テレビリモコンの故障を修理!ボタン反応が悪い時に自分で直す方法!

公開日: : 生活・暮らし , 約 5分

リモコンのボタンを押しても、テレビが反応しない …。
もしかして、リモコンが壊れたの!?

この程度なら、
ほとんどの場合、自分で簡単に修理できますよっ!

テレビリモコンの故障を修理!ボタン反応が悪い時に自分で直す方法!

リモコンの「一部のボタン」だけが効かない …w

いやっ、正確には反応が悪かったのです。d^^;

そのまま暫く使い続けていたのですが、
かなり、ストレスを感じる様になってきたので、
自分で『テレビのリモコンの故障を修理』してみました!


管理人の場合、テレビ(東芝のREGZA)のリモコンと言っても、
実際には、同社製の「HDDレコーダーのリモコン」で操作していました。


ですので、テレビのリモコンはもちろん、
Blu-ray(ブルーレイ)や、DVDプレイヤーなどのリモコンでもOKです。

また、パナソニック・ソニー・シャープ・日立・三菱など、
メーカーを問わず、同じ方法で修理することができますよ♪


Sponsored Link


テレビのリモコンが故障!?

今回の場合、特定のボタン以外は問題なく操作可能ですし、
その問題のボタンも「効く時もあるんですが、まったく反応しない時もある!」
といった様な症状でした。

ですので、
もちろん、テレビやHDDレコーダー側の故障でもありませんし、
リモコン側も、ある意味 正常(?)な状態です。

『リモコンの故障』と言っても、
問題箇所、つまり「特定ボタンの接点部分」だけが、トラブルの原因なのです!


  • 「特定のボタンが操作できない!」

  • 「ボタンを押した時の反応が鈍い!」


このような症状のリモコンでしたら、
意外と簡単に、自分で修理できる可能性が高いんです。


リモコンの故障を自分で修理

テレビの「リモコンの故障」を自分で修理する方法!

テレビなどの『リモコン』には、
中のプリント基板に、印刷されたスイッチが並んでいます。

そして、ボタンの裏は導電ゴムになっているので、
リモコンのボタンを押すと、通電してスイッチがオンになります。


今回の様な症状の場合、
何らかの理由で、導電性が悪くなっている場合がほとんどなので、
その部分の不具合を解消して、導電性を回復させれば良いのです。


なので、『リモコンの修理』といっても、
実際の作業としては、「リペア」程度の簡単なことなんです。d^^


Sponsored Link



ボタン反応が悪いリモコンを修理する方法

まず、大前提として …。

作業をするためには、リモコンを開けて行う必要があります。

つまり、「分解」ということになりますので、
自己責任で行うことはもちろん、
メーカー保証の対象外となる場合があることを、理解しておいてくださいね。


ではさっそく、
ボタン反応が悪いリモコンの修理にとりかかりましょう♪


実際に自分でリモコンを直してみた!

リモコンの中の「基盤」にたどり着くためには、
当然、まずは リモコンを開けて分解しなければいけません。

メーカーやモデルによって、当然 リモコンも違いますので、
この作業の詳細は省略しますが …

隙間にヘラなどを差して、慎重かつ丁寧に作業をしましょう。

無理にこじ開けたりせずに、
まずは、留まっている部分が「ツメ」なのか「ネジ」なのかを把握しましょう♪

マイナスドライバーなど、先端が尖った硬い道具を使うと、
リモコン本体の表面に、傷を付ける恐れががあるので、
プラスチックや、シリコン製のヘラを使うことをおすすめします。

「使えない綺麗なリモコン」よりは、
「使える傷ついたリモコン」のほうが 全然マシなんですが …(笑)




で、分解するとこんな感じです!

テレビなどのリモコンが故障!「自分で修理する方法(リモコンを分解)」

問題の「反応が悪いボタン」部分は?

テレビなどのリモコンが故障!「自分で修理する方法(スイッチの通電が悪い)」

アップで確認してみると …

テレビなどのリモコンが故障!「自分で修理する方法(ボタン裏と基盤の汚れ)」

ほら、このとおり!


特に基盤の部分は、他とは明らかに違うのが 一目瞭然ですよねっ!



では、
この部分の「汚れ」を丁寧に拭き取って、導電性を復活させます。


OA機器用を洗浄するため清掃液や、液晶モニター用のスプレーなどがあれば、
もちろん、それでも良いですが …

今回は、どこの薬局でも入手できる、
「エタノール(消毒用アルコール)」を使用しました。

テレビなどのリモコンが故障!「自分で修理する方法(エタノール(消毒用アルコール)で汚れを洗浄)」

「基盤部分はもちろん、ボタン裏部分は特に慎重に!」

ボタン裏の黒い接点部分は、デリケートなので、
あまり力を加えず、軽く汚れを拭き取る程度にしておきましょう♪

テレビなどのリモコンが故障!「自分で修理する方法(ボタン裏と基盤を掃除して導電性を復活)」

拭き取り前の写真と比べると、
汚れがとれて、きれいになっているのがわかりますね♪


拭き取りが終わったら、
分解したリモコンを、また元通りに組み立てて「完了」です!



えっ!
で、「結果はどぉだったの?」って!?


はい、無事に直ってました。d^^;


今までの反応の悪さが嘘のように、
ボタン操作が快適にできて、ノーストレス状態になりましたよっ!(笑)



もし、この方法で直らない場合は …

  • ボタン裏にアルミテープを貼って、接点の導電性を良くする!
  • ボタン裏を濃い鉛筆で塗りつぶし、黒鉛を付着させて導電性を良くする!

といった様な、一時的な修理の方法もあります。




リモコンの分解や修理を 推奨するワケではありませんが、

  • 「使えないので、そのまま放置してある …」
  • 「リモコンを買おうと思っている …」
  • 「別のリモコンで代用している …」といった場合であれば、

ダメ元で試してみるのも、ひとつの手ではないでしょうか?


テレビのリモコンを修理することによって、テレビ本体に影響が出ることはないですが、
リモコンの分解・修理は、必ず自己責任で行いましょう。

また、電化製品の分解・修理に関しては、メーカー保証の対象外となる場合があります。


Sponsored Link

公開日: : 生活・暮らし ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑