ハイブリッド除湿機の電気代!コンプレッサー式やデシカント式と比較

公開日: : 最終更新日: 2016/10/11 季節・気候 , , , , 約 5分

最近 よく目にする「ハイブリッド式除湿機!」

このハイブリッドタイプの除湿機って、
何がどうハイブリッドなの?

そもそも、
ハイブリッド以外には、どんな除湿機の種類があるの?

ハイブリッド除湿機の電気代!コンプレッサー式やデシカント式と比較

除湿機の除湿方式には、

  • コンプレッサー方式 除湿機
  • デシカント方式(ゼオライト方式)除湿機
  • ハイブリット方式 除湿機

があり、当然 それぞれに特徴があります。


簡単な分類としては、

  • 「コンプレッサー式」は 主に夏季用
  • 「デシカント式」は 主に冬季用

と、利用する季節によって、除湿機の方式が異なっています。


では、
ハイブリッド式の除湿機は?

電気代は、他の除湿機とどれぐらい違うの!?


Sponsored Link


ハイブリッド除湿機と除湿機の種類

ハイブリッド除湿機は、
通年利用を主目的として、ラインナップされています。

そのため、
コンプレッサー式と、デシカント式の除湿機の、
中間に位置づけされるタイプになります d^^


「ハイブリッド式の除湿機」を知るためには、
まず、この2つのタイプの除湿機を知らなければなりません!

なので、
それぞれの方式の除湿機、もう少し詳しく見てみましょう♪


コンプレッサー式除湿機

まずは、コンプレッサー式の除湿機から d^^

コンプレッサー式除湿機は、

コンプレッサーを通して、冷媒(フロンガス)を循環させ、
フロンガスで熱交換器を冷やして、湿気を水滴に変えます。

簡単に言うと、
空気を冷やすことによって、水分を取り除く方法の除湿機です。


コンプレッサー式除湿機長所は、

  • 高温時(25度以上)での除湿力が大きいので、梅雨~夏場の使用に向いている!
  • 除湿量が多いので、湿気の多い季節でもパワフルに乾燥できる!
  • 消費電力が小さいので、電気代が安い!(デシカント方式の約半分程度)


コンプレッサー式除湿機短所は、

  • コンプレッサーを使用しているので、振動音が大きい!
  • 本体サイズが大きめで やや重く、1~2℃程度 室温が上昇する)


デシカント式除湿機

デシカント式除湿機は、

水分の吸着性能に優れた乾燥剤(ゼオライト)で、水分を取り除く方式で、
冷媒(フロン)を使わずに除湿することが可能です。

ゼオライトで除湿した後、
ヒーターで温めて、乾燥した空気を吐き出す方法の除湿機です。。


デシカント式除湿機長所は、

  • 低温時での除湿力が大きいので、冬場の使用に向いている!(1年を通して使用可能!)
  • コンプレッサーが無いので、軽量コンパクトで 使用時の音も静か!


デシカント式除湿機短所は、

  • ヒーターを使う分、消費電力(電気代)が高いくなる!
  • 発熱量が多くなるので、部屋の温度が上がる!(3~8℃程度 室温が上昇する)


ハイブリッド式除湿機

ハイブリッド式除湿機は、

コンプレッサー方式と、デシカント方式の長所を融合させた、
まさに「ハイブリッドタイプ」の新しい除湿機です。

つまり、
それぞれのタイプの長所をいかし、且つ 短所を補うことが可能となっているんです!


ハイブリッド式除湿機長所は、

  • 夏場は、コンプレッサー式で気温上昇を防ぐ!
  • 冬場は、デシカント式で除湿能力の低下を防ぐ!
  • 年間を通して、変わらない除湿能力を維持できる!


ハイブリッド式除湿機短所は、

  • コンプレッサー式や デシカント式に比べ、除湿機本体の価格が高い!


Sponsored Link

除湿機の電気代とハイブリッド除湿機の電気代 比較

「ハイブリッド除湿機」「除湿機の方式による違い」はわかったけど、
実際のところ、電気代はどれぐらいなのか!?

では次に、
それぞれの「電気代」について 見てみましょう♪


コンプレッサー式除湿機の電気代

例えば、250Wのコンプレッサー式除湿機の場合、
電気代の目安を算出すると …

250W(0.25kW)× 1(h)× 25(円/kWh)= 6.25円

つまり、
1時間あたりの電気代は、6.25円程度という事になります。

【コンプレッサー式除湿機の電気代】の目安は、

  • 250Wで 6.25円/1時間、 10時間あたり 約62.5円
  • 300Wで 7.50円/1時間、 10時間あたり 約75.0円
  • 350Wで 8.75円/1時間、 10時間あたり 約87.5円


デシカント式除湿機の電気代

同様に、
デシカント式除湿機の場合の電気代は …

500W(0.5kW)× 1(h)× 25(円/kWh)= 12.5円

1時間あたりの電気代は、12.5円程度というですね d^^

【デシカント式除湿機の電気代】の目安は、

 500Wで 12.5円/1時間、 10時間あたり 約125円


除湿機の電気代とハイブリッド除湿機の電気代 比較


ハイブリッド式除湿機の電気代

ハイブリッド式除湿機の場合は、
「1年を通して、半々で使用する」と考えれば、
コンプレッサー式と、デシカント式の中間なので …

【デシカント式除湿機の電気代】の目安は、

 約9.4円~10.6円/1時間、 10時間あたり 約94円~106円



「ハイブリッド方式の除湿機」は、

  • 春夏は、コンプレッサー式による運転が主体
  • 秋冬は、デシカント式による運転が主体

といった感じで、季節によって使い分けることができます♪

そのため、効率的な運転が可能なので、
電気代は、季節と周囲環境に応じた値となります。


結果として、

電気代を低く抑えて、省エネルギーに配慮することができるんです!


除湿機の電気代「さいごに」

コンプレッサー方式の除湿機は、
デシカント方式より省電力となっています。

なので、電気代という点だけで比較すれば、
当然、コンプレッサー方式が低コストとなります。

上述の様に、
ハイブリッドタイプの除湿機は、その中間に位置します。


ところが、
長期間使用での「ランニングコスト」という面では、
「メンテナンスコスト」も、あわせて考慮する必要があります d^^;

例えば、
大半の除湿機には、「エアフィルター」がついています。

販売の実勢価格は、
1,000円~1,500円程度と、比較的安価ですが、
タイプによっては、空気清浄用フィルターなどが 必要な場合もあるので …

  • 交換フィルターの種類
  • 交換の目安期間
  • 販売価格 なども、

電気代とあわせてチェック!しておくことをおすすめします♪


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2016/10/11 季節・気候 , , , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑