日焼けのタイプは2種類!タイプによって異なる特徴とケア方法!

日焼けには、2つの種類があることは知っていますよね!?

では、日焼けのタイプによって異なる予防法や、
対処方法を理解して、実践できていますか?

日焼けのタイプは2種類!タイプによって異なる特徴とケア方法!

日焼けした肌が、すぐに赤くなったり
赤くならずに黒くなったりと、人によって違いますよね!?

これは、人それぞれに肌タイプの違いがあるためです。


「すぐ赤くなる肌ほど、紫外線の影響を受けやすい」と、
考えている人が、一般には多い様ですが …

「赤くならないから、紫外線の影響を受けにくい!」
という考え方は、実は間違っているんです!

どんなタイプの肌であっても、
「紫外線は肌内部に大きな影響を与える!」
ということが、最近の研究でわかってきたからです。


日焼けのタイプや種類を、しっかり把握し、
自分がどのタイプなのかを認識して、アナタに合った日焼け対策をしましょう♪


Sponsored Link


2種類の日焼けのタイプ

同じ紫外線を浴びても、
日焼けの症状や、日焼け後の肌の状態には個人差があります。

日本語で言う「日焼け」には、
実は「2種類」あって、英語ではそれぞれ呼び方が異なるんです d^^


2種類の日焼けタイプと特徴

メラニンを作る能力は、遺伝によって決まっています!


おっと! 
突然、何を言いだしたのか って?

その意味は、読み進めていけばわかるので、
どうぞ ご心配なく … ^^;


日焼けは、英語で言うと、
「サンバーン」「サンタン」の、2種類に区別されています。


メラニンを作る能力が高い人は、肌が黒く(褐色に)なりやすく、
逆に、メラニンを作る能力が低い人は、肌が赤くなるだけで黒くなりにくいんです。


「自分の肌がどの日焼けタイプか?」
「何が原因で、どんな影響があるのか?」を知っておくと、
日焼けしてしまった場合の、適切なケアなどもしやすくなりますよっ♪


肌が赤くなるタイプの日焼け「サンバーン」

サンバーン(Sunburn)とは、
紫外線を浴びることによって、肌が赤くなり、
ほてりや痛みを感じたり、水ぶくれができてしまうタイプの日焼けです。


肌タイプによっても 異なりますが …
日本人の肌タイプでは、
赤くなった後 褐色になり、サンバーンを繰り返すと黒くなります。
(※白人の場合は、赤くなっても その後黒くなりません。)

正式には「日光皮膚炎」と呼ばれ、
紫外線を浴びることで、肌が軽いやけどと同じ状態になっています!


サンバーンの状態が悪くなると、
水ぶくれになったり、発熱や頭痛をともなったりします。

そして、炎症が治ってくると、
角質層の水分がなくなり、皮がはがれてきます。



この「サンバーン」タイプは、
肌を守るメラニン色素が少ないのが原因なので、
日焼けしても、肌が黒くなりにくいのが特徴です!

しかし、「サンタン」タイプよりも、肌内部のダメージは深刻です。

  • 【サンバーンを引き起こす紫外線】

    サンバーンを引き起こす主な紫外線は、
    波長の短い紫外線UV-B(紫外線B波)」です!

    UV-Bは、表皮のDNAや細胞膜を破壊して、
    炎症や、やけどといった皮膚トラブルを起こします。

    このUV-Bは、特に肌への影響が強く、
    美容面では「シミ」「ソバカス」などの原因となり、
    健康面では、「皮膚がん」「白内障」「免疫低下」などの原因となります。


  • 【メラニンの働き】

    メラニンは、本来「紫外線から肌を守る働き」があります。

    ところが、色白の人はメラニンが少なく、肌を守る力が弱いため、
    炎症を起こして、赤くなってしまいます。


色白の人(メラニンによる肌の防御力が弱い人)は、
紫外線のダメージが大きいので、日焼け対策が特に必要です。


2種類の日焼けタイプと特徴

肌が黒くなるタイプの日焼け「サンタン」

サンタン(Suntan)とは、
紫外線を浴びて、肌が黒くなるタイプの日焼けで、
色黒の人がなりやすく、2~3日程度で肌が黒くなり始めるタイプの日焼けです。


このサンタンタイプの日焼けは、
紫外線を浴びて、メラニン色素が生成された結果です。

「サンバーン」タイプに比べて、痛みを伴うことはありませんが、
シミ・しわの原因となるので、注意が必要です。

  • 【サンタンを引き起こす紫外線】

    サンタンを引き起こす主な紫外線は、
    波長の長い紫外線UV-A(紫外線A波)」です!

    UV-Aは、肌の奥深くまで浸透して、
    コラーゲンや、エラスチン線維を破壊するので、
    「しわ・たるみ」など、肌老化の原因となってしまいます。


  • 【メラニンの働き】

    サンタンには、さらに 2種類のタイプあり、
    ①すぐに肌が黒くなる場合と、②数日たってから黒くなる場合です。

    • ①の「日焼けをしてすぐに黒くなる」のは、
      紫外線によるメラニンが酸化して、黒っぽく見えることが原因で、
      この場合、メラニンの生成はないので、肌の色はすぐに元に戻ります。

    • ②の「数日たってから黒くなる」のは、
      サンバーンによって赤みを持った肌が、数日たって赤みが引き、
      メラニンが、徐々に生成されて黒くなっていくからで、
      10日程度経つと、また元の肌の色に戻っていきます。


サンバーンになりにくい、サンタンを起こしやすい肌タイプの人は、
一見、「紫外線による体への影響を受けにくい」と思いがちです。

ところが、UV-Aは、気候や天候に関係なく降り注いでいるので、
常時、紫外線から肌を守る対策や 工夫が必要です。


Sponsored Link

日焼けのタイプによるケア方法

上述の様に、
ひと言で「日焼け」と言っても、症状や対処法はまったく違います。

日焼けの種類に合わせて、
自分に合った「適切なケア」をしましょう d^^

  • 【サンバーンタイプのケア方法】

    まずやるべきなのは、日焼けをしないための対策です。
    日焼け止めや日傘などを利用して、肌が赤くならないようにしましょう♪

    日焼けした場合、
    まずは 炎症を抑えるために、日焼けした部分を冷やします。

    痛みを感じなくなったら、
    保湿クリームで、傷ついた肌を保護してあげてください。

    顔のケアの場合、
    化粧水はできるだけ刺激が少なく、肌に優しいものを使いましょう!

    [Point!]
    美白化粧水の美白成分は、刺激の強い成分が多いため、
    日焼け直後の使用は、できるだけ避け、
    赤みと痛みが治まってから、使用するようにしてください♪


  • 【サンタンタイプのケア方法】

    紫外線を浴びると、必ず肌が黒くなってしまうので、
    まずは、予防のための対策が必要です。

    短時間の外出時や、洗濯物を干す時などにも、
    日焼け止めや日傘などを使って、常時予防するように心がけましょう♪

    しかし、
    どんなに気を付けていても、多少は紫外線を浴びてしまうので、
    メラニン色素の排出がスムーズにできる様に、ケアしてあげるのが大切です!

    [Point!]
    美白化粧品には、
    メラニンの生成を抑制する働きと、排出を促す働きがあります。

    日焼けしてからではなく、日焼けする前から使うのがおすすめです♪


Sponsored Link

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑