GDPとは!GNPとの違いをわかりやすく解説!

公開日: : 最終更新日: 2015/03/15 語学・学習 , 約 5分

近年は、
ニュースなどで「GDP」と言いますが …

以前は、
「GNP(国民総生産)」と習っていたハズです。

GNPで習った人は、「?」と思い、
おそらく、過去に一度は 調べてみた事があるんではないでしょうか?

GDPとは!GNPとの違いをわかりやすく解説!

おそらくですが …

何気に気になって、調べてみたほとんどの人が、
「GDPは、国内総生産のことね!」
と納得して、頭に入っていないんですよねっ♪

結局、なんだったかまた調べて、
「あ~、GDPは国内総生産、GNPは国民総生産ねっ!」
ってなって、また忘れてしまいます! ^^;


どうです? 図星でしょ!?

だって、その代表が管理人ですから(笑)



この2つは、どちらも「国の経済力」を示す数値なんですが、
その違いは何なのか?

GDPとは?GNPとは?違いは?
今回は、バッチリ頭に叩き込んでおきましょう!


大丈夫!
調べるのは、今回で最後になりますから♪

なぜなら、自信なかった管理人でさえ、
バッチリ理解して、解説できるのですから… ^^;


Sponsored Link


GNPとは

まずは、
我々 おっさん世代には、馴染み深い(?)「GNP」からお復習い。

「GNP」とは、
Gross National Productの略で、「国民総生産」と呼ばれます。

ある一定期間に、国民によって新しく生産された、
商品やサービスなどの、付加価値(儲け)の総額のことです。



かつて、GNP世界第2位だった日本は、
「世界第2位の経済大国」と、いわれるようになりました。

ところが、
いつのまにかこの「GNP」は、
とって代わられるようになったんです。

何に代わったのか?


そうです!
そこで登場したのが、今回の主役「GDP」なのです。


GDPとは

「GDP」とは、
Gross Domestic Productの略で、「国内総生産」と呼ばます。

1年間に国内で生産された、付加価値(儲け)の総額のことです。


つまり、実際にお金のやり取りが行われ、
国内で生み出された「すべての付加価値の合計」を指します。


国内経済の実態を表すGDP

1980年代頃までは、
国の経済の規模・成長を測る物差しとして、「GNP」がよく使われてました。


もう一度いいますが … GNPは「国民」総生産です!


国内だけでなく、
「海外」での、日本企業の生産額も含んでしまっています。

逆にいえば、
「日本国内」で事業展開する、海外企業の所得を含んでません。



しかし、グローバルな活動が進展し、
「国民」に限定する意味が、薄れてきました。

本当の意味での、「国内経済」の実態を表すには、
「国内」総生産のほうが、より有効です!


そんな訳で、現在では、
「国内の景気をより正確に反映する指標」として、
GDPが重視されているんです。


Sponsored Link

GDPとGNPの違い

過去に調べた事がある人でしたら、
このあたりまでは、わかってますよね♪


でも、これを読んでいるという事は …

おそらく、
「これだけで納得した感じ!になっていた d^^

もしくは、
「ここあたりから、頭がクラッシュしはじめた!」
ってとこではないでしょうか!?

なぜなら、その代表が管理人ですから~(←「くどい」って!?)


GDPとGNPの違い


では、
もうすこし、GDPとGNPの違いがわかりやすい様に、
具体的な例でみてみましょう♪

え~っと、何にしましょうか …?

何でもいいのですが …(悩)

例えば、
日本国内で生産された「家具」があります。

この家具を10万円で販売したら、GDP10万円カウントされます!
もちろん、GNP10万円です!

でも、
輸入の材料で作られていて、材料代が4万円だった場合、
GDPにカウントされるのは、6万円になります!

輸入の材料が、海外の日本企業が作ったものなら、
GNPの場合、10万円になります。


もし、この家具が国内生産じゃなくて、
「日本の企業が、海外生産していた家具」だった場合、

GNPでは、10万円としてカウントされますが、
GDPだと、0円(カウントされない)となります!



「コレ、結構わかりやすくないですか?」
(なんとか、上手く例えられて ひと安心♪ と自己満足 …w)


あっ!
モノだけではなくて、サービスなんかも同様で、
お金のやり取りが行われるので、計算にはいりますよ!


GDPとGNPの違い まとめ

では、最後にお復習い d^^

外国人が、日本で消費した額も算入して、
あくまで「国内のみ」での消費とするのが「GDP」

 【国内日本企業】【国内海外企業】

日本人が外国で消費したものは算入しない!

それとは逆に、

国内、国外でを問わず、「日本人」が消費した総額が「GNP」

 【国内日本企業】【海外日本企業】

外国人が日本で消費したものは算入しない!



単純に表現すると …

GDP】=【GNP】-【海外日本企業】+【国内海外企業】



GDPとGNPの違い


「こんな感じ!」


つまり …

GDPGNPは、
Domestic(国内)か、National(国民)かの違い!


『GDP』は、
日本人や外国人(またはその企業)が、
商品や不動産などを、『国内』で買った1年間の総額。
『GNP』は、
『日本人(またはその企業)』が、
商品や不動産などを、国内・国外問わずに買った1年間の総額。



ほらねっ! バッチリでしょ!?

これで、頭に入ったハズですので、
もう今後、調べなおす事はなくなりますよねっ d^^;


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2015/03/15 語学・学習 ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑