クリスマスカードのメッセージ!英語で気持ちを伝える文例♪

公開日: : 最終更新日: 2015/01/14 行事・イベント, 語学・学習 , , , , 約 11分

「海外に住んでる友人に、クリスマスカードを送りたい!」とか、
「クリスマスカードで気持ちを伝えるのは、ちょっと恥ずかしい!」
って場合、
クリスマスカードに、英語でメッセージを書いてみましょう♪


えっ! 英語が全然わからないって?!

心配ご無用!

英語が苦手なあなたでも、
気持ちを伝えるメッセージ文例を、たくさん用意しましたよ♪


クリスマスカードのメッセージ!英語で気持ちを伝える文例♪

日本の場合、年賀状を送る習慣に比べると、
クリスマスカードは、圧倒的に少ないのでは?

当然、管理人も、
クリスマスカードを送る事は、ほとんどありませんでした。


しかし、
今年は、友人が海外に赴任したので、
年賀状を兼ねて、クリスマスカードを送ってみる事にしました♪

「どうせなら、堪能な英語でメッセージを!」と …。

残念ながら、
管理人は、英語が堪能ではありませんでした(/_;)


そこで、英語の文例を探しまくって、
クリスマスカードに、英語でメッセージを書くことにしました!

その際、「より近い感じのメッセージを」と、
必要以上に、英語のメッセージ文を探しまくったんです w


どうせなので、
同じ様な思いで、四苦八苦しているあなたのために、
わかりやすい形でシェアしたいと思います。

あなたの目的にあった「気持ちの伝わるメッセージ文」を作って、
英語のクリスマスカードを、送ってみましょう♪


Sponsored Link


クリスマスカードに英語でメッセージ

クリスマスカードの定番メッセージと言えば、
「Merry Christmas! 」
「Happy Merry Christmas!」ですよね♪

Happy Merry Christmasというのは、
正確な英語では「?」らしいのですが、
メッセージの表現としては、よく使われています。

年賀状でいうところの、
「新年あけまして~」みたいな感じですね♪


海外では、日本の様に、
クリスマスには、「クリスマスカード」を送って、
年が明けた新年には「年賀状」を送るという習慣はありません。d^^

なので、
「Merry Christmas and Happy New Year!」 
「Happy Christmas and Prosperous New Year!」などの、
クリスマスカードで、年賀状を兼ねる表現なども使います♪


クリスマスカードの英語メッセージ文例

では さっそく、
「クリスマスカードに使える英語メッセージ」文例です♪

定番のメッセージや、思いを伝えるメッセージなど、
とても多くのメッセージ文例があります。


必ずしも、ピッタリの文例があるとは限らないので、
極力、あなたにあったメッセージ文になる様、
文例を一旦バラして、「好みで組み合わせる」という形にしてみました!



まずは、お馴染みの「~ Christmas!」

“Merry Christmas!”

“Happy Merry Christmas!”

“A Merry Christmas to you!”

“I wish you a Merry Christmas!”

“I wish you a Happy Christmas!”


本文で伝えるメッセージは?!

いよいよ、「本文のメッセージ」!

どのメッセージをチョイスするかで、
クリスマスカードのイメージが、ガラリと変わりますよ♪


定型文的なメッセージ文例

May your Christmas be merry and happy!
(楽しく、幸せなクリスマスでありますように!)

I wish you a merry and happy Christmas!
(楽しく幸せなクリスマスが過ごせますように!)

With best wishes for Merry Christmas.
(クリスマスの幸運をお祈りします。)

Best wishes and heartful greetings for Christmas.
(クリスマスの幸運を心よりお祈りいたします。)

May your Christmas wishes come true!
(あなたのクリスマスのお願いがかないますように!)

May your Christmas be a joyful one.
(喜びいっぱいのクリスマスになりますように。)

May you have a worm, joyful Christmas this year.
(あたたかく、喜びに満ちたクリスマスでありますように。)

May your holidays be happy days filled with love.
(この休日が愛に満ちた楽しい日々でありますように。)

I wish you a joyful Christmas from the bottom of my heart.
(楽しいクリスマスを過ごされることを、心より願っています。)

Season’s greetings on this Merry Christmas.
(クリスマスのご挨拶を申し上げます。)


ちょっとひねったメッセージ文例

Laughter and friendship to you all year!
(あなたに変わらぬ笑いと友情を!)

I hope you’re having wonderful holidays.
(素晴らしい休日を過ごしてくださいね。)

May your Christmas season be the happiest holidays you’ve ever had!
(クリスマスが今までで一番幸せな休日となりますように!)

Hope your Christmas is a perfect measure of fun & laughter!
(楽しく笑いに満ちた完璧なクリスマスとなりますように!)

May peace, joy and happiness be yours this Christmas season.
(クリスマスの間、安らぎと喜び そして幸せが ずっとあなたと共にありますように。)

I heartily send all good Christmas wishes to you and your family.
(あなたとあなたの家族にクリスマスの幸運を、心よりお送りします。)

I offer my warmest best wishes for a very happy Christmas to you and your family.
(あなたとあなたの家族に、とても幸せなクリスマスを心から願っています。)


シャレた言い回しのメッセージ文例

May the miracle of Christmas fill your heart with warmth and love.
(クリスマスの奇跡であなたの心がぬくもりと愛でいっぱいになりますように。)

May the season bring you the music of laughter, the warmth of friendship, and love.
(この季節があなたに楽しい音楽、友情のぬくもり、そして愛を届けますように。)

Wishing all of you the very best of the Christmas season.
(みなさんが最高のクリスマスシーズンを送れますように。)

May love be in your life, May hope be in your heart, May peace be in our world.
(あなたの人生に愛を、あなたの心に希望を、私たちの世界に平和を。)

Wish we could be together this Christmas. Thinking of you with love!
(今年のクリスマスには一緒にいられますように。愛を込めてあなたのことを想っています!)

Wishing you all the peace, joy, and love of the season!
(この季節があなたにとって、平和で楽しく、そして愛にあふれたものでありますように。)

Christmas is a special time of year to remember those who are close to our hearts!
(私たちの心に近しい人たちを思い出す一年の特別な時期、それがクリスマス!)

Joy resounds in the hearts of those who believe in the miracle of Christmas!
(喜びはクリスマスの奇跡を信じる者の心に鳴り響く!)

A silent night, a star above, a blessed gift of hope and love.
A blessed Christmas to you!

(静かな夜、天の星、希望と愛の素敵な贈り物、
 そして幸せなクリスマス。全部あなたに!)


May your days be bright, and your heart be light! Merry Christmas!
(あなたが楽しい毎日を送れますように。
 そしてあなたの心が明るくなりますように。メリークリスマス!)


お礼のメッセージ文例

I really thank you.
(本当にありがとう。)

Thank you for your Christmas card.
(クリスマスカードをありがとう。)

Thank you so much for the card you sent me for Christmas.
(クリスマスにカードをありがとう。)

Thank you very much for the wonderful Christmas card you sent me.
(素敵なクリスマスカードをお送りくださり、ありがとうございます。)

I appreciate your kindness.
(ご親切に感謝いたします。)

I thank you from the bottom of my heart.
(心よりお礼申し上げます。)

I really appreciated your good wishes.
(ご好意本当にありがとうございます。)

Thank you for the gift. It’s a big surprise.
(思いがけない贈り物をありがとうございます。)


クリスマスカードで 年賀状を兼ねるメッセージ文例

May 2015 brings you happiness.
(2015年があなたに幸せをもたらしてくれますように。)

Wish you have a Merry Christmas and a Happy New Year.
(楽しいクリスマスと新年が迎えられますように。)

Hope(Wish) Christmas and the New Year bring you joyful hours.
(クリスマスと新年があなたに楽しい時間をもたらしますように。)


Sponsored Link

海外に送る場合の宛名の書き方

例えば、アメリカにクリスマスカードを送る場合、
宛名などは、どうやって書いたらよいのか?

書く位置や、住所の順序なども、日本の書き方とは違いますよね!

そのあたりも、見てみましょう♪


宛名の書き方

封筒の宛名の書き方も、
アメリカイギリスでは、少し異なっています。


宛名の書き方(アメリカ式)

宛名の書き方(アメリカ式)

  1. 差出人住所氏名
    封筒の左上に、受取人の氏名より小さめに書きます。

    住所の記入は、日本とは逆の順に書きます。
    部屋番号 → 番地 → 町・区・市 → 都道府県 → 郵便番号 → 国名

    ※マンション名・棟名などは、住所の一番最初に書きます。


  2. 宛て先住所氏名
    封筒の右中央に、受取人の氏名をやや大きめに書きます。

    住所の記入は、差出人と同じで番地から始めます。
    番地 → 町・市・州 → 郵便番号 → 国名

    ※敬称は男性の場合は「Mr.」、既婚女性の場合は「Mrs.」
    「Ms.」は、既婚・未婚問わず、女性に使えます d^^


  3. エアメール
    国際便は、航空便で輸送されるため、
    黒色か 青色の文字で「VIA AIR MAIL」と書くのが決まりです!

    グリーティングカードは、
    「VIA AIR MAIL Greeting Card」と記載するように、日本郵便が勧めています。


  4. 切手
    切手は、封筒の右上に貼ります。

    ここに貼る切手のデザインを選ぶ事で、かなりイメージが変わってきます!

    クリスマス用や、お正月用のデザインはもちろん、
    日本っぽい切手のデザインは喜ばれますし、見た目も華やかなイメージになります♪


宛名の書き方(イギリス式)

イギリス式の場合は、
差出人住所氏名を、フタの三角の部分に書きます。

配達日数は?!

日本郵便によると、
日本から各国への配達日数は、1週間前後かかるので、
12月10日前後に出せば、ほとんどの地域で クリスマスまでに到着します♪


Sponsored Link

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑