水の硬度とは!軟水と硬水の違いは?使い分けはコレ!

公開日: : 最終更新日: 2014/10/12 フード・ドリンク , 約 5分

よく、
日本の水は「軟水」、海外の水は「硬水」といわれますが…

そもそも、軟水・硬水とはなんぞや?!

う~ん、
「硬度の違い!」ってのはわかる!

じゃあ… 硬度とはなんぞや?!


ということで、
水の硬度軟水と硬水の違いについて、スッキリです!


Sponsored Link


水の硬度とは

まずは、2つめの「硬度とはなんぞや?!」から d^^

「硬度」とは、水の中に含まれる、
カルシウムとマグネシウムの合計量を、数値化したもの。


では、どうやって数値化しているのか?


硬度の計算方法

硬度を表す方法は、国によって異なっています。

日本やアメリカでは、
「カルシウムの量と、マグネシウムの量を、
炭酸カルシウムの量に換算したもの」
を硬度としています。


水の硬度とは?軟水と硬水の違い!

水の硬度の単位は、
[mg/L] または [ppm] で表わされます。


これを計算式で表すと、
一般に、以下の簡便式を用いて計算することができます。

硬度 [mg/L] =
カルシウム量 [mg/L] × 2.5)+(マグネシウム量 [mg/L] × 4.1)


ちょっと、ややこしそうなんで…

もし、この計算式を見て「イラっ!」となった場合は、

カルシウムとマグネシウムの量で、硬度が決まる!」
ぐらいの認識でも、大丈夫そうですね!


Sponsored Link

軟水と硬水の違い

水の硬度について、とりあえず理屈はわかった! つもり^^;


次に、そもそもの「軟水・硬水とはなんぞや?!」について!

この硬度の数値の、

  • 高いものが「硬水
  • 低いものが「軟水

ということぐらいは、安易に想像がつきます。


要は、
なにが高くて、なにが低いのか?

具体的な、数値のラインはいくつなのか?!


軟水と硬水の分類

水の硬度による分類は、以下のようになっています。

  • 硬度 0以上 178未満を「軟水」
  • 硬度 178以上 357未満を「中間の水」
  • 硬度 357以上を「硬水」


「中間の水!?」

このワードは、聞いたことがないぞ~

この「中間の水」にあたる「硬度 178~357」の水が、
あまり出回っていなくて、目にする機会がないだけなのか?

いやいや、
だとしても、言葉ぐらいは聞いたことがあるハズだ …


どうやら、上記の分類は、
「専門的な分類の仕方」のようです。

近年では、便宜的に、

  • 硬度 100未満を「軟水」
  • 硬度 100~300程度を「中硬水」
  • 硬度 300以上を「硬水」

と呼んでいるようです。


ふ~っ、スッキリ!


ミネラルウォーターの硬度

これで、スッキリできた♪

… ハズだったが、
いまいち超スッキリには、至っていない!


なぜか?


それは、理屈と数値が判明しただけで、
具体的には、何ひとつわかっていなかったから d^^

さらにスッキリさせるためには、
ソコのところを、もっと掘り下げねば…

というワケで、
比較的よく見る「ミネラルウォーター」を、
硬度の数値順に、並べて一覧にしてみました!

名称(原産国) 硬度 [mg/L] 分類
O2アクア クリスタル(日本) 0.16 軟水
スパ(ベルギー) 17 軟水
バナジウムウォーター(日本) 19 軟水
天然水 奥大山(日本) 20 軟水
酸素プラス(日本) 26.5 軟水
富士山のバナジウム天然水(日本) 29 軟水
南アルプスの天然水(日本) 30 軟水
おいしい水 富士山(日本) 30 軟水
おいしい水 六甲(日本) 32 軟水
森の水だより(日本) 33.1 軟水
OXY(日本) 36 軟水
クリスタルガイザー(アメリカ) 38 軟水
アルカリイオンの水(日本) 59 軟水
天然水 阿蘇(日本) 60 軟水
ボルヴィック(フランス) 60 軟水
富士山のおいしい湧き水(日本) 62 軟水
ゲルマニウム ホワイトウォーター(日本) 92.5 中硬水
阿蘇の宮水(日本) 110 中硬水
秘境の湧き(日本) 119 中硬水
キレアウォーター(日本) 250 中硬水
イオリ(ギリシャ) 264 中硬水
エビアン(フランス) 304 硬水
ヴィッテル(フランス) 307 硬水
サンペレグリノ(イタリア) 674 硬水
コントレックス(フランス) 1468 硬水
クールマイヨール(フランス) 1612 硬水


やはり日本の水は、硬度が低い「軟水」が多い様で、
そのせいか、軟水系の水のほうが、口に合うんですね♪


海外の水で、管理人がよく飲むのは、
クリスタルガイザー(38)」「エビアン(304)」です。

どちらかというと、
「クリスタルガイザーのほうが飲みやすい!」と思ってはいたんですが、
まさか、こんなにも硬度が違うとは … 

ちょっと、びっくりです! (*_*)


水の硬度による使い分け

軟水・中硬水・硬水は、それぞれ何に適しているのか?

どう使い分けたら良いのか?

  • 軟水(硬度~50
    癖が少なくて飲みやすく、
    炊飯をしたり、日本茶を入れたり、和食全般に適する!

  • 軟水(硬度51100
    天然のミネラルを含む、健康的な水が多く、
    飲みやすくて、美味しさを感じやすいので、飲料水に適する!

  • 中硬水(硬度100300
    適度のミネラル量なので、パスタを茹でたり、
    洋風だしをとったり、パンを焼いたりと、洋風調理に適する!

  • 硬水(硬度300~)
    カルシウムとマグネシウムが豊富で、
    スポーツ後や、妊産婦のミネラル補給に適する!


硬度が1800以上だと、天然ミネラルを自然含有しているので、
生活習慣病や、ダイエットなどで、
カロリーを控えめにする場合に適する!


試しに、硬水でご飯を炊いてみたら、
見事に「パサパサのご飯」が炊けました!


ちょっと、おもしろかったのは、

硬水で手を洗ってみたら …


せ、せっけんが泡立たない!(笑)


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2014/10/12 フード・ドリンク ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑