UGGブーツ!サイズの選び方で悩んだらコレ!

公開日: : 最終更新日: 2014/12/16 ショッピング , 約 5分

「UGGのブーツでサイズの選び方を失敗した …」とか、

「最初は良かったんだけど、履いているうちに …」とか、


UGGのムートンブーツサイズ選びに関しては、
成功例や失敗例などを、よく聞きます。

それを耳にしたあなたは、
「どのサイズが自分に合うのか?」
余計に悩んでしまっていませんか?!


Sponsored Link


毎年 冬の時期になると、
女性の足元によく見かける「ムートンブーツ」

特に、ここ数年は大人気で、
その人気の火付け役のキッカケは、
「UGGのブーツ」ではないでしょうか?


今では、
¥2,000程度で手に入る「ムートン風ブーツ」も、
多く出回るようになってますよね。

これらの「いわゆる類似品」はともかく、
正規品「UGGのムートンブーツ」で、
サイズ選びに迷う人も、多いんじゃないでしょうか!?

高価な買い物だったら、なおさらですよね♪


管理人は以前、
実は、「UGGブーツの輸入・販売」に携わっていた事があるんです。

その時の経験を元に、
UGGブーツのサイズの選び方アドバイスしちゃいます!


あっ! もちろん、
「UGGのムートンブーツ」でのサイズ選びなので、
「UGG風ブーツ」には、当てはまりませんよっ!


UGGブーツのサイズ

UGGブーツの日本サイズは、
「UGG公式サイトのサイズ表」でも、表記されています。

USサイズ US:5 US:6 US:7 US:8 US:9
日本サイズ 22cm 23cm 24cm 25cm 26cm


はたして、
この表記通りのサイズを買ってもいいのか?!


Sponsored Link

サイズの不確定要素

ご存知の様に、
「UGGのブーツは、日本製ではありません!」

日本で出回っている、UGGブーツのほとんどは
アメリカ・カリフォルニア発ブランド、「UGG australia」輸入商品です。


実際には、USAや中国をはじめ、
ベトナム・ブラジル・エルサルバドルで、生産されています。



海外製品の特性として、同一のものでも、
ブランドによっても、多少サイズが異なる場合があります。

それ以外にも、皮革製品だったり、
特にムートンブーツは「天然ボア」の使用など、
不確定になる要素が、非常に多いんですよ!


サイズに関する口コミや噂

UGGブーツは、ネットなどでも、
口コミや噂などの情報が、たくさん溢れています。

「履いていると、皮が伸びて大きくなる」とか、
「小さめのサイズだと破れる」とか …


あまりにも、いろんな情報があって、
逆に、混乱してしまうんではないでしょうか …?

UGGブーツの選び方「日本サイズ」

では、
「何を信じて、どうやって サイズ選びをしたらいいか?!」


UGGブーツ サイズの選び方

UGGブーツには、もうひとつ、
「サイズ選びに迷う要因」がありますよね?!

そうなんです!

上記のサイズ表を見ても、わかると思いますが、
日本の様に、中間のサイズが無いんです!

22.5cmとか、23.5cmとかの「0.5cmの区切り」が …


このことも、
「サイズを悩ませる大きな原因」となってますよね!?


「UGGブーツ サイズの選び方」はコレ!

これらを踏まえて、
管理人がおすすめする「UGGブーツのサイズ選び」は、

『基本的には、ワンサイズ小さいブーツを選ぶ!』です!

具体的には、

  •  22.5~23.0cm  » US 5
  •  23.0~23.5cm  » US 6
  •  23.5~24.0cm  » US 7
  •  24.5~25.0cm  » US 8
  •  25.5~26.0cm  » US 9

  • 中間のサイズに該当する場合は、
    あなたの「足幅」や、「甲高」を考慮してください。

の様な感じです。

これは、感覚ではなくって、「過去の経験からの統計」です。


ネットなどで、試着できずに注文する場合、
「小さくてキツいよりは、大きいほうがなんとかなる!」
って、
迷った時には「大は小を兼ねる」的に、
大きい方のサイズを選択する人が、殆どだと思います。



では「なぜ、ワンサイズ小さい物なのか?」って?!

そうです!
ご察しの通り「馴染むと大きくなるから」です!!

「やっぱり!」って?

ただ、大きく感じる理由が、
その「ご察し」とは、ちょっと違っているかも? d^^


もちろん、
「皮が馴染んで、少しは伸びてくる」という事もあるんですが、
それよりも、
内側のボアが潰れて、サイズが少し大きく感じるんです。

う~ん、
それでは、ちょっと 語弊があるかも …

少しキツめに感じていたのが、
「ムートンが馴染んで、足のサイズに合わせてくれる!」
って感じです。

UGGブーツ「サイズの選び方」


あと、「基本的には」と条件をつけましたが …

「じゃあ、基本的じゃない場合って?」ってなりますよね?!

それは、
「ブーツを履く時に、厚手の靴下を着用する場合」です。


冬場には、いつも厚手の靴下を履いている人は、
当然、足のサイズ感が大きくなるので、
「小さいサイズを選ぶ」には、該当しませんよね♪


最後に

具体的なサイズ選びとは、すこし話が違うんですが、
参考までに、ちょっと こんな余談話を …

でもこれ、意外と「重要」です!

UGGのムートンブーツは、天然のボアを使用している為、
ムートンボアの厚みや固さ、
シープスキンの肌触りなどが、それぞれ異なります。

そのため、
サイズ表記が同じでも、微妙に個体差があるんです。


「微妙に違う」って言っても …

例えば、
片方が微妙に小さくて、もう片方が微妙に大きかった場合、
左右では、かなりのサイズ差」を感じてしまう事になります。

以前に、こんな事がありました。

ショップオーナーが、直営店で履いてみた際、
左足は すんなり履けるのに、
何故か、右足は かなりキツかったんです。

UGGの直営店でですよっ!

その時は、同じサイズの違うペアを、
試しに履いてみたら、ぴったり合って履けましたw




「サイズ選び」で悩んでいるあなたは、
おそらく、ネットでの購入を検討しているのでしょう。

ネット通販で買うことを、
否定するつもりは、サラサラありません。

せっかく、悩んで買ったのに、
サイズ選びで失敗して、後悔して欲しくないんです。


ネットで購入した場合、
商品交換や 返品などでのトラブルは、少なくないですし …




もし、それでも まだ不安なあなたは、
面倒でも、一度 直営店へ行って、
試し履きして、ブーツのサイズ感を確認してから、
ネットで注文してみてはいかがでしょう?

もちろん、それでも完璧とは言いきれません!

上述した様な「サイズの誤差」があったのは事実です。


でも、
その場合、不良扱いで交換できる可能性が高いですね♪

それに比べて、
ただ単に「サイズ違いの交換」の場合は、
問題が起きる可能性が、格段に高くなると思います。


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2014/12/16 ショッピング ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑