右脳が活性化する!高速モーツァルトを聴くだけの超脳トレ!

公開日: : 最終更新日: 2014/11/16 語学・学習, 音楽 , 約 6分

脳トレには、
モーツァルトの音楽が、効果的です!

「なにを今ごろ言ってんの!」って?

いえいえ、今回の本題は ここから d^^

高速で聴くモーツァルト」が、
右脳の活性化に、効果があるんです。

しかも、超高速で!


超高速モーツァルト?

まじでかっ!?


Sponsored Link


そういえば以前、
胎児や赤ちゃんに、音楽を聴かせるという
「モーツァルト効果」が、話題になった事がありましたね。

残念ながら(?)
既に、大人になってしまったあなたには、
「高速モーツァルト」を、聴かせてあげましょう♪

高速モーツァルトは、潜在能力を開花させ、
「直感力」「ひらめき力」がアップしますよ!


右脳を活性化して全脳タイプの脳へ

脳の機能は、
部位によって異なることは、知ってますよね!

「左脳」は、
言語認識・計算・分析といった、論理的思考に優れています。

対して、「右脳」は、
感情情緒愛情・調和などを司ります。


このことから
一見「左脳を鍛えたほうが、頭が良くなる!」と思われがちですが、
実は、ちょっと違うんです。


右脳と左脳の役割

右脳には 情報を大量に記憶したり、
高速で処理したりする機能があります。

また、直感ひらめきを生み出し、
斬新な発想を、次々に形にしていく事も得意としています。


プロスポーツやビジネスで、
成功する人の多くが、実はこの右脳タイプなんです!


「頭が良くなりたい人」はもちろん、
「人生がうまくいかない!」
「人間関係がぎくしゃくする!」という人にも、
『右脳は重要なカギ』となります。


普段は眠っている右脳を活性化して、
左脳に偏った脳を、
「バランスの良い全脳タイプの脳」へと変えましょう♪


モーツァルト効果

退治教育や、ヒーリングミュージックとして、
根強い人気のモーツァルト。

勉強・情操教育・感情のコントロールにも、
モーツァルトは最適です。


単に、リラックスするために聴いてもいいし、
BGMとして流しておけば、
集中力がアップして、勉強もはかどります。

これらは「モーツァルト効果」と呼ばれ、
フランスの音響心理学者で耳鼻科医の
アルフレッド・トマティス博士の研究によって、注目を浴びるようになりました。


「モーツァルト効果」が得られるのは、
楽曲の素晴らしさはもちろん、
ピアノやバイオリンなどの「高周波を奏でる楽器」を中心に、
構成されているからとも、言われています。

高周波とは

人間は、20Hz(ヘルツ)から20000Hzまでの、
可聴範囲があると言われています。

高周波とは、5000Hzを超えるような高域の音です。

高周波をふんだんに含んだ、自然音や音楽には、
ヒーリングリラクゼーションなど、
心身の不調を解消したり、整えたりする効果がある事がわかっています。


Sponsored Link

高速モーツァルトで脳トレ!

これらの「モーツァルト効果」を、
さらにヴァージョンアップさせたのが、「高速モーツァルト」です!

モーツァルトを聴く速度を、変化させる事で、
普段は眠っている「右脳」を、目覚めさせるのです♪

高速モーツァルトで右脳を活性化!

こんな人にお勧め!

  • 短時間でリラックスしたい!

  • てきぱきと仕事を片付けたい!

  • 頭の回転を速くしたい!

  • 構想を練る、企画力を高めたい!

  • 直感・ひらめき・素晴らしいアイデアが欲しい!

  • 直感的な判断が必要!


超高速モーツァルト

脳の栄養となる高周波に、
「ハイスピード」という、
右脳が大好きな刺激を加えたのが、「超高速モーツァルト」です。


モーツァルトの名曲「ディヴェルティメント ニ長調 K136」を、
通常速度から始まり、
2倍速・4倍速・8倍速・16倍速・32倍速で聴きます。

普段の生活の中で、
ハイスピードの刺激というのは、ほとんどありませんよね?


この「超高速モーツァルト」を聴けば、
自然に右脳が刺激されて、能力が開花してくるのです!


「百聞は一見に如かず」じゃなくって、
「百見は一聴に如かず」ってことで、

さっそく、試しに聴いてみてください♪(2倍速/4倍速/8倍速が聴けます。)
※念のため、体調の悪い方や 持病のある方は聴かないでください。



最初は、
聴き取れなくても、心配入りません。(T_T)

それどころか、
「聴き取れているか?」なんて、考える必要もないですよ!

頭で考えるんじゃなくって、
湧き上がってくる新鮮な感覚や、感性を大切にしてくださいね♪

  • 通常速
    リラクゼーション効果が高いので、
    リラックスしたい時に オススメです。

  • 2倍速 / 4倍速
    単純作業を、リズムよく片付けたい時に オススメです。
    また、
    BGMとして、リピートして流しても良いですね。

  • 8倍速 / 16倍速
    何かを考える時に ピッタリです。
    「ベストな答え」が見つかります。

  • 32倍速
    一瞬で、脳のスイッチが切り替わり、
    「直感」「ひらめき」を与えてくれます。


    1. 静かにリラックスできる場所で、
      [32倍速]で、何度も繰り返し聴いてください。

    2. その時に思いついたアイデアなどを、
      素早く、紙に書き出してみます。

    3. 次に、[2倍速]を聴きながら、
      書き出した項目を、1つ1つ具体的にまとめてみると、
      更に効果的です。


超高速で右脳スイッチON!

超高速というのは、右脳の情報処理スタイルです。

例えば、
そろばんの達人は、億単位の計算を暗算で行いますが、
あれは、頭の中のそろばんを猛スピードではじいているから。

逆に、ゆっくり問題を出されると、
頭の中のそろばんが崩れて、イメージできなくなるそうです。


右脳を活性化して「直感力」や「ひらめき力」をアップ!

これが、
右脳の「イメージ化機能」「超高速自動処理機能」で、
『誰もが持っている潜在能力』の1つなんです!


超脳トレで右脳を活性化

右脳が活性化すると、すべての行動が速くなります。

仕事や家事が、段取り良くサクサク片付き、
子供に聴かせると、
宿題や朝のしたくを、てきぱき終わらせるようになります。


右脳の機能には、

  • イメージ化機能
  • 高速自動処理機能
  • 高速大量記憶機能
  • 共振共鳴機能

がありますが、
1つでもスイッチが入ると、右脳全体が活性化します。

つまり、
ハイスピードの刺激で、高速自動処理機能がオンになると、
他の3つの機能もオンになるんです。


記憶力や、判断力といった、
仕事や、成績に直結するものから、
コミュニケーション能力という、
「目に見えにくいスキル」まで上げていくのが、この「超脳トレ」です。

超高速モーツァルトを聴けば、
右脳モードに、一気に切り替える事ができます。


現代人のほとんどは、左脳に偏っていますから、
「超高速モーツァルト」で、右脳を活性化させて、
バランスの良い全脳タイプの脳へと変えましょう♪


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2014/11/16 語学・学習, 音楽 ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑