『5G』とは!4Gとの違いは!?6分でわかる 5G通信と近い将来

公開日: : PC・IT関連, 生活・暮らし , , , 約 6分

5Gと4Gの違いは!?」
→ 「4Gよりも遥かに速い!」

いやいや、それだけではありません。d^^
5Gの技術によって、とんでもない未来がやって来るんです。

『5G』とは!4Gとの違いは!?6分でわかる 5G通信と近い将来


「5G」と「4G」の違い!

通信スピードで比較すると、
『5Gの速度は、4Gの100倍!』だとも言われています。

  • 4G」;50M~1Gbps程度の高速通信
  • 5G」:10Gbpsクラスでの多数同時データ通信ネットワーク環境



「2時間の映画が、なんと たった3秒でダウンロードできる!」

これは、あくまで理論上での話かもしれませんが、
とにかく、それぐらい高速通信可能になる!ということですね♪
(※実質「4Gの10倍~20倍程度の速度」といったところでしょうか?)


「下り」のスピードももちろんなんですが…
4Gとは違い、5Gの場合は「上り」のスピードも高速になります。

となると、当然「双方向のデータのやり取り(送受信)」が、
非常にスムーズになり、遅延もほとんど発生しなくなる!というワケです。d^^


また、4G通信の現在、
多数での同時接続には、かなり弱いですよね?

例えば、
災害時など、多くの人が一斉に利用してしまうと、
「なかなか繋がらない!」といった場面も、過去に多くみられます。



しかし、
5Gのメリットは、こんな程度ではありません!

「5Gテクノロジーで世界が一変する!」とも言われているのです。


Sponsored Link


『5G』とは!? わかりやすく解説!

冒頭の様に、「5Gと4Gの速度の違いは?」と言っている様では、
近い将来の世の中は、想像を遥かに越えてしまいますよっ w。

なぜなら、今までの通信技術の進歩とは、
明らかに異なった『数段進化したテクノロジー』だからです!


という訳で、「5Gとは何なのか?」について、
さらに詳しく、且つ わかりやすく解説していきますので、
その大まかな概要だけでも、今のうちに理解しておく必要があると思います。d^^


5G=第5世代移動通信システム

まずは、世代を追って お復習いしておきましょう♪

5G(第5世代移動通信システム)とは!

  • 1G(1980年代)アナログ携帯電話
  • 2G(1990年代)デジタル携帯電話データ通信
  • 3G(2000年)高速データ通信(i-mode・ezweb) ※国際標準 IMT-2000規格
  • 4G(2012年)大容量・高速化通信(スマートフォン) ※国際標準 IMT-Advanced規格
  • 5G(2020年)高速大容量通信・超低遅延・多数同時接続


意外と知られてないかもしれませんが…

4Gや5Gの「G」は、通信速度の単位などではなく、
ご覧の様に、通信技術の世代(Generation)を表す『G』なのです。d^^


ですので、
「5G」は『第5世代移動通信システム』ということになります。


5G通信のテクノロジー(技術)

この1分程度のYouTube動画をご覧ください♪


この動画は、東京・ニューヨーク・ロンドンの3都市に分かれたPerfume、
それぞれのメンバーのパフォーマンスを、最先端の通信テクノロジーで、
タイムラグ無く同期させた、新映像体験のテレビCM「FUTURE-EXPERIMENT(by docomo)」です。


「モバイルネットワークの第五世代技術」は…

今のモバイルネットワークで使われていない高い周波数帯域を使って、
これまで実現できていない、10Gbpsクラスの超高速無線通信を、
数万台クラスの多数の端末が密集している場所でも、安定的に通信させる!

という「第5世代移動通信システム」と呼ばれている新技術です。


このあたりから、ちょっと「?」ってなってませんか!?


簡単に説明すると…

  • 1. 最高10Gbpsの「高速大容量通信」

  • 2. 1ミリ秒程度の超信頼「超低遅延」

  • 3. 1平方kmあたり100万台の「多数同時接続」


つまり、
「高速大容量通信」「超低遅延」「多数同時接続」が可能になります。d^^


具体的には、
  • 5Gピーク速度 → 20Gbps
  • ユーザー体感速度 → 100Mbps
  • 無線区間遅延 → 1ms
  • 接続数 → 100万台/km というスペックになっています。


Sponsored Link


5Gで「何ができる?どう変わる?」

5Gでは、
Wi-Fi並みの低電力での超高速通信(10Gbps)が実現します。

また、4G「スマートフォンのための技術」だったとすると、
5Gは、「すべての端末とすべてのアプリケーションのための技術」とも言えます。


ですので、
スマホやPCだけでなく、あらゆるものがネットワークにつながり、
v多数同時接続で『IoT』が進化し、新しい社会の基盤となります。

IoT(Internet of Things)とは、従来インターネットに接続されていなかった
様々なモノ(建物・車・電子機器・センサー機器・駆動装置など)が、
ネットワークを通じて サーバーやクラウドサービスに接続され、相互に情報交換をする仕組み。


5Gでは、接続するデバイスの増加に対して、
1つの基地局で接続可能な機器の数を、4Gの「100倍」にすることで対応します。


この様に、高速で大容量のデータを処理し、
様々な端末に同時接続できる5Gは、IoTやAIにとって必須となります!



では、
高速大容量通信・超低遅延・多数同時接続が実現する「5G」では、
いったい どんなことができて、何が変わるのでしょう?

5Gのテクノロジー(技術)で「何ができる?どう変わる?」

5Gが普及した「近い将来では、

  • 自動車(自動運転カー・コネクティッドカー)
  • 医療(遠隔医療)
  • 買い物(商品購入・在庫管理)
  • 動画・VR/AR
  • ゲーム

などが変化する!と言われています。d^^

例えば、「自動車」!
これに関しては、比較的わかりやすいのではないでしょうか?

車間距離センサーや スピードセンサーなどによる「自動運転」の技術だけではなく、
センサーから収集された「膨大なデータを活用」することで、
安全運転支援・メンテナンスサービス・自動車保険の選定など、
『新しい情報サービス』を利用できる様になります。

自動車は、これまでの単なる移動手段ではなく、
情報通信機能を備えた「モビリティ・サービス」へと変貌しようとしているのです。


建設業界などでは、正確な遠隔操作で作業効率が向上し、
人手不足や労働環境の改善ができると期待され、働き方改革にもつながります。

災害復旧などの危険な作業も 5Gを使って遠隔操作で行う!ということも可能になります。


エンターテインメントの分野では、

  • コンサートテーマパークで、VRなどによる臨場感あふれる没入体験!」
  • スポーツ観戦で、別の角度から選手を見る! リプレイを確認する!」

といった様に、今までとは違った視点での体験をすることができます。


また、家庭内においては、
エアコンや照明、テレビ・冷蔵庫などがインターネットにつながって、
モノ同士が通信し、離れた場所から制御や操作などができる様になります。


さらには、電力供給のバランスを調整できるスマートグリッドや、
電気自動車・太陽光発電などを組み合わせた「スマートシティ」が実現します。

『スマートシティ』とは、
IoTによって、都市の電力利用を最適化し、
環境にやさしく、持続的な発展を目的とする「新しい都市」のことで、
日本では、経済産業省や大手企業を中心にプロジェクトが進んでいます。




これらの様に、5G(第5世代移動通信システム)には、実用的な無限の可能性があり、
技術の開発次第では、さらに予想以上の広がりをみせることが安易に想像できます。


日本での『5G元年』と呼ばれる2020年、
「IoT」や「AI」を駆使した、新しい社会の基盤となることは間違いありません。d^^


Sponsored Link

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 5 follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑