Wi-Fiとは!無線LANとの違いはナニ!?通信速度の速さは?

公開日: : 最終更新日: 2015/06/26 PC・IT関連 , , , , 約 6分

「Wi-Fi」は、ここ数年ですっかり広まり、
日本でも、すでに市民権を得ている感じですよね。

この Wi-Fi(ワイ・ファイ)ってワード、
流行語大賞をとっていても、おかしくないんじゃないですか?


ん? いつの!?

Wi-Fiとは!無線LANとの違いはナニ!?通信速度の速さは?

考えてみれば、一般に浸透し始めたのは、
任天堂のDSあたりからだったかなぁ…

そして、iPhoneやiPadなどに代表される、
スマホタブレットの普及… と。

「ゲームと携帯端末」という組み合わせのおかげで、
一般に広く浸透したのですが、
そのおかげで(?)、Wi-Fiを誤解している人も、
かなり、多いんじゃないかとも思います。


「Wi-Fiと無線LANは何が違う?」

「Wi-Fiと4G、LTEはどっちが速い?」

もし、明確に答えられなければ、
この機会に、
Wi-Fiと無線LANの違いについて、スッキリしておきましょう!


Sponsored Link


Wi-Fiと無線LANの違い

「なぜ、今さらWi-Fi!?」と、
疑問に思う人も、少なくないかもしれません。

でも、よ~く考えてみてください。

この「Wi-Fi」の段階で、すでに誤解が生じている様であれば、
今後、さらに考えられる「発展」「新規格」に対して、
正しく理解できるとは、到底考えられません。d^^;

現に、昨年あたりから、
キャリアアグリゲーション」といった、新しい通信技術も採用されていますし …。


というワケで、
誤解を解く、もしくは 再認識しておくために、
「Wi-Fi」と「無線LAN」の関係と違いを、確認しておきましょう♪



では、さっそく見ていきましょう!


Sponsored Link

無線LANとは

そもそも、Wi-Fiを理解する前に、
無線LANがわかってなければ、お話になりません。

ということで、
まずは「無線LANとは 一体なんぞや?」ってところから~


以前は、パソコンをインターネットに繋ぐ際に、
パソコンルーター(インターネット用の通信機器)を、
LANケーブルで繋ぐのが普通でした。

これが「有線LAN」です。

その繋いでいたLANケーブルを無くし、
無線化したのが「無線LAN」です。

親機であるルーターから、
無線電波でパソコンへ情報をとばし、インターネットとの接続を行います。
(※ 電波の届く範囲は、数十メートル程度。)

○○


現在売られているモバイルPCは、ほとんどが「無線LAN内蔵」だし、
内蔵されていない機種でも、無線LAN用の子機をつければ使用できるので、
とっても便利になってますね♪


無線LANの規格

無線LANには、周波数の帯域や特長の違いから
「11a」「11b」「11g」「11n」の、4つの規格が利用されています。

iPhoneや、iPadのスペック表をみると、
確かに「Wi-Fi(802.11a/b/g/n)」と表示されていますよね♪


無線LANではなくて、
Wi-Fi(802.11a/b/g/n)と表示されている謎は、後で解けますので、
ここではスルーしてください。


実は、無線LANの規格について、
2014年の1月に、新しい規格が承認されたんです。

それについては、Wi-Fiのところで説明しますので、
とりあえず、ここではスルーして先に進みましょう!

(おいおい、またスルーかよ! あと1回スルーしたら「1」ペナ!)


Wi-Fiとは

「無線LAN」が理解できたところで、
次はいよいよ「Wi-Fi」についてです!

「Wi-Fi (Wi-Fi Alliance)」は、無線LAN機器間の、
相互接続性を、認証されたことを指す「ブランド名」です。


つまり、
「無線LANの統一規格」のひとつなんです。


○○


で、何が便利か?

無線LANにも、さまざまな規格があるが、
「Wi-Fi」表示があれば、問題なく接続できるということです!


「この規格名がついた呼び名」が多くありますが、
ちょっと誤解しやすいので、
代表的なもので、違いを理解して整理しておきましょう♪

  • Wi-Fiルーター: 
    本来はケーブルを引くものの代わりに無線化できる装置

  • Wi-Fi内蔵: 
    Wi-Fiの電波を受信できる子機を内蔵

  • ポケットWi-Fi・ポータブルWi-Fi
    PCやスマホ、ゲーム機などの電波を、
    Wi-Fi電波に変えて、インターネットに接続できるようする装置


Wi-Fiの速度

「Wi-Fiと4Gは どっちが速い?」
とよく聞きますが、この2つは別モノなんです。

4GLTEは、携帯電話が利用している通信方式で、
Wi-Fiは、ノートパソコンやタブレットの標準的な通信方式です。

「Wi-Fiの速度は、接続先に依存します!」

光回線なら、4GやLTEよりも高速ですし、
ADSLだった場合、4GやLTE並か それ以下になってしまいます。


ですので、
単にWi-Fiといっても「速度はわかりません!」

規格上の速度では、

4G = LTE < Wi-Fi(無線LAN) となります。

ただし、公衆無線LANの場合は、
4GやLTEより、速度は遅くなることが多いようです。


Wi-Fiの規格

では、Wi-Fiの規格には、
どんなものがあるのか、見てみましょう!

現在主流になっているWi-Fiの通信方式は「802.11n」「802.11ac」


802.11nは、現在最も広く使われている規格で、
2.4GHz帯・5GHz帯の電波を使用し、
理論上の最大通信速度は、最大300~450Mbpsです。


「無線LANの4つの規格」と説明しましたが、
新しい規格が、昨年正式承認されました。

(お~、やっと戻って来れた~ 汗)

それが、この「802.11ac」なんです!

802.11acは、2014年1月に承認された規格で、
理論上、最大速度6.93Gbpsの超高速通信が可能となります。


802.11ac対応の、Wi-Fiルーターアダプターは、
認証前のドラフト版から、既に多く出回っていましたが、
スマホノートPCタブレットなどは、
対応モデルが数多く出回り、主流となってきています。


Wi-Fiと無線LANの違い「まとめ」

では最後に、超簡単な「まとめ」!

  • 無線LANは、
    有線LANのケーブルをとっぱらって 無線化したもの!

  • Wi-Fiは、
    無線LANの規格のひとつで ブランド名

  • Wi-Fi(無線LAN)の通信速度は、
    機器や接続先に依存するが、
    一般的には「Wi-Fi ≧ 4G = LTE」と考えて良い!

  • 現在、日本やアメリカの「無線LAN」は、
    ほぼWi-Fi対応なので、
    「Wi-Fi ≒ 無線LAN」と考えても問題ない!



ご覧の様に、「Wi-Fi無線LAN、また 4GLTE」は、
広い意味では、同じと考えても間違いではありません。

が、あくまで「現段階では」です! d^^

(これが、かえって難しくなってる原因でもあるんですが …)


しかし、
「そもそも『根底の部分で違っているもの』を比較している!」
ということは、しっかり理解しておいてくださいねっ♪


以上です♪


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2015/06/26 PC・IT関連 , , , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑