この2種類のラインナップがあります。


今まで、『遅延』と『充電』という2つの問題から、
ワイヤレス(無線)タイプのマウスは避けてきました。

ですので、
当然、有線タイプの「G502 HERO」を使用していました。


ところが、G502のワイヤレスモデル
G502 LIGHTSPEED」は、あっさりと問題を解決してくれたのです。d^^


まず、『遅延』に関してですが…
FPSゲームに使用しても「体感でわかる程の遅延は まったく発生しません!」


『充電』に関しても、G502 LIGHTSPEEDには、
USBケーブルと、コネクターが付属しているので、
充電しながら(ケーブルを繋げて)使用すれば、有線マウスとして使えます♪
 
※USBケーブルでの充電の他に、無線充電(Powerplay)にも対応しています。


ロジクール(logicool)のおすすめゲーミングマウス「G502 LIGHTSPEED」(ワイヤレスと充電)


充電残量は、マウス自体のLED表示以外にも、
「Launch G HUB」で、詳細(%表示)を確認することができます。



マウスケーブルがないことで、当然「マウスの操作感も格段にUP」!

結果… 快適すぎて、もう有線マウスには戻れません w。


有線の「G502 HERO」との違い

「無線」または「有線」ということ以外、

  • プログラム可能なボタン数(11)
  • DPI(100~16,000dpi)
  • 最大レポートレート(1ms/1000Hz)
  • オンボード メモリ プロファイル数(5)
  • ライトシンクRGB(カスタマイズ設定可能)

など…、両マウスでの目立ったスペックの違いは、ほとんどありません

ロジクール G502ゲーミングマウス「仕様比較表」 ≫


もちろん、
見た目に関しても「ほぼ同じ」と言って過言ではありません。d^^

ロジクール(logicool)のおすすめゲーミングマウス G502 比較「G502 HEROとの違い(デザイン)」



ただ、仕様には書かれていない「微妙な違い」もあるので、
ここでは、その違いにスポットを当てて比較してみましょう♪


  • 【ホイール部】

    G502 HEROのホイールは、表面がシルバーカラーで、
    滑り止めのための加工(溝が掘られている)」がされています。

    ロジクール(logicool)のおすすめゲーミングマウス G502 比較「G502 HEROとの違い(ホイール部)」


    対して、G502 LIGHTSPEEDののホイールは、
    表面にブラックの「滑り止めラバー」が付いていて、
    軽量化のためか、ホイール自体に空洞が開けられています。


  • 【マウス裏面部】

    マウスの裏面は、両者で大きく異なっています!

    ロジクール(logicool)のおすすめゲーミングマウス G502 比較「G502 HEROとの違い(マウス裏面部)」


    G502は、カバーを外して「ウエイトを好きな位置にはめる」ことで、
    マウスの重量や、微妙な重量バランスを調整することが可能です。

    G502 LIGHTSPEEDの場合は、受信機を入れる丸い部分があり、
    その部分には、ウエイトを設置することはできません。d^^

    ロジクール(logicool)のおすすめゲーミングマウス G502 比較「G502 HEROとの違い(ウエイトで重量調整可能)」

     ※カバーはマグネット式なので「開閉が超簡単」!


    マウス本体の重量は、
    「121g」G502 HERO に対して、G502 LIGHTSPEED「114g」


    マウスの微妙な重さや、微調整の幅にこだわる場合は、
    両者では仕様がやや違うので、その点だけは注意が必要かも…

    ちなみに、ウエイト部品の追加によって 以下の範囲でそれぞれ調整可能です。

    • G502 HERO121g~141g ※4g×5枚(+4g~20g)
    • G502 LIGHTSPEED114g~130g ※2g×4枚・4g×2枚(+2g~16g)


  • 【コネクター部】

    「G502 HERO」有線タイプなので、
    同じ場所にケーブルが接続されていて、取り外すことができません。d^^

    ワイヤレスの「G502 LIGHT SPEED」の場合、
    USBケーブルを接続すれば、充電』はもちろん『有線マウス』として使用可能!

    ロジクール(logicool)のおすすめゲーミングマウス G502 比較「G502 HEROとの違い(コネクター部)」

    ケーブルの先端に受信機を取り付けておけば、ワンタッチでワイヤレスマウスに~♪




さいごに・・・

ワイヤレスが圧倒的に使いやすい!というのは もちろんなんですが…

有線タイプのG502 HEROと比べると、
無線タイプのG502 LIGHTSPEEDは、価格の割高感が否めないのも事実です。

  • G502 LIGHTSPEED(¥18,300-) ※実勢価格 ¥15,000~16,000- 程度
  • G502 HERO(¥11,100-) ※実勢価格 ¥9,500~¥10,500- 程度



G502 LIGHTSPEEDは、少し高価なマウスになりますが、
実際に使ってみると、必ずその価値がわかるのではないでしょうか!?


とは言え、
はじめてのゲーミングマウスとしては高すぎる!」といった場合…

『信頼できるゲーミングマウス』の部類では、
比較的お手頃価格で、コスパの良い「G502 HERO」をおすすめします。d^^


Sponsored Link

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 5 follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑