台風とハリケーン・サイクロンの違いは?タイフーンとの違いはコレ!

公開日: : 最終更新日: 2014/09/26 季節・気候, 災害 , , 約 5分

台風とハリケーンとサイクロンの違いは何?

台風タイフーンって同じじゃないの?!


誰もが知っていそうで、意外と知らない …

そんな、痒いところに手を伸ばし、
思いっきり掻いて、スッキリしておきましょう!


Sponsored Link


どれも同じような強い熱帯低気圧で、
同一の気象現象に分類できる、
「台風(タイフーン)」「ハリケーン」「サイクロン」

ですが、
これらには明確な分類があります!

順を追って、詳しく見ていきましょう♪


サイクロンとは

そもそも、「サイクロン」とは、
低気圧を指す一般的な用語で、
台風はもちろん、それ以外の低気圧もすべてサイクロンなんです。

ですが、
台風に相当する特別な用語がない場合には、
トロピカル・サイクロンの略称として「サイクロン」を使います。


以下の分類での「サイクロン」は、
この熱帯低気圧の略称としてのサイクロン」を指します。


トロピカル・サイクロンとは

「トロピカル・サイクロン!?」

上述のサイクロンの説明でも登場してますが、
あまり聞き慣れないワードですよね?!


「トロピカル・サイクロン」とは、
熱帯地方に発生する種類の低気圧(熱帯低気圧)を指し、
発生した場所に関係なく、サイクロンの構造を指す用語です。


Sponsored Link

台風・ハリケーン・サイクロンの違い

前知識としての予習ができたところで、
いよいよ、
ここからが本題の「台風・ハリケーン・サイクロンの違い」です!

まずは、
「発生した地域の違いでの分類」から見ていきましょう♪


発生した地域の違いでの分類

  • サイクロン (Cyclone)

    インド洋(東経100度より西)、南太平洋で発生した熱帯低気圧

  • 台風 / タイフーン (Typhoon)

    東アジア周辺の太平洋(北半球の東経100度~180度)で発生した熱帯低気圧

  • ハリケーン (Hurricane)

    太平洋(北半球の東経180度より東)、大西洋で発生した熱帯低気圧



東経100度!? 東経180度!?


そぉ言われても、全然ピンときませんよね?!

そぉ思って、イメージ図を作ってみましたので、
左脳がオーバーヒートしないうちに、右脳に働いてもらいましょうw

台風が発生した地域の違いでの分類


これなら、かなりピンときちゃいません?!

今いちピンとこない人は、
クリックで拡大表示して、右脳に頑張ってもらいましょう!


発生した地域で名称が違うんですが、
ちょっと面倒くさいことに、
移動して一定の地域を超えると、呼び方が変わってしまうんです。

移動しても、発生した場所は変化しないので、
そのままの名前でいいと思うんですが …

例えば、
  • 「台風」が東経180度を越えて東に進んだ場合は、
    「ハリケーン」と呼ばれます。
  • 「台風」が東経100度を越えて西に進んだ場合は、
    「サイクロン」と呼ばれます。


そのため、
日本に来るのは、すべて「台風」となるんですね♪
(日本の位置は変わらないので d^^



ちょっと話はそれますが …

「北半球と南半球で 台風の渦の巻く方向が反対!」
というのは、けっこう有名な話ですよね!

同様に、
「風呂や洗面所での渦も反対」って話も聞きますが、
あれは、「嘘」ですよ!

※小さな渦の場合、必ずそうなるとは限りません!


熱帯低気圧 最大風速での分類

【太平洋北西部】

  • 最大風速 128kt以上:
    スーパー・タイフーン(Super Typhoon)

  • 最大風速 64~127kt:
    タイフーン(Typhoon)

  • 最大風速 34~63kt:
    トロピカル・ストーム(Tropical Storm)

  • 最大風速 34kt未満:
    トロピカル・デプレッション(Tropical Depression)
【太平洋北中部・太平洋北東部・大西洋北部】

  • 最大風速 64kt以上:
    ハリケーン(Hurricane)

  • 最大風速 34~63kt:
    トロピカル・ストーム(Tropical Storm)

  • 最大風速 34kt未満:
    トロピカル・デプレッション(Tropical Depression)

【インド洋・太平洋南部】

  • トロピカル・サイクロン(Tropical Cyclone)


トロピカル・サイクロンの中でも、
「台風」は発生数が最も多く、勢力も最強と言われています。


台風とタイフーンは違う!

「タイフーン」
日本語「台風」というイメージがありませんか?

実は、台風とタイフーンは違うんです!

台風とタイフーンは違う!

台風とは、
北西太平洋(北半球の東経180度より西)に位置する
「トロピカル・サイクロン」を指します。

台風の分類は、
中心付近の最大風速を基準としていますが、
台風とタイフーンの風力定義は異なるんです。



熱帯低気圧のうち、
最大風速が、およそ17m/s以上のものを「台風」と呼びます。

また、国際的な取り決めによって、
日本の台風とは異なり、
最大風速が33m/s以上のものを「タイフーン」と呼びます。



つまり!

  • 台風(日本基準): 最大風速 34kt(≒ 17m/s)以上

  • タイフーン(世界基準): 最大風速 64kt(≒ 33m/s)以上

※ 1kt(ノット)= 0.51 m/s 



タイフーンの定義(最大風速64kt以上)は、
サイクロンや、ハリケーンのカテゴリー基準と同じです!



ちなみに、「トルネード」は、
台風とは種類が違い、竜巻の事を指します。d^^)


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2014/09/26 季節・気候, 災害 , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑