無料の年賀状アプリ!はがきデザインキットで写真入り年賀状を作成♪

公開日: : 最終更新日: 2014/12/01 PC・IT関連, 行事・イベント , , , , , 約 4分

写真入りの年賀状って、パソコンを使わずに作れるかな~?」

iPhoneの無料アプリで、できるよっ!」

「どの年賀状アプリを使ったらいいの?」

「・・・・・。」(実は使ったことない … ^^;


というワケで、無料の年賀状アプリを使って、
iPhoneだけで、写真入り年賀状を作ってみました♪

無料の年賀状アプリ「はがきデザインキット」

今回使用したのは、日本郵政グループの、
無料はがき作成アプリ「はがきデザインキット2015」です。

このアプリでの、
「年賀状作成の流れ」や、「このアプリでできること」
「連携させるとコレもできる」的なことを、
作ってみた感想をまじえながら、紹介していきます。


「今年は、スマホのアプリで年賀状を~」と考えているなら、
ぜひ、参考にしてみてください♪


Sponsored Link


はがきデザインキット2015でできること

「はがきデザインキット」は、
簡単に年賀状がつくれる、無料のスマホ用アプリです。

様々なデザインのテンプレートを使って、
直感的な操作で、誰でも写真入りの年賀状が作成できます。


無料の年賀状アプリ「はがきデザインキット」


イラストや、写真などが簡単に取り込め、
メッセージなどの挿入もできるので、
ステキなオリジナル年賀状を、デザインすることができます。


アプリで作成した年賀状は、画像として出力したり、
CONNECTIT が提供するネットプリントサービス、
「ネットで年賀状」を利用して、印刷・投函することもできるようになっています。

また、LINEと連携しているので、
アプリ内で作成した年賀状を、
LINEを通して、直接LINEの友達へ送ることができます。


アプリでの年賀状作成の流れ

ではさっそく、このアプリを使った、
「年賀状作成の流れ」をみてみましょう♪

【はがきデザインキット「年賀状作成の流れ」】


  • はがきデザインキット「アプリでの年賀状作成の流れ 1」

  • 1. まずは、テンプレートから使いたいデザインを選ぶ
  • 2. カメラロールから、挿入する写真を選ぶ
  • 3. 選んだ写真のサイズと、位置を決める
  • 4. テキストを入力したら、サイズと配置を変更して完成!


  • はがきデザインキット「アプリでの年賀状作成の流れ 2」

  • 「完成したデザインの年賀状」を …

  • » 印刷注文する(「ネットで年賀状」)
  • » 端末に保存する(カメラロール)


「こんな感じで完成~!!」

無料の年賀状アプリ!はがきデザインキットで写真入り年賀状を作成♪
ほんの2~3分でできました♪


Sponsored Link

写真の加工と多彩な文字入力

「はがきデザインキット」だけで、
オリジナル感満載の年賀状が、作れてしまいます。

が!

少し触っていると、わかると思いますが、
どうしても、色々と物足りなさを感じてしまいます。


「誰でも簡単に!」というのが、このアプリの最大の特長

裏返せば、最大の短所となるワケです。


そこで、
事前に、ちょっとだけ手間をかけて
このアプリ「はがきデザインキット」へ連携することで、
さらに、思い通りの年賀状を作ってみてはいかがですか?


Level 1:写真サイズの調整!

写真のサイズがイマイチ … って場合には、
iPhoneの「カメラロールの編集機能」を使って、
写真をリサイズしておきましょう♪


予め、はがきサイズにしたい場合は、
カメラロールの編集(トリミング)で、
アスペクト比を「2×3」にすると、縦型のはがきサイズになりますよ。


Level 2:写真加工をもっと自由に!

写真の加工や装飾をするなら、
無料のiPhoneアプリ「Phonto」を、おすすめします。

無料のiPhoneアプリ「Phonto」

写真の切り抜きや、フレーム素材から、
フィルターテーマの適用まで、自由度が広がります♪


もし、お気に入りの写真加工アプリがあれば、
もちろん、そのアプリを使って加工するのもいいですね。


Level 3:文字入力をもっと自由に!

このアプリ「Phonto」は、文字入力もできるんです。

「Photo」+「Font」で、『Phonto』なんですね~♪(なっとく d^^)


文字入力の種類が豊富なばかりか、
好みのフォントを使って、自由にデザインできるので、
さらに、オリジナル感やデザイン性がアップします!

「フチ無し印刷」する場合は、写真の端ギリギリまで文字を入れない様に!
※4辺がトリミングされるので、周囲5mm以上は余白を残しておきましょう。




「Phonto」アプリを使えば、
写真の加工と、文字入力が同時にできてしまいます。

場合によっては、
年賀状の作成は、このアプリだけで完結してしまうかも …^^;

その年賀状を印刷・投函したい場合、
「はがきデザインキット」と連携して、
「ネットプリントサービスを利用する」ってのもいいですね♪


どうやら、LINEとの連携に、
不具合が発生しているみたいです! マ、マジかっ!Σ(;_;); (11月4日 現在)


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2014/12/01 PC・IT関連, 行事・イベント , , , , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑