お中元とお歳暮の違いとは!のしの書き方を詳しく解説!

公開日: : 最終更新日: 2016/10/15 季節・気候, 行事・イベント , , , 約 6分

お中元の熨斗(のし)って どう書けばいいの!?

そもそも、お中元とお歳暮の違いって!?


お中元とお歳暮の違いとは!のしの書き方を詳しく解説!

「お中元」「お歳暮」では、贈る目的や意味合いが違っています!

のしの「表書き」は、贈り物の目的を書くので、
お中元とお歳暮では、当然 違ってきますよねっ♪

だったら、
「お中元」もしくは「お歳暮」と書けばいいのでは!?
と思うかも知れませんが、必ずしもそうとは限らないんです! d^^;

違いと意味合いを、しっかり理解して、
正しいのしの書き方で、お中元やお歳暮を贈りましょう♪


Sponsored Link


お中元とお歳暮の違い

「お中元とお歳暮の違い」は、
ご察しのとおり! そぉ、贈る時期が違いますよねっ d^^

地域によって、若干の違いはありますが …

  • 「お中元」は、7月初旬から8月中旬頃
  • 「お歳暮」は、12月10日から20日頃 ですね d^^


この時期の違いがあるから、
「贈る意味合いの違い」「贈る品物の違い」など、他の違いにつながるんです。

他にも、細かい違いはありますが、
この2つの違いが、大きなポイントとなります!


なかでも重要な「贈る意味合いの違い」について、
もう少し、詳しくみてみましょう♪


お中元とお歳暮を贈る「意味合いの違い」

「お中元」を贈る時期は、1年の折り返し地点である「夏」です。

年頭から中元(旧暦の7月15日)までの上半期、
「半年間お世話になったお礼」に、お中元を贈ります。

また、暑い時期に体調を気遣う「季節の挨拶」の意味合いもあります。

≫ お中元マナー「お中元を贈る時期」は いつからいつまで!? 


対して、
1年間の感謝の気持ちを込めて、年末に贈るのが「お歳暮」です!


読んで字のごとく、「歳の暮れ」ですねっ d^^;


また、お歳暮には、
「来年もよろしくお願いします」という意味合いも含まれています♪

≫ お歳暮マナー「お歳暮を贈る時期」は いつからいつまで!? 


「お中元とお歳暮 両方贈らないといけないの?」

お中元とお歳暮は、両方贈るのが望ましいのですが、
両方贈らなくても、マナー違反にはなりません

仮に、「どちらか片方だけ」というのであれば、
お歳暮だけでも失礼にはならないので、お歳暮を贈ることをオススメします♪

上述の様に、お中元の半年間に対して、
お歳暮には、1年間の感謝を込めるという意味合いがあるからです!


Sponsored Link

お中元・お歳暮の「のし紙」

お中元や、お歳暮をはじめ、
慶事一般の贈り物には、「掛け紙」をつけて贈ります。

「のし紙」とは、
のし水引を、1枚の紙に印刷した「掛け紙」のこと言います。


のしはよく耳にするんで、わかっているつもりだったけど、
 のし紙のことだと思ってた
^^;」って方も、なかにはいるのでは …!?


のし紙の名称と意味

まずは、
「のし紙の名称と意味」について、確認しておきましょう♪


お中元とお歳暮「のし紙の名称と意味」
【のし紙の名称】

  • 掛け紙
  • 熨斗(のし)
  • 水引
  • 表書き
  • 名入れ

掛け紙 贈答品の上面や全面に掛けられる紙。
お中元やお歳暮は、贈り物に白い奉書紙を掛け、水引を結び、熨斗を付けるのが基本です。

※水引・のしを一枚の紙に印刷したものを「のし紙」と言います。
熨斗
 (のし)
慶事一般の贈り物に付けます。(※喪中時は省略します。)
熨斗の起源は慶事に贈る酒の肴で、アワビを細く伸ばしたものが使われていました。

そのため、魚介類が贈答品の場合、本来は熨斗を付けないのですが、
最近は由来をを気にせず、熨斗を付ける場合も多くなっています。
水引 贈答品に付けられる飾り紐。(※喪中時は省略します。)
お中元やお歳暮に使う水引は、紅白の花結び(蝶結び)が一般的です。

※お中元・お歳暮は「来年も贈れますように」という意味が込められています。
表書き 「贈る目的」を記します。
「御中元」「御歳暮」「内祝い」など
名入れ 「贈り主の名前」を書きます。
連名で書いたり、会社名や住所を入れる場合もあります。


お中元・お歳暮の「のしの書き方」

のし紙に書く「表書き」「名入れ」は、
「贈り物が何の目的で、贈り主が誰か?」を意味しています。

水引を境にして、上段と下段で使い分け、
上段には「表書き」
下段には「贈り主の名前」を、表書きよりもやや小さめに書きます。


その際に、文字が水引や熨斗にかからないように気を付けましょう♪


「表書き」を書く時に使用するのは、濃墨の毛筆が正式とされています。

最近では、サインペンやフェルトペンなどで、書かれることも多くなりましたが、
重要な贈り物や、目上の方へ贈る場合、毛筆(または 筆ペン)で書くのがマナーです!

また、崩し文字は避けて 楷書体で書きましょう♪


のしの「表書き」の書き方

では次からは、「のしの表書き」の書き方です!

お中元・お歳暮の「表書き」について、それぞれ詳しくみていきましょう♪

お中元とお歳暮ののしの書き方!「表書きと名入れ」


お中元の「のしの表書き」

お中元の場合、
贈る時期によって、表書きの書き方が異なるんです!

関東地方をはじめ、一般的には、

  • 「御中元」「お中元」:7月初旬~7月15日
  • 「暑中御見舞い」:7月16日~8月7日(立秋)
  • 「残暑御見舞い」:立秋~9月上旬


ですが、
関西地方の場合、若干時期が違うので、

  • 「御中元」:7月15日~8月15日
  • 「残暑御見舞い」:8月16日~9月上旬

と、表書きにも違いがあるんです!

関東?関西?地域によって違う「お中元の時期」» 


目上の方へ贈る場合、
例えば「暑中御見舞い」ではなく、「暑中御伺い」として贈るのがマナーとなります。


お歳暮の「のしの表書き」

次に、お歳暮の表書きの書き方ですが、
こちらは、関東と関西での違いはありません。

  • 「御歳暮」「お歳暮」:12月上旬~12月20日
  • 「寒中御見舞い」:12月21日~年末
  • 「御年賀」「新年のご挨拶」:1月1日~1月7日
  • 「寒中御見舞い」:1月8日~2月4日(立春)


喪中時の「のし紙」と「表書き」は?

自分が喪中の時、または 喪中の相手に贈る場合は、
慶事を表す「紅白の水引」や「のし」は使いません。

短冊状ののし紙(白短冊)や、無地の奉書紙に、
「御中元」「御歳暮」などと、表書きを書いたものを使います。

四十九日(忌中)の関係で、贈る時期から外れた時は、
お中元ならば「暑中御見舞」お歳暮ならば「寒中御見舞」として表書きを変えます。


のしの「名入れ(贈り主の名前)」の書き方

では最後に、
のしの「名入れ」の書き方について、みてみましょう♪

「名入れ」とは、贈り主の名前を書くことです!

  • 個人名で贈る場合
    姓名のフルネームが一般的ですが、目下の人へ贈る場合は姓だけでも良いです。
    親宛てに贈る時は、フルネームで書くと誰からもらったものか分かりやすいです。

  • 連名で贈る場合(3名まで)
    右側が「目上」、左側が「目下」の名前を書きます。

    連名は「3名まで」が一般的で、右から「地位や年齢順」に、
    地位や年齢が関係ない場合は、右から「五十音順」で記入します。

  • 代表者名のみ書く場合(4名以上)
    4名以上の場合は、代表者名を中央に書き、左下に「他一同」と並べて書きます。
    代表者以外の名前は、中包みに書きます。

  • 会社名・住所を入れる場合
    名前の右側に、小さく書き添えます。

  • 名刺を貼る場合
    名入れの部分に、剥がれないように名刺を貼ります。
    名刺を貼るのは略式なので、左下にずらして貼る場合もあります。


基本的に、贈り主の名前の表記は、
苗字だけよりも フルネームで書いた方が、贈り主が誰なのか分かりやすいですね♪


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2016/10/15 季節・気候, 行事・イベント , , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑