母の日のカーネーションの由来!色の意味は?!

公開日: : 行事・イベント , 約 4分

母の日と言えば、赤いカーネーション♪

なぜ カーネーションなの?
どうして 色は赤なの?
そもそも 母の日とは?

母の日のカーネーションの由来について、詳しく紹介します♪

母の日のカーネーションの由来!色の意味は?!

「母の日に花を贈る!」

現在では、
花の種類に、それほどこだわらなくなっている傾向にありますが …

「母の日の花」といえば、「カーネーション」と、
おそらく、ほとんどの人が答えると思います!

では、「なぜ、カーネーションなんでしょう!?」


Sponsored Link


母の日とカーネーションの由来

「母の日になぜカーネーションを贈るのか?」

これを知るためには、まずは、
「そもそも、母の日の由来」を、知る必要があります!


母の日の由来とは

母の日の由来とは?

「母の日の由来」とされることは、いくつかあります。

  • 古代ローマで、神々の母 リーアに感謝するための春祭りが行われていた

  • 17世紀のイギリスで、
    復活祭(イースター)の40日前の日曜日を、「マザーズ・サンデー」とし、
    母親と過ごすために、出稼ぎ労働者を里帰りさせていた


これらは、「由来のひとつ」とされるものです。


では次に、
「母の日の由来の定説となっているものを、見てみましょう。

1908年のアメリカで、
亡くなったお母さん(1905年5月9日 没)を追悼するため、
娘のアンナ・ジャービスが、フィラデルフィアの教会で、
亡き母が好きだった「白いカーネーション」を、追悼式の参加者に配りました。

これが 5月10日のことで、5月の第2日曜日だったんです。


「母の日」が、アメリカで制定されたのは 1914年で、
5月の第2日曜日を、国民の祝日となりました 。

日本では、
1947年(昭和22年)に、5月の第2日曜日が「母の日」と制定されました。


母の日のカーネーションの由来とは

カーネーションの由来は、
十字架にかけられたキリストを見送った
「聖母マリアが、落とした涙から生じた花」だと言われていて、
「母と子」「母性愛」を象徴する花です。

白いカーネーションは、
十字架にかけられる前のキリストとマリアを、
赤いカーネーションは、
キリストの体から散った血の色や、復活したキリストを象徴しています。



アンナのお母さん(ミセス・ジャービス)は、
そんなカーネーションを、好んだことから、
その追悼式に捧げられ、母の日のシンボルとなりました。


Sponsored Link

カーネーションの色と意味

1908年の追悼式で、カーネーションを配った後も、
アンナは、「母に感謝する日を祝日にする普及運動」を続けています。

その際、
「存命する母親を持つ人は、赤いカーネーションを、
「母親を亡くした人は、白いカーネーションを、自分の胸に着けるようになりました。


この風習が、時の流れと共に、
「母親にカーネーションの花を贈る習慣」へと、変わっていったのです。


母の日のカーネーションの色

こうして、

  • 母親が健在な人は「赤いカーネーション」を、
  • 母親を亡くした人は「白いカーネーション」を、

母の日に贈る習慣へと、変化して定着しました。

日本でも、母の日が普及した当初は、
母親のいる子は「赤」、いない子は「白」と、色を区別していました。

しかし!
カーネーションの色を区別することで、
「子供の心が傷つく懸念や、養母に育てられた子供の気持ちに配慮」して、
1960年からは、赤一色に統一されたんです。


カーネーションの色による意味

現在では、様々な色のカーネーションがあり
「赤にこだわらなくともいい」という風潮もあります。

最近は、
ピンクやオレンジなどの、カーネーションも人気ですね♪


カーネーションの色による意味とは?

花による意味、いわゆる「花言葉」は知っていると思いますが、
カーネーションの「色」によって、違う意味があるんです d^^

【カーネーションの色による意味】

  • 「真実の愛」「愛情」「熱烈な愛」「母への愛」
  • 濃い赤「私の心に悲しみを」「欲望」「情熱」
  • ピンク「感謝」「上品・気品」「暖かい心」「熱愛」
  • オレンジ「純粋な愛」「清らかな慕情」「感動」「集団美」
  • 黄色「軽蔑」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」「友情」
  • 「尊敬」「純潔の愛」「亡き母を偲ぶ」
  • 「誇り」「気品」
  • 「永遠の幸福」



どうです!?
色によって、かなり意味合いが違いますよね!

もし、迷ったのなら、
「カーネーションの色の意味」を参考にして、色を選んでみましょう♪


母の日の場合、
濃い赤・黄色・白は、ネガティブな意味合いを持っているので、
できれば、避けたほうがよいかもしれませんね!


母の日のカーネーション「まとめ」

母の日のカーネーションについて、
由来から色の意味まで、流れにのって ズラーっと紹介しました。

最後に、お復習いを兼ねて、
超簡単に、要点をまとめておきましょう♪

  • 母の日は、アンナが追悼式をした事が始まり!
  • 母の日のカーネーションは、
    アンナが、亡き母に白のカーネーションを贈った事が始まり!
  • カーネーションの色は、
    「存命は赤」「故人は白」と、アンナの提唱で始まった!
  • 日本では1960年に、母の日のカーネーションの色を「赤」に統一した!
  • 「濃い赤」「黄色」「白」のカーネーションは、ネガティブな意味を持つ!



これで、バッチリですねっ d^^;


Sponsored Link

公開日: : 行事・イベント ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑