冬が旬の野菜!栄養士が選んだ冬野菜ランキング Best7♪

公開日: : 最終更新日: 2015/04/25 フード・ドリンク , , , 約 5分

冬の食べ物といえば、「カキ」「蟹」「ブリ」、
それに、「鴨」や「みかん」なんかもありますね!

冬が旬の野菜といえば、やっぱり「大根」
それと、あとは「白菜」

あとは …

・・・・・ ^^;

冬が旬の野菜!栄養士が選んだ冬野菜ランキング Best7♪

冬が旬の美味しい食べ物は、たくさんありますが、
「冬の野菜」となると、なかなか思い浮かびません。

野菜は、あまりメインになることがない食材ですが、
食のバランス栄養面においては、重要な食材です。


なにかと 体が不調になりやすい、寒い冬の時期、
野菜から、充分な栄養を摂ることは、
健康を保つ上で、必要不可欠となります。


幸いなことに、
管理人の知人に、管理栄養士がいますので、
冬の野菜について、いろいろ尋ねてみました。

意外な話も、たくさん聞けたので …
おすすめのポイントや、注意点などを紹介しながら、
「ランキング形式」にしてみました♪

栄養士が選んだ冬が旬の野菜 Best7です!


Sponsored Link


栄養士が選んだ冬が旬の野菜

「管理栄養士が厳選した、冬が旬の野菜!」

特に、冬の時期に有効な野菜の栄養
どうしたら、その栄養を効果的に摂れるのか?

普段やってしまいがちな、
もったいない調理方法なども、いっしょに見ていきましょう。


冬が旬の野菜ランキング

では さっそく、
栄養士が選んだ「冬が旬の野菜ランキング Best7」の発表です♪

冬が旬の野菜!栄養士が選んだ冬野菜ランキング Best7♪


まずは、第7位から …

第7位 山芋 「冬の胃もたれ対策に!」

  • [Point!] 消化酵素が豊富に含まれる!
    大根に含まれるジアスターゼ(消化酵素)は、
    山芋に含まれる量のほうが、格段に多い(約2倍)。

  • [Check!] 山芋は生で食べる!
    糖タンパク質(ネバネバ成分)が、
    胃の粘膜を、保護してくれる働きがある。


第6位 ブロッコリー 「冬の肌荒れ対策に!」

  • [Point!] 肌のハリや シミ予防の効果!
    肌の炎症を抑えたり、新しい肌を作るための栄養素、
    ビオチン(美容のビタミン)が豊富に含まれる。

  • [Check!] 茹でるより、蒸すか電子レンジで調理!
    茹でると、ブロッコリーの中に残る、
    ビタミンB群・ビタミンCが、半分以下になってしまいます。

  • [Check!] 緑色の濃いものを選ぶ!
    つぼみがギュッっとしまっていて、黄色くなっていない、
    緑色の濃いブロッコリーを、選ぶようにしましょう。


第5位 大根 「体調不良・高血圧対策に!」

  • [Point!] 血管疾患の発症予防に!
    不足すると、高血圧・動脈硬化などの一因となる、
    カルシウムが、多く含まれています。

  • [Check!] 大根の葉はミネラルが豊富!
    カルシウム・鉄・カリウム・マグネシウムなどのミネラルは、
    普段食べている、大根の根(白い部分)に比べて、
    大根の葉のほうが、豊富に含まれています。


第4位 まいたけ 「二日酔い対策に!」

  • [Point!] 忘年会シーズン、飲み会の救世主!
    アルコールの代謝や、二日酔いの原因物質、
    アセトアルデヒドの分解を助ける、ナイアシンが含まれています。

    また、ナイアシンは、精神疾患の治療にも使われていますので、
    ストレスなどにも、効果があると言われています。

  • [Check!] 炒めるか焼いて食べるのがおすすめ!
    ナイアシンやビタミンB群は、水溶性のビタミンなので、
    茹でると、半分以下(ナイアシンは3分の1)に減少してしまいます。


Sponsored Link

冬が旬の野菜ランキング Best3

「冬が旬の野菜ランキング」、続いて Best3の発表です♪

冬が旬の野菜ランキング 第3位「ごぼう」

第3位 ごぼう 「冬太り対策に!」

  • [Point!] 余分な脂質を排出してくれる!
    ごぼうに含まれる 水溶性食物繊維は、
    脂肪を吸着して、排出してくれる働きがあります。
    また、不溶性食物繊維は、
    腸の運動を刺激して、便の排出を助けてくれます。

  • [Check!] 水にさらすともったいない!
    病気や、肌の老化を防ぐ効果があるポリフェノールは、
    水にさらせばさらすほど、流出してしまいます。

  • [Check!] 皮を剥き過ぎるともったいない!
    ごぼうの皮には、食物繊維やミネラル、
    ポリフェノールなどが、豊富に含まれているので、
    できるだけ、皮を薄く剥くようにしましょう。


冬が旬の野菜ランキング 第2位「芽キャベツ」

第2位 芽キャベツ 「冬の冷え対策に!」

  • [Point!] タンパク質を効果的に消化吸収!
    食べたものが消化吸収される時には、熱を発生します。
    なかでも、
    大きな熱が生まれる、タンパク質の消化吸収を助ける、
    ビタミンB6が多く含まれているので、食事の後に体がポカポカしてきます。

  • [Point!] 寒い時期の免疫力がアップ!
    芽キャベツ100gで、
    1日に必要な量の1.6倍(160mg)の、ビタミンCが摂取できます。



冬が旬の野菜ランキング! いよいよ第1位の発表です♪

冬が旬の野菜ランキング 第1位「ほうれん草」

第1位 ほうれん草 「冬の風邪対策に!」

  • [Point!] 体の抵抗力を高める「抗酸化作用」!
    体の中で、必要な分だけビタミンAに変わって、
    体の抵抗力を高める効果があります。

  • [Point!] 病原菌やウイルスの侵入を防ぐ!
    皮膚や粘膜の潤いを保つ、β-カロテンが豊富に含まれています。
    また、鉄分やビタミンB群・ビタミンCも豊富に含まれています。

  • [Check!] 火を通し過ぎず 余熱で調理する!
    水溶性の栄養素が、解け出てしまうことなく、
    ほうれん草に含まれる栄養を、無駄なく採れます。




いかがでしたか?


冬の野菜から、栄養を効果的に摂って、
寒い冬の時期を、健康で乗り切りましょう!

そのためには、
ぜひ、これらを参考にしてみてくださいね♪


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2015/04/25 フード・ドリンク , , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑