エアコンの除湿と除湿機の電気代!洗濯物が乾くのに安いのはコレ!

公開日: : 最終更新日: 2016/10/11 季節・気候, 生活・暮らし , , , , , 約 5分

湿気が多い梅雨の時期や、
比較的気温が高くない、夏の午前中や 夜など、
除湿するだけで、ずいぶん涼しく感じられますよね。

んっ?
「エアコンの除湿」と「除湿機」の電気代って、
どっちがどのぐらい安いの?!


エアコンの除湿と除湿機の電気代!洗濯物が乾くのに安いのはコレ!

「除湿」は、室内の温度を下げる時はもちろん、
洗濯物を効率的に乾かす時にも、ずいぶん役に立ちますよね!?

東京電力の調べによると …
梅雨時の洗濯物の乾燥で、いちばん使われるのはエアコンで、
2位は除湿機、3位に扇風機
以下、浴室乾燥機・洗濯乾燥機となっています。


乾燥までの時間は、どれぐらい違うのか?
はたして、電気代は いくらぐらいかかっているのか?


Sponsored Link


エアコンの除湿と除湿機の電気代

使用する環境や、使用状況にもよりますし、
運転率等の問題も発生しますので、
「実際に使用してみなければ、電気代はわかりません!」

特に、「インバータ制御されていたら、電気代の算出は不可能です!」

と言ってしまっては、元も子もありませんよねっ w



エアコンや除湿機の仕様には、必ず定格消費電力が記載されています。

定格消費電力は、概ね1時間あたりの消費電力量になるので、
当然、その数値が大きいほど、電気代は高くつく事になります。



そのあたりを踏まえて、あくまでも、
「机上の計算で、仕様から算出した電気代」の比較となります d^^


除湿機の電気代

まずは、除湿機の電気代から 見てみましょう。

除湿機は、

  • コンプレッサー式除湿機
  • デシカント式除湿機
  • ハイブリッド式除湿機

があり、それぞれの方式によって、電気代は異なります。

なかでも、
電気代が安く、春夏に使用する機会が多い、
「コンプレッサー式の除湿機」の電気代で見てみましょう♪


コンプレッサー式除湿機の電気代

コンプレッサー式の除湿機は、
一般的に、250W~300W程度が多く出回っている様です。

例えば、250Wの除湿機の場合だと …

250W(0.25kW)× 25(円/kWh)× 1(h)= 6.25円
(※ 電気代の単価は、25円/1kWhで計算しています。)

つまり、1時間あたり 6.25円
10時間使用した場合、62.5円の電気代がかかる事になります。



同様に算出すると、電気代の目安は下記の様になります!

【コンプレッサー式除湿機の電気代の目安】

消費電力 電気代 電気代の目安(10時間)
250W 6.25円/1時間 62.5円(10時間の使用)
300W 7.50円/1時間 75.0円(10時間の使用)
350W 8.75円/1時間 87.5円(10時間の使用)


Sponsored Link

エアコンの除湿の電気代

続いて、エアコンの除湿の電気代です。

エアコンの電気代の計算は、少し複雑なんです…。^^;


その理由と 詳しい算出方法の詳細は、
別途、詳しく紹介していますので、そちらの記事を参照ください。m(_~_)m

エアコンを1日10時間使用した場合の電気代の目安 » 


で、
結論の「エアコンの電気代」は …

冷房能力(消費電力) 電気代 電気代の目安(10時間)
2.2kW(440W) 11.0円/1時間 110円(10時間の使用)
2.5kW(500W) 12.5円/1時間 125円(10時間の使用)
2.8kW(560W) 14.0円/1時間 140円(10時間の使用)
3.6kW(720W) 18.0円/1時間 180円(10時間の使用)
5.0kW(1040W) 26.0円/1時間 260円(10時間の使用)

※ 電気代の単価は、25円/1kWhで計算しています。


エアコンと除湿機の電気代を比較

上述の「エアコンの除湿と除湿機の電気代」で、
それぞれ、ある程度の電気代の目安は わかりましたよねっ!

では次に、
「エアコンの除湿」と「除湿機」を比較してみましょう♪


えっ? どうやって比較するの!?


洗濯物が乾くのに電気代が安いのは?

エアコンの除湿や、除湿機といえば …「湿度の高い時期」

湿度の高い時期といえば …「梅雨の時期」

梅雨の時期といえば … そう「洗濯物」です!

(ちょっと、強引に持っていった感が … ^^;


いくら電気代が安いといっても、
使用している時間が長ければ、当然 電気代は高くなってしまいます。

なので、
洗濯物を乾かすために除湿する場合
「いったい、電気代はいくらぐらいかかるのか?」を比較してみましょう♪


エアコンと除湿機の電気代を比較



東京電力と、日本経済新聞の調べによると、
「洗濯物の乾燥方法と乾燥時間」は、以下の様になっています。

  • エアコン: 乾燥時間 166分
  • 除湿機(コンプレッサー式): 乾燥時間 229分
  • 扇風機: 乾燥時間 425分
  • エアコン + 扇風機: 乾燥時間 120分



ちょっと面白いこのデータから、
「安い電気代で洗濯物が乾くのは?」という、
さらに面白いデータ(?)で、比較してみましょう w

この乾燥時間で、電気代を算出してみると、
それぞれの乾燥方法の、洗濯物が乾く電気代の目安は下記の様になります。

乾燥方法 洗濯物が乾く電気代
エアコン(2.5kW) 34.58円
除湿機(コンプレッサー式 250W) 23.85円
除湿機(コンプレッサー式 300W) 28.6円
扇風機(40W) 7.1円
エアコン(2.5kW)+ 扇風機(40W) 25+2= 27円

※ 電気代の単価は、25円/1kWhで計算しています。

「エアコン」2.5kW
「除湿機」の場合は、250W300Wを目安として 算出してみました。



この比較では、300Wの除湿機の場合でも、
2.5kWのエアコンより、電気代が安いことがわかりますねっ♪


しかし、


「管理人的には、エアコンと扇風機の併用をおすすめします!」


なぜなら、「エアコン+扇風機」を使用した場合、
1回あたり約27円と、電気代が比較的安く
かつ、洗濯物の乾燥にかかる時間も、かなりはやく乾くからです d^^



洗濯物が乾く要因として、温度と湿度があるので …

エアコン除湿しながら、
扇風機で、洗濯物の間の湿気を滞留させない事で、
かなり効率が上がるんです! d^^


ちなみに、
「扇風機」は、普通の扇風機では無く、
風が真上に向けられる「サーキュレーター」がおすすめですよっ!


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2016/10/11 季節・気候, 生活・暮らし , , , , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑