父の日のプレゼントの選び方!裏技は?5つの分類と2つの注意点!

母の日にプレゼントを贈って、ひと安心!

と思ったら、
もう、父の日がすぐそこに!!

わかってはいるんだけど、
毎年必ず味わう、この「プレゼントラッシュ」^^;

父の日のプレゼントの選び方!裏技は?5つの分類と2つの注意点!

母の日を、横目に見ていた父親は、
「来月はオレの番!」と、さぞかし期待していると思われ、

父の日のプレゼント選びには、
輪をかけて、プレッシャーが襲撃してきます。

「プレゼントラッシュ」からの「プレゼント選びプレッシャー」という、
プロレス技の様な「プレゼントスパイラル」を、
なんとか、跳ね除けなければなりません。


「プレゼント選びスパイラル」を脱出するための、
管理人直伝父の日のプレゼントの選び方を、
伝承して進ぜませう!(旧 仮名遣い)^^

プロレスなのか、侍なのか、どっちかにせい!
(プロレスラーに、エル・サムライってのもいたけど!笑)


Sponsored Link


父の日のプレゼントの選び方

プレゼントを選ぶ時に、
事前に商品を決めておいて、比較して選ぶ事がありますよね!?

逆に、管理人は、
あえてターゲットを決めずに、購入に出かけることもあります。

ただ、
その際には、「プレゼントのジャンル」を絞ります。


「プレゼントのジャンルって?」
と思う人も、中にはいるかもしれません。

難しい事でもなんでもなくて、
誰でも、無意識のうちに考えている事だと思います。

でも、それを意識的に行って、
「ターゲット商品の絞り込み」に使うんです!


プレゼント選び「5つのジャンル分類」

管理人的プレゼントの選び方を挙げると、
以下の「5つのジャンル」のうち、
どれか(またはいくつか)に分類されます。d^^


では、次からは、
それぞれを、もう少し詳しく説明していきますね♪


Sponsored Link

A. 「日常的に普段使う系」

これは、実用を第1の目的としたモノです。

「普段から使っているモノの買い換え」とか、
プレゼントなので、
「同じ用途のワンランク上のモノ」とかが、
この「日常的に普段使う系」に、分類されます。


このジャンルは、いわば「王道」
商品を選ぶのも、比較的簡単ですよね♪


B. 「あると嬉しいが、買ってまでは要らない系」

これは、ちょっと表現が難しいんですが … 

「使ってみたいけど、すぐに使わなくなると勿体ない」とか、
「ちょっと欲しいけど、この金額を出してまで..」とかが、
この「あると嬉しいが、買ってまでは要らない系」に、分類されます。


なので、このジャンルは、
「プレゼントにはもってこいの商品!」が、たくさんありますよ♪


C. 「是非とも使って欲しい系」

別名「自分のセンスをちょっと押しつける系」ですね(笑)

「いつも使ってるけど、それはちょっと…」とか、
「こんなの持ってたらオシャレなのに!」とかが、
この「是非とも使って欲しい系」に、分類されます。


これは、
「せっかく貰ったから使わないと」の心理を、ちょっと悪用して、
自分好みの父親に近づける、中級テクニックかな!?


D. 「話題系・目新しい系」

これは、そのままですね!

「最近これ流行ってるよね」とか、
「これ、TVでやってたヤツ!」とかが、
この「話題系・目新しい系」に、分類されます。

実は、
「自分が使ってみたかった商品の試しに!」という意図も!(悪)


Bの「あると嬉しいが、買ってまでは要らない系」や、
Cの「是非とも使って欲しい系」とカブる場合もあります。


E. 「サプライズ的要素の強い系」

話題作りや、笑いのための要素が強く、
「実用的かどうかは2の次」の商品ですね♪

いわゆる「出オチ系」

「なにコレ?!笑える!」とか、
「こんなおもしろそうなモノ見つけた!」とかが、
この「サプライズ的要素の強い系」に、分類されます。


この手のプレゼントは、
贈られる側の、お父さんの性格などにもよるので、
一概に、おすすめはできませんが …


父の日のプレゼント選び「5つのジャンル分類」


プレゼント選び「2つの注意点」

プレゼントを選ぶ時に、
「注意しておきたい事」が、2つあります。

意外とやってしまいがちな事なので、
意識的に、注意しておくことが必要ですよっ!


その1. 貰う側の気持ちを第1に考える!


「貰う側の気持ちを第1に考える!」

貰う側は、当然… お父さんですよね♪


「そんなの当然じゃん!」って思うでしょうが…

わかっていても案外、
「独りよがり」というか、「自分中心の都合」で選んでしまいがちですね。


そういう意味でも、
上述の「5つのジャンル分類」を、
贈る相手によって、使い分けましょう♪


その2. プレゼントをネットで探さない!


「プレゼントをネットで探さない!」


最近は、とっても便利になって、
インターネットでの購入も、多くなってきてますよね♪

しかし、
「何を贈ろうか…」と、ネットを開くのは危険です!


ネットには情報が多すぎて、逆に迷ってしまい、
それこそ、
「プレゼント選び 負のスパイラル固め」をくらってしまいます。


父の日のプレゼントをネットで探す!?


あっ、
けっして「ネットで買うな!」って意味じゃないですよ!

ネットを開くのは、
「商品が明確に決まっている時」のみです!

具体的には、

  • 目星をつけた商品の、口コミやレビューを確認!
  • 決めた商品の価格をチェック!

の目的で、ネット検索しましょう♪


プレゼントの選びの「裏技」

「裏技」ってのは、ちょっと大袈裟かなっ?!

「狙い目」って言ったほうが、ピッタリかも!

まぁ、どっちでもいいんですが、
「最後のおまけ」程度に読んでいただければと ^^;



父の日をはじめ、期日があるプレゼント商品は、
大きく2つに分ける事ができます。


その2つとは、

  1. イベントにあわせて売られている「通常商品」

    「通常でも販売されている商品」を、イベントと絡めて、
    関連性を持たせたり、パッケージされるなどして、
    イベント時の販売に便乗させた商品。


  2. イベントのために作られた「特別商品」

    「そのイベントのためだけに作られた商品」はもちろん、
    通常商品に、ラベルなどの特別加工した商品など。


「1」の 通常商品は、
イベントが終わっても、通常販売できます。

対して、
「2」の 特別商品の場合は、
イベントが終わると価値が薄れる、いわば期限付 限定商品


期限付 限定商品は、価値がなくなってしまうため、
値下げしてでも、売り切ってしまう必要があります。



プレゼントを贈る日(渡す日)・目的・価格・サイズなど…

もし、条件が許すのであれば、
これらの特別商品(期限付 限定商品)を、
積極的に狙ってみるのも、結構オイシイですよ!


あっ!
父の日のプレゼント用じゃなくって、
「友人に!」とか「自分用で!」ってのも もちろんアリですよ♪
(実は、こっちの目的のほうが多い ^^


Sponsored Link

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑