ゴムブレスレットの作り方♪初心者でも割り箸で作れるデザインはコレ

初心者でもすぐ作れちゃう、
「一風変わったゴムブレスレットの作り方って!?

ゴムブレスレットの作り方♪初心者でも割り箸で作れるデザインはコレ


「ゴムブレスレット作り」の、最初のうちって …

  • カラーを変えて、いくつか作ってみる!
  • 今度は、違う作り方に挑戦してみる!
  • また、カラーを変えて作ってみる!

  • ・・・・

  • 「で、次は …?」 と、


おそらく、
この「典型的な初心者パターン」に、
陥っている場合が、ほとんどだと思います!

中・上級者の場合でも、当然、誰でも最初は初心者ですから … d^^


そんなアナタに最適な、
「ひと味違うゴムブレスレットの作り方」です♪


Sponsored Link


初心者でも作れるゴムブレスレットのデザイン

カラーや作り方を変えて、作ってみたゴムブレスレット♪

もちろん、それぞれ違いはあるものの、
おそらく、どれも「同じ様なイメージのゴムブレスレット」に、
思えてしまう様に、感じているハズです d^^;

かといって、専用の道具がないので、
作れるデザインの範囲も、限られてしまう …



初心者はもちろん、道具がない人から 脱初心者まで、
「全然違ったデザインの ゴムブレスレットを作りた~い!」
と思っているのであれば、おすすめの作り方なので、
是非いちど、チャレンジしてみてくださいっ♪


初心者でも作れるゴムブレスレットの作り方

今回紹介する作り方は、
「レインボールームの専用道具」を使って、写真で解説します。

えっ? 道具持ってないんですけど …(汗)


そんなアナタも、心配ご無用!

道具といっても、4本しか使用しないので、
割り箸を使って、代用品を作ってしまいましょう♪

初心者でも作れるゴムブレスレットの作り方♪ ゴムブレスレットの作り方♪初心者でも割り箸で作れる!


この様に、
割った割り箸4本の間に、割っていない割り箸3本を挟んで、
しっかりとテープで固定すれば、できあがりです d^^


Sponsored Link

割り箸でも作れるゴムブレスレットの作り方

では、作り方を詳しく解説していきますので、
さっそく、いっしょに作ってみてください♪


【割り箸でも作れる ゴムブレスレットの作り方】

  • 割り箸を使って作る「初心者でも作れるゴムブレスレットの作り方!手順 1」
    まずは、2本のゴムを、
    8の字にして、2-3クロス掛けします!

    [Point!]
    このブレスレット作り方では、
    ゴムを2本づつ使って、編んでいきます。

  • 割り箸を使って作る「初心者でも作れるゴムブレスレットの作り方!手順 2」
    サイドになるカラーのゴム(各2本)を、
    1-2と、3-4に、それぞれクロス掛けします!

    [Point!]
    1-2と、3-4に掛けるゴムは、
    クロスの方向を、対称的にしておくと、
    できあがりが、きれいに仕上がりますよっ♪

  • 割り箸を使って作る「初心者でも作れるゴムブレスレットの作り方!手順 3」
    2と3下のゴム2本を、
    ②のゴムをまたぐ様に、それぞれ抜きます!

  • 割り箸を使って作る「初心者でも作れるゴムブレスレットの作り方!手順 4」
    次に、
    2本のゴムをクロスせずに、2-3に掛けます!

    [Check!]
    ここからは、
    「同じ手順の繰り返し」になります。

  • 割り箸を使って作る「初心者でも作れるゴムブレスレットの作り方!手順 5」
    2と3下のゴム2本を、
    ④のゴムをまたぐ様に、それぞれ抜きます!

  • 割り箸を使って作る「初心者でも作れるゴムブレスレットの作り方!手順 6」
    サイドのゴム(各2本)を、
    1-2と、3-4に、それぞれクロス掛けします!

    [Check!]
    手順②と同じですねっ♪

  • 割り箸を使って作る「初心者でも作れるゴムブレスレットの作り方!手順 7」
    2と3下のゴム2本と、1と4下のゴム2本を、
    ⑥のゴムをまたぐ様に、それぞれ抜きます!

  • 割り箸を使って作る「初心者でも作れるゴムブレスレットの作り方!手順 8」
    希望のブレスレットの長さになるまで、
    同様に、手順④~⑦を繰り返します!

  • 割り箸を使って作る「初心者でも作れるゴムブレスレットの作り方!手順 9」
    希望の長さになったら、
    手順④⑤を行った後、1のゴムを2に掛けます!

  • 割り箸を使って作る「初心者でも作れるゴムブレスレットの作り方!手順 10」
    同様に 4のゴムを3に掛けます!

  • 割り箸を使って作る「初心者でも作れるゴムブレスレットの作り方!手順 11」
    ⑨で掛けたゴムを潜らす様に、
    2の下のゴム2本を抜いて、留め具に掛けます!

  • 割り箸を使って作る「初心者でも作れるゴムブレスレットの作り方!手順 12」
    3の下の2本ゴムも、
    同様に、留め具に掛けます!

    反対の端のゴムも、留め具に掛けたら「完成」!



同様の作り方で、カラーだけ変更して、
デザインのバリエーションを作ってみましたっ♪


初心者でも割り箸で作れるゴムブレスレットの作り方!デザインバリエーション♪
 ↑ こんな感じですっ ^^;

ゴムのカラーを変更するだけで、
この様に、イメージがガラリと変えられるでしょ!?




今まで作ったブレスレットとは、ちょっと違うけど、
ゴムをたくさん使いすぎる …
って!?


確かに、ブレスレットの幅が広い上に、
2本ずつで編んでいるんで、ゴムの数をたくさん消費するんです。



ところが、ゴムブレスレット作りは、
1度使ったゴムでも、再び利用できるんです!

この作り方に限らず、どんな作り方をしても同様です。



通常、この手の作り方をするモノって、
編んでいくのも、けっこう時間がかかるんですが、
それよりも、解いていくほうが遙かに時間がかかるんです。

しかも、跡がついてしまったり、
長さの問題などで、再利用はほとんど不可能 …。



ところが、このゴムブレスレットの作りは、
「崩していくほうが簡単で、材料を再利用できる!」という、隠れた長所があるんです♪


Sponsored Link

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑