お葬式の電報 弔電の送り方とマナー!宛名や敬称はどうするの?!

公開日: : 最終更新日: 2016/10/14 行事・イベント , , , 約 3分

お葬式の電報「弔電」って、
結婚式などの祝電と違って、なかなか難しいですよね!?

宗教や宗派のこともあるし、
そもそも、「宛名は誰にしたらいいの?」


宛名や敬称使ってはいけない言葉など、
弔電の送り方とマナー注意点について、ご紹介します!

お葬式の電報 弔電の送り方とマナー!宛名や敬称はどうするの?!

「弔電」って、なんて読むかわかりますか?
これ「ちょうでん」って読むんです。

弔電は、「お悔やみの電報」の事をいいます。


ちなみに、
「訃報」も目にする機会が多いですね!

これは「ふほう」と読み、
「人の死去したという知らせ」の事です。


併せて、この機会に覚えておきましょう。


Sponsored Link


お葬式の弔電の送り方

さて、本題に戻ります!

まずは、弔電の送り方を確認しながら、
送る際のマナーも、いっしょに見てみましょう。

  • 弔電を打つ場合は、
    「115」に電話するか、インターネットでも受け付けています。

  • 弔電は、自宅や斎場など 葬儀が行われる会場へ送ります。

  • 送り主を知らせたい場合は、電文の最後に名前を入れます。

  • 弔電の文面は、なるべく簡潔にお悔やみの気持ちを伝えます。


弔電にも文例があるので、
「お悔やみ○○○番」などと、申し込む事もできますよ!


Sponsored Link

お葬式の弔電のマナー

お葬式に送る「弔電」の場合、
多少、「通常の電報」とは異なりますよね。


例えば、
ご家族ではなく、故人と関係があった場合、
気持ち的には、「亡くなった故人」に送る感覚ではないですか?

ところが、本人は亡くなっているし …


弔電の宛名

 弔電の宛名を故人の名前で送るのは マナー違反です!


「弔電」は、基本的に 喪主宛に送るものですが、
喪主の名前が分からなければ、「故○○○○様御遺族様」とします。


喪主が不明な場合は、
故人のフルネームを書き、「御遺族様」「遺族御一同様」とします。


弔電での敬称

弔電の文面のマナーにも、注意が必要です!

文面で使う敬称には、「言い換え」があるので、
この言い換えを、使用するようにしましょう。

敬称 言い換え
祖父 ご祖父様
おじい様
祖母 ご祖母様
おばあ様
ご尊父様
お父様
ご母堂様
お母様
ご主人様
ご夫君様
奥様
ご令室様
息子 ご令息様
ご子息様
ご令嬢様
ご息女様
姉・兄 御姉様・御兄様
(または 名前「○○様」)
弟・妹 御妹様・御弟様、
(または 名前「○○様」)


弔電での注意点

他にも、弔電を送る際には、

  • 弔電で使ってはいけない言葉
  • 葬儀の宗派(仏教用語)

などに 気をつける様、心がけておきましょう。


弔電で使ってはいけない言葉

葬式や葬儀はもちろん、
弔電を送る際にも、「忌み言葉(いみことば)」は、
使用しないのがマナーです。

お葬式の弔電のマナー


忌み言葉とは、
「不吉な意味を連想させる言葉」です。

死や不幸がくり返されることのないよう、縁起を重んじるためです。


【忌み言葉の例】

・「重ね重ね」「たびたび」「またまた」「しばしば」
・「再三」「再び」「重ねて」「続いて」


葬儀の宗派

日本では、仏式の葬儀が主流ですが、
「葬儀の宗派」にも、注意が必要ですね。

うっかり忘れがちなのは、
神式や キリスト教式の葬儀では、「仏教用語を使わない」ということです。

  • 「お悔やみ」
  • 「冥福」
  • 「成仏」
  • 「供養」
  • 「弔う」  という言葉は、仏教用語です。



神式や、キリスト教式の葬儀に、
「このような文言の入った電報を送る」のはタブーです!


故人や遺族の信仰をないがしろにする、
「失礼な行為」にあたるので、ぜひ 注意が必要ですね。


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2016/10/14 行事・イベント , , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑