糖質ゼロと糖類ゼロの違い!炭水化物は?迷ったら選ぶのはこっち!

公開日: : 最終更新日: 2015/06/03 フード・ドリンク , 約 4分

糖分をおさえたい場合、
糖質ゼロ糖類ゼロの、どちらを選びますか?


「その理由が、明確に言えますか?」

糖質ゼロと糖類ゼロの違い!炭水化物は?迷ったら選ぶのはこっち!

ビールなんかでよく見る、
「糖質ゼロ」とか「糖類ゼロ」の表示!

最近、特に多いですよね♪

この2つの違い

  • 「同じようなモノと思っている人」 や、
  • 「間違った認識をしている人」 も、意外に多いんです。



糖分が少ないのはどっち!?

もし、自信を持って答えられなければ、
糖質ゼロと糖類ゼロの違い
さらに、炭水化物も含めて しっかり認識しておきましょう!


Sponsored Link


糖質と糖類とは

糖質と糖類は、
ひと言で、簡単に言ってしまうと、
実は、どちらも「炭水化物」の一部なんです。

でも、炭水化物の中「糖質」があって、
さらに、糖質の中に「糖類」があるんです。


では、
それぞれを、もうすこし詳しくみてみましょう。


糖質とは

「糖質」は、広義的には「炭水化物」とほぼ同義です。

正確には、
「炭水化物から、食物繊維を除いたもの」の総称です。

「栄養表示基準」では、
総重量の中で、水分・アルコール・たんぱく質・脂質・ミネラル・食物繊維の
いずれにも分類されないものは『糖質』となっています。


糖類とは

「糖類」は、「単糖類・二糖類」の総称です。

おそらく、多くの人がイメージする
砂糖のイメージに近いのは、この「糖類」ですね。


Sponsored Link

糖質と糖類・炭水化物の違い

糖質糖類、それぞれはわかりましたよね!?

では次に、
糖質・糖類に炭水化物を含めて、関係を見ていきましょう!

【炭水化物】= 総重量 -(水分+タンパク質+ミネラル+アルコール)
      = 食物繊維 + 糖質

食物繊維:ポリデキストロース・セルロース・難消化デキストリンなど

【糖質】炭水化物 - 食物繊維
    = 糖類 + 三糖類以上の多糖類 + 糖アルコール + その他

糖類以上の多糖類:オリゴ糖・デキストリン・でんぷんなど

糖アルコール:還元麦芽糖水飴・エリスリトール・キシリトール・マルチトールなど

その他:アセスルファムK・スクラロース(甘味料)・クエン酸・クエン酸ナトリウム(酸味料)など

【糖類】単糖類 + 二糖類

二糖類:砂糖・乳糖・麦芽糖など

単糖類:ブドウ糖・果糖など


どうですか?

えっ?
わかったつもりの糖質と糖類が、「?」になったって!?


では、
もっと違いがわかりやすい様に、図で確認してみましょう♪

栄養表示基準による糖質ゼロと糖類ゼロの違い

こんな感じです!

これで、
炭水化物を含め糖質と糖類の違いもバッチリですね!


糖質ゼロと糖類ゼロ

次に、「糖質ゼロ」「糖類ゼロ」ですが、
「糖質と糖類の違い」はバッチリな筈なので、もう簡単ですよね!?

あれ!
今、目を逸らせませんでした?

ちょっぴり、不安なあなたは、

単糖類 + 二糖類 = 糖類
糖類 +(多糖類 + 糖アルコール + その他)= 糖質
糖質 + 食物繊維 = 炭水化物

と、さっきの「図」をじっくり見て、
もう一度、よ~く確認しておいてくださいね♪


先に進みますよ!


「糖質ゼロ」「糖類ゼロ」の表示基準

次は、『ゼロの表示』についてです。

健康増進法に基づく「栄養表示基準」では、

糖質・糖類ともに、
「100mlあたり0.5g未満であればゼロ表示が可能」

となっています。

つまり、
基準値内で、糖類や甘味料を使用した場合には、
「糖質ゼロ」「糖類ゼロ」ともに表示可能なんです。

という事は、
「ゼロ」と書いてあっても、「ゼロではない」のです!


糖質ゼロと糖類ゼロの違い

「糖質ゼロ」と「糖類ゼロ」の表示は、

  • 糖類の使用を避け、甘味料を用いることで「糖類ゼロ」表示

  • 糖アルコールや甘味料を使わず、ゼロ表示への基準値内で
    糖類を使用することで「糖質ゼロ」表示

されているんです。

具体的には、以下が考えられます。

【糖質ゼロ】
  • ゼロ表示への基準値内の糖類を使用
  • ゼロ表示への基準値内の甘味料を使用
  • ゼロ表示への基準値内の糖類+甘味料を使用

【糖類ゼロ】
  • 添加物としての基準値内の甘味料を使用
  • ゼロ表示への基準値内の糖類を使用


では、
「糖類ゼロ」と「糖質ゼロ」で迷ったら、
どちらを選んだらいいか?

もうわかりますよね!

糖質ゼロと糖類ゼロの違い

甘さを少なくしたいのであれば、
糖類や甘味料まで、少なく制限できる「糖質ゼロ」です!


いわゆる人工甘味料として使われるものは、
「糖質ではあるが、糖類には入らない」もの。

「糖類ゼロ」と表示されている商品には、
甘味づけとして、人工甘味料が使われ、糖質が入っている事もあります。

ですので、

「糖質ゼロ」のほうが、「糖類ゼロ」よりも 糖が少ない

のです。


あっ、あと「無糖」なんですが、
ブラックコーヒーで、よく見かける表示ですよね!


ブラックコーヒーには、
糖類や糖質が、使われていないだけでなく、
「もともと含まれていない」という意味なんです。


ですので、
今回の様な「糖質ゼロ」「糖類ゼロ」商品には、
『無糖』を表示することはできないんです。


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2015/06/03 フード・ドリンク ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑