枕の素材の種類!あなたにあった特徴の枕はコレ!

公開日: : 最終更新日: 2016/01/31 ショッピング, 生活・暮らし , , 約 7分

愛用の枕の素材って、何を使ってますか?

どうして、
その素材の枕を使っているのか、はっきり言えますか?

枕の素材の種類!あなたにあった特徴の枕はコレ!

「やっぱり、枕はそばがらに限るネ!
今の枕だって、10年は愛用してるゼ~!」

って!?

枕にも寿命があるんです!

なかでも、
そばがら素材の枕は、寿命がけっこう短いんですよ d^^)


そんなにも、長い間使っているんであれば、
「そばがら枕」じゃなくって、それはもう「害虫枕」です!


「マ、マジか ,,, (ガァーン)



という訳で、
前回の「枕の高さ」に続き、今回は『枕の素材』です♪

素材の種類と、
それぞれの素材の特徴(長所・短所・寿命)などを、ご紹介します。


Sponsored Link


枕選び 3つのポイント

まずは、良い枕を選ぶための条件として、
次の「3つのポイント」に注意してみてください!

「寝心地が良いこと!」

眠っている間、まったく枕を意識しないでいられること。
そして、楽に呼吸できることが、まず第1の条件です。
「頭に熱がこもらないこと!」

頭に熱がこもって、温度が上がり過ぎると、
脳の機能は低下します。
ぐっすり眠るためには、
通気性・吸放湿性に優れた素材の枕が最適です。
「寝返りに対応できること!」

寝返りは、うっ血を防ぐために、体が要求する自然の動作です。
寝返りを妨げない様に、
頭が沈み過ぎず、中身が偏らない枕を選びましょう。
枕の横幅は、最低でも肩幅分は必要です。


Sponsored Link

枕の素材の種類

「良い枕を選ぶ3つのポイント」を紹介しましたが、
「良い枕」「自分にあった枕」って、違いますよね♪

良い枕が、
必ずしも「あなたにあった枕」とは限りません!


では、次に何を考えたらよいのか?!

それは、

「リラックスできる素材を選ぶこと」です!


リラックスできるかどうかも、
もちろん、人それぞれ違うと思います。

見たり触ったりするだけでなく、
「感触を確かめてみること」も大切です♪


これは、次の動画でも説明されています。


自分にあった枕の高さの選び方 ≫


枕の素材の種類と特徴


それでは、枕の素材の種類と、
それぞれの素材の特徴を見てみましょう。

低反発ウレタン素材  寿命:2~3年

「血行を促し、首や肩を優しく包み込む!」

体重と体温に反応し、ゆっくり沈むことで、
体の圧力を一点に集中させず、分散させます。


長所:
柔軟性に優れ、利用する人の体型や寝姿勢に合わせてフィットし、
体圧分散効果で、負担を軽減させる!

短所:
寒くなると硬くなり、逆に、夏には熱がこもりやすく蒸れやすい!

「高反発ウレタンは、四季を通じて硬さが変わらない!」


羽根・フェザー素材  寿命:1年

「吸湿性があり、同時に湿気を放散する!」

通気性も良く、吸湿・保温・発散性に優れているので、
夏は涼しく、冬は暖かいという天然素材ならではの利点があります。


長所:
保温性に優れていて、蒸れにくい!

短所:
安価なものは、羽根素材独特の臭いがある!
(枕の中から素材がでてくることもある!)

「お子様の使用は避けたほうが良い!」


ポリエステル綿素材  寿命:1~2年

「手洗いができるので衛生的!」

ふんわり柔らかく、クッション性に優れ、
軽量・安価な素材として重宝されています。


長所:
ボリューム感があり、弾力性・保温性がある!

短所:
使用しているうちに、弾力性が失われ、ボリューム感がなくなってくる!
ホコリなどが溜まりやすい!


パンヤ(木綿)素材  寿命:2~3年

「天然素材で、弾力性がある!」

頭になじむ柔らかさで、吸湿性に優れています。


長所:
へたりが早いが、天日で干すと元のふっくらした状態に戻る!

短所:
ヘタると通気性が悪くなり、熱がこもりやすくて蒸れを感じる!


ビーズ素材  寿命:4~5年

「通気性がよく、一部商品では水洗いができる!」

独特の触り心地が最大の特徴で、ビーズが不思議な感触を生み出します。
また、超極小なため柔軟に変形します。


長所:
つぶれても復元力があり、柔軟性・流動性に優れている!

短所:
熱がこもりやすい!
流動性があることにより、安定感がないと感じる人もいる!

「硬めの枕が好きな人には向かない!」


そばがら素材  寿命:1年

「弾力性があり、蒸れにくい!」

通気性や吸湿性に優れ、寝ている間の余分な熱を外に逃がし、
汗などの、余分な水分を吸収してくれます。
また、価格も比較的安価でボリューム感もあります。


長所:
通気性・放熱性に優れていて、蒸れにくい!

短所:
使用しているうちに、そばがらがつぶれて粉が出ることがある!
天然のそばがら素材の場合、
天日干しをせずに湿気の高いところで長時間保管すると、夏場は虫がわくことがある!

「喘息やアレルギーのある人は避けたほうが良い!」


パイプ素材  寿命:4~5年

「指圧効果もあり、手洗いもできる!」

通気性が抜群で虫の心配もなく、水洗いもできるので清潔です。


長所:
耐久性に優れている!
通気性があり、ホコリや虫がつく心配がない!

短所:
一見涼しそうだが、意外に夏は暑く、吸湿性がない!
大きくて硬めのパイプは、ゴツゴツした感じがある!

「柔らかめの枕が好きな人には向かない!」


備長炭・竹炭素材  寿命:4~5年

「汗や臭いを取り除き、脱臭・消臭効果がある!」

遠赤外線効果で、肩こりや冷え性の改善が期待できます。
また、空気を清浄化し快適な環境を作ります。


長所:
炭の特徴である「抗菌脱臭」「遠赤外線」「調湿」効果が期待できる!

短所:
重量があり、ゴツゴツした感じで、あわない人も多いかも!

「柔らかい枕が好きな人には向かない!」


ヒノキ素材  寿命:1年

「香りがよく、虫もつきにくい!」

硬めの寝心地で、ヒノキの香りに含まれるフィトンチッドで、
リラクゼーション効果があります。


長所:
天然ヒノキによる防湿・防カビ効果があり、独特の香りが安眠をサポート!

短所:
値段が高めで、1ヶ月ほどで香りが抜けてしまう!

「柔らかい枕が好きな人には向かない!」


特徴による枕の素材選び

特徴による枕の素材選び

枕の好みは、人それぞれ違っていますし、
重視する点も、もちろん違いますよね!?

素材による特徴で、ピックアップしてみましたので、
好みの枕を選ぶ際の、参考にしてみてください♪

  • 硬さが気になる!

    • 硬めの枕が好き
      パイプ・そばがら・ヒノキ など
    • 柔らかい枕が好き
      ポリエステル綿・羽根(フェザー)・低反発ウレタン など

  • においが気になる!

    • 無臭の枕
      ポリエステル綿・パイプ など
    • よい香りの枕
      ヒノキ・そばがら など
    • 臭う枕
      羽根(フェザー)・低反発ウレタン(使い始めのみ) など

  • 通気性が気になる!

    • 通気性が良く 熱がこもりづらい枕
      パイプ・そばがら・ヒノキ・羽根(フェザー)など
    • 通気性が悪く 熱がこもりやすい枕
      低反発ウレタン・ビーズ・ポリエステル綿 など

  • 害虫が気になる!

    • 虫がつきやすい枕
      そばがら・羽根(フェザー)など
    • 虫がつきにくい枕
      パイプ・ポリエステル綿・ウレタン など




管理人もそうなんですが …

肩こり首痛で悩んでいる人は、
ポリエステルビーズウレタンなど、化学繊維の枕を使用していませんか?


ポリエステルやビーズ・ウレタンなどの枕は、
吸湿性や、発散性がほとんどありません。


そんな人には、
薬品・樹脂を一切使用していない、天然素材をおすすめします。

なかでも、
常時、体温を調節している「動物繊維」のほうが、
人間にとっても、優れた効果を発揮します。


肩こり・首痛の人には、羽根枕がおすすめ」です!


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2016/01/31 ショッピング, 生活・暮らし , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑