液晶モニターが故障!電源が入らないモニターを自分で修理する方法!

公開日: : 最終更新日: 2020/03/21 PC・IT関連 , , 約 5分

PCの液晶モニターが故障…(汗)

液晶モニターが故障!電源が入らないモニターを自分で修理する方法!

修理に出す? 新しく買い直す?

いいえ、
「自分で修理」してしまいましょう!

というワケで今回は、
電源が入らない液晶モニターを自分で修理する方法!
について、写真付きで解説していきたいと思います。


Sponsored Link


液晶モニターが故障

「パソコンが壊れて使えなくなった!」

父親の使用しているPCが、
故障して使えないということで、そのPCの様子をうかがってみました。

実際に調べてみると、なんてことはない w
モニターの電源が入らなくなっているだけで、PC自体はどうやら無事っぽい。


ちなみに、そのPCは、
国産メーカー(富士通FMV)の5~7年モノのデスクトップPCです。



「液晶モニターが故障」と言っても、
いろいろな原因が考えられますし、症状も様々だと思います。

今回の場合は、昨日まで使えていたらしいので、
おそらく「アレ」が原因だと、容易に想像がつきました。d^^


この症状ならば、ほとんど場合、
自分で修理』することが可能なんです!(しかも、低コストd^^


故障の原因は「コンデンサ」

おそらく、今回の故障の原因となっているであろう
「アレ」とは、『コンデンサ(コンデンサー)』です。

液晶モニターが故障!電源が入らない場合「コンデンサ」が原因!?

電子回路や電源の基本となる電子部品で、
「キャパシタ」とも呼ばれる『コンデンサ』は…

  • 電圧を安定させる!
    充電や放電を行うことで、電圧の変化を吸収する

  • ノイズを取り除く!
    電気の通り道で、余計なノイズを横道にそらす

  • 信号を取り出す!
    直流はさえぎり、周波数で信号をより分ける

といった役割があります。


また、コンデンサの種類には、

  • セラミックコンデンサ
  • 電解コンデンサ
  • フィルムコンデンサ
  • 可変コンデンサ などがありますが…


今回の場合、先ほどの写真の様な
円筒状の形をした「アルミ電解コンデンサ」が原因と考えられます。



電解コンデンサは、標準品で「1000~2000時間」、
長寿命品でも「5000~6000時間」程度が寿命の消耗品です!
(※温度や湿度など、環境によっても異なります。)

ですので、この「アルミ電解コンデンサ」を、
同規格の新しいコンデンサに交換してやれば良いだけです。d^^


Sponsored Link


電源が入らない液晶モニターを自分で修理

ではさっそく、
修理(コンデンサの交換をしていきましょう♪


実は、過去にも同じ様な症状の液晶モニターを、
自分で修理したことがあるので、特に問題はありません。

それよりも、
コンデンサが設置されている、内部の「基盤」へのアクセスが、
個体によって異なるので、場合によってはちょっと手間がかかる心配が…。


電子回路については、わからなくても問題ありませんが、
「ハンダ付け」が必要となるので、多少の知識と道具類は必要です。d^^


液晶モニターの修理方法(コンデンサの交換)

上述の様に、簡単なハンダ付けさえできれば、
特に難しくはないのですが…

液晶モニターを分解して、目的の基盤へアクセスし、
コンデンサの交換後、また元に戻す作業がキモとなるかもしれません。d^^


筐体(モニター)の種類によって、分解方法は異なりますが、
手順を追って写真で解説していきますので、参考にしてくださいねっ♪

液晶モニターの分解・修理は、必ず自己責任で行なってください!



【基盤へのアクセス方法】


  • 液晶モニターを自分で修理(コンデンサの交換)する方法 1

    まずは、モニタースタンドを外したら、
    裏面のパーツを外していきます。

    今回の場合、ネジは写真の箇所(8本)だけで、
    それ以外の周囲は、すべてツメで留まっていました。d^^
    (ツメを折ってしまわない様に注意しましょう♪)

  • 液晶モニターを自分で修理(コンデンサの交換)する方法 2

    次は基盤を外しますが…
    基盤を留めてあるネジ(2本)以外に、
    入力用ポートのネジ(赤矢印)を外す必要がありました。

  • 液晶モニターを自分で修理(コンデンサの交換)する方法 3

    接続されているコネクタ(ケーブル)類を、
    慎重に外してから、静かに基盤を取り外します。

    ケーブルを切断しない様、細心の注意が必要です。

    また、元通り接続できる様に、写真を撮ったり、
    マスキングテープで印などをつけておきましょう。d^^

  • 液晶モニターを自分で修理(コンデンサの交換)する方法 4

    これでコンデンサの交換ができます!

    電解コンデンサを外して、
    同規格のパーツを、それぞれハンダ付けしていきます。

    表記されている耐電圧/容量(例:50V/10μF)と、
    同じコンデンサに交換しましょう。d^^

  • 電解コンデンサには「極性」があるので、必ず、極性を間違えないように交換しましょう!

    ※部品本体に『-(マイナス)端子』を示すマークが表示されています。
     (ちなみに… 足の長い方が『+』、短い方が『-』です。d^^

    ハンダ付けの方法に関しては、ここでは省略させていただきます。m(_^_)m
    (そもそも、ハンダ付けができない方は、分解・修理していないと思うので… )


  • 液晶モニターを自分で修理(コンデンサの交換)する方法 5

    コンデンサの交換ができたら、
    逆の手順で、再び元の状態に戻せば「完成」!

    完全に戻す前に、通電の確認をしておきましょう。d^^

    ご覧のとおり、
    無事、電源が入る様になりました。
    (もちろん、画面もしっかり映りましたっ♪)




もし、このモニターを修理に出した場合、
おそらく6,000~10,000円」程度の修理費用がかかると思います。

ところが、交換する電解コンデンサは、
安価なパーツなので、1個あたり数十円(高くても100~200円程度)で購入できます。
※オーディオ用電解コンデンサの様な、高価なパーツを使用する必要はありません!


ですので、
ついでに、すべての電解コンデンサを一緒に購入して、
この機会に、同様の部品をすべて交換しておくことをオススメします♪

(仮に10個交換したとしても、価格的には数百円で済むと思います。d^^


液晶モニターの分解・修理は、保証期間内であっても、
メーカー保証の対象外となってしまいますので、必ず自己責任で行いましょう。


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2020/03/21 PC・IT関連 , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 5 follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑