年賀状を手書きデザインで!筆文字で簡単アート作品♪その裏技とは?

公開日: : 最終更新日: 2014/12/01 行事・イベント , , 約 5分

「パソコン印刷の年賀状には、もう飽きてきた~ ^^;

「今年の年賀状は、手書きで頑張るぞ~!」

「筆を使って書いた年賀状を、作ってみたいんだけど…」

でも、
何をどうやって書いたらいいのか、さっぱりわかんない…?


手書きの年賀状でも、
「デザインされたアートな作品」にする裏技を伝授します!

年賀状を手書きデザインで!筆文字で簡単アート作品♪

15年ほど前でしたら、
パソコンで作った年賀状を見ると、
思わず「おっ!」っと思った記憶があります。

でも、それが普通になった最近では、
手書きの年賀状のほうが、逆に新鮮に感じます。

「手書き風に見えるデザイン」の素材を使って、
自宅で印刷している人も、多いのではないでしょうか?

または、一部分だけ印刷を使い、
文章やメッセージは、手書きで書いているのでは?


一時押し寄せた「文明の波」も一段落して、
また時代を逆行する様に、
「心」を伝えるためのアナログが、見直されていますよね d^^


今回のテーマは、手書きの年賀状!

しかも、デザインするのは、
日本の伝統文化っぽい「筆書き」です♪


Sponsored Link


年賀状を手書きデザイン

年賀状を手書きでデザインする!

もう、おわかりですよねっ?
そぉ、筆文字です!

えっ? 書道の経験がないって!?

心配ご無用!


書道どころか、
なんとっ! 字自体に自信がなくても、簡単にできてしまうんですよ♪

しかも、筆で文字を書くだけで、
それ自体、既にアートな作品になってしまうという、
それが、今回紹介する「デザイン筆文字」です!


意外と簡単!デザイン筆文字

デザイン筆文字!?

聞いたことがないって?

ですよねっ。
管理人が、勝手にそう呼んでるだけですから ^^;


「デザイン筆文字って、どんな感じなの?」
「その筆文字って、どうやって書くの?」

前置きが長くなってしまいましたが、
さっそく、見ていくこととしましょう♪


デザイン筆文字の書き方

デザイン筆文字は、こんな感じです!

年賀状を手書きで!「デザイン筆文字」


これらの筆文字、
パッと見た感じ、一瞬 達筆で上手そうに見えません?

でも、よ〜く見ると、
かな〜り下手くそな筆文字なんです w


年賀状を手書きで!「デザイン筆文字サンプル」



ほらねっ!


だって、これらの文字は、
すべて左手で書いたんですからっ!^^;


「デザイン筆文字」の正体、
実は、「左手で書いた筆文字」なんです。


つまり、「利き手と反対の手で書いた文字」です!



勘のいい人なら、もうお気づきでしょうが…

「崩れ文字」というか、
絵でいうと「ヘタウマ」な感じを利用して、筆の文字でデザイン化しているんです♪


デザイン化といっても、
勝手にデザインっぽくなるだけですが w


右手では、ついつい無意識で微調整してしまうんですが、
「不器用な左手」で書くことによって、
調整するどころか、意図しない残念な結果となってしまいます。

その結果、
利き手で書いた時には、出すことのできない、
微妙なタッチや、バランスができあがります。

それを、大袈裟にデフォルメして書けば、
立派な「デザイン筆文字」のできあがり〜!!



利き手と反対の手で書く、この「デザイン筆文字」

慣れない最初は、ちょっとだけ難しく感じるかもしれませんが、
コツさえ掴めば、けっこう簡単に書ける様になりますよ♪


とは言っても、
「不器用なヘタウマ」をデザイン化しているので、
あまり上手く書ける様になってしまうと、普通の筆文字になってしまいますが… (笑)


Sponsored Link

デザイン筆文字を書くコツ

「ちょっと、やってみたいな~♪」とか、
「上手くできるのか?」って感じなら、
まずは、筆ペンで試してみてはどうですか?


デザイン筆文字を書くコツや、
段階ごとのポイントも、こっそり伝授しておきますねっ!

【初級編】

  • イメージが湧かない場合は、
    参考にしたい書体を、見ながら大袈裟に書く!

  • 上手くいかない場合は、鉛筆で薄く下書きするのもアリ!

  • 書道の毛筆で書くのが難しい場合は、筆ペンで!
    (「太くて柔らかめ」の筆ペンが Good!)

  • 全体の砕け感を、左手で書いたら、
    部分的に右手で書いたり、修正するのもアリ!

  • 上手く書こうと思わず、
    バランスの悪さや 太さのバラつきなどは、大いに強調する!

【中級編】

  • 書道で大切な「トメ」「ハネ」「ハライ」などは、一切気にせず、
    書き順どころか、線を書く方向までも無視して書く!

  • 文字を書くというより、絵を描くイメージで!
    (細かい部分は気にせずに、全体像をイメージして書く!)

    年賀状を手書きで!デザイン筆文字「羊」

  • 日本語にこだわらず、英語・カタカナなど 何でもOK!

    年賀状を手書きで!デザイン筆文字「Happy New Year」

  • 紙から文字をはみ出させるのもデザイン!
    きっちり収める必要はない! むしろ、その逆!

【上級編】

  • はがきを横向きにしたり、反対向きにしてみたり、
    書く紙の向きを、いろいろ変えて書いてみる!

  • 肘を浮かせて不安定な状態で書くと、より独特なタッチの線が書ける!

  • 大胆なタッチのデザインにしたい時は、柔らかめの太い筆を使う!
    逆に、細かい文字などは、硬めの筆で!(筆ペンもアリ!)


とにかく、何でもアリってことですっ ^^

あとは、
「あなたの発想と閃き次第」で、無限に可能性が膨らみます!


最後に

なんとなくですが、
書道は敷居が高いし、めんどくさいって感じがしません?

「筆ペンでできるなら~」と思い、
実は、筆ペンでも試してみたのですが、
管理人の場合、
「筆ペンのほうが、断然やりにくい!」という結果だったんです。
(「左手で書く感覚」の練習にはなりますが …)



おそらく、筆ペンの目的のひとつに、
「安定した筆遣いで書ける」という事があると思います。

これがネックとなって、
デザイン筆文字の生命線である「不安定さ」が、上手く出せないのです。

特に、はがきサイズの大きさだと、
筆ペンでは太さが足りないので、迫力がでませんでした!



「すでに すぐ使える筆ペンがある」という人なら、
書道用具を持っていても、おかしくないでしょう。

逆に、
「まず 筆ペンを買ってきて~」という人なら、
100均で 墨汁を買ってきて、とにかくやってみましょう♪

100均で売られている筆ペンでは、細めで硬い筆先のものが多いので、
書くのが難しいばかりか、いいイメージに仕上がりません …。


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2014/12/01 行事・イベント , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑