ルルド プレミアムマッサージクッション「ダブルもみVW」レビュー

公開日: : ショッピング, 健康・医療 , , , 約 9分

やっぱり買っちゃいましたっ w。

「何を?」って!?

ブログ読者の方なら、すでにお気づきのことでしょう d^^;
例のマッサージクッション「ダブルもみVWです♪

ルルド プレミアムマッサージクッション「ダブルもみVW」レビュー

管理人の「ルルド マッサージクッション歴」は意外と長く、
『マッサージクッション=ルルド』といった認識が、
今ほど、まだ定着していなかった頃からです。

初代のルルド マッサージクッションは、
発売された当初に購入して、故障もなく現在まで愛用し続けていました。
(必ず毎日使用していた!というワケではありませんが …)

もちろん 故障もなく、まだ現役で使えていたんですが、
さらにパワーアップしたルルドを、「2代目」として遂に購入しちゃいましたっ♪


それは、
「ダブルもみ」「VW」機能の プレミアムマッサージクッションです!

というワケで、
ルルド プレミアムマッサージクッション ダブルもみVWレビューです d^^


従来品の「ベーシックモデル」との比較も、ぜひ参考にしてみてください♪


Sponsored Link


ルルドプレミアムマッサージクッション ダブルもみVW

ルルドの新商品が、続々と発売され続けるなか、
「マッサージロールクッション」「ダブルもみ」
TOR(トール)ブランドですが「タタキもみ」などなど …

気になる商品は、いくつかあったんですが、
故障したわけでもなかったので、どれも購入には至りませんでした。

そんななか、冒頭でも触れたとおり、
遂に、2代目となる「新しいマッサージクッション」を購入しましたっ w。


購入の経緯や、機能の比較などについては、
前記事『ルルドマッサージクッション比較!おすすめの3タイプを比べてみた』を参照ください。


マッサージクッション「ダブルもみVW」レビュー

というワケで、
新しい「ルルド プレミアムマッサージクッション」
ダブルもみVW(AX-HCL288)』を、さっそくレビューしていきましょう♪

ルルド プレミアムマッサージクッション「ダブルもみVW」レビュー(ベーシックタイプの初代モデルとの比較)

ついでに、現在まで愛用し続けていた、
「初代モデル(ベーシックタイプ)」との違いや、
比べてみた際の、感想などについても紹介していきますね。d^^


「ダブルもみVW」の効果と 使ってみた感想は?

このモデル(AX-HCL288)の場合、なんと言っても『VW』!
つまり、「Vもみ」「Wもみ」機能が2大特徴となっています!
(あとは、「電気代が安い」とか …w。)

特に、この機種ならではの「V フィットシステム」は、
購入の際の決め手ともなったので、期待大でした!



V フィットシステム

「Vもみ」と呼ばれるV フィットシステム(V Fit System)』は、
現行モデルのラインナップでは、唯一となる機能です。

実際に使ってみた感想は …
ひと言で表すと「このモデルを買って良かった」といった感じです♪ ^^


マッサージユニットが、フレキシブルに開き、
スプリングの力で、戻ろうとする動きがあるので、
身体のカーブに沿った、立体的で奥行きのある動きになっています。


ルルド プレミアムマッサージクッション ダブルもみVW「V フィットシステム(V Fit System)」

 Photo by: ATEX(http://www.atex-net.co.jp/)


さらに、タテ・ヨコ回転させて使うことで、
その形状や、マッサージする角度が変わるので、
その「用途」や「効果」は、以前よりも格段に増しています。

また、もみ玉の幅はもちろん、
多少ですが、負荷のかかり具合も変化します。


【タテ・ヨコ自在で「肩」や「首」も!】

今まで使用していた、初代マッサージクッションの場合、
背中や肩甲骨のマッサージには、特に最適なんですが、
肩や首のマッサージには、あまり適しませんでした。

ですので、特徴である「Wもみ」よりも、
実は、この使用目的が このモデルに惹かれた原因のひとつでした。d^^

この「ダブルもみVW」の場合、
V型形状で、なおかつ タテ・ヨコが自在なので、
他の機種に比べ、肩や首も揉みやすくなっています。

また、脚や足裏をマッサージする際にも、
かなり使いやすくて、けっこう重宝しています。



ダブルもみ

『ダブルもみ』は、倍になった8つのもみ玉で、
一度に広範囲をマッサージできるので、もちろん それ相応の効果はあります。

しかし、
上述の「V フィットシステム(V型形状)」ほど、
期待値が高かったワケでもないので、それなりの印象といった感じでした。

ですので、この「Wもみ」機能に関しては、
可もなく不可もなく … といった感じが、正直なところです。


ちなみに、V フィットシステム搭載タイプは、
現行のラインナップでは、必然的にダブルもみのモデルになります。


ダブルもみ搭載で、広範囲のマッサージが可能ですが、
当然、間隔の調整はできないので …

たとえば、近接場所以外の範囲に使用するのなら、
価格が安くなっている「ベーシックモデル」を、2つ買ったとしても同価格程度です♪

そうすれば、腰と肩甲骨とか、
背中とふくらはぎといった様に、別箇所を同時にマッサージできるのです w。

(あと、父の日と母の日のペアギフトにするとか … d^^



3つの運転モード

ベーシックモデルの場合、運転モードは2つあるのですが、
1つのマッサージパターン(もみ下げ)で、
ヒーターが ON / OFF かでの「2モード」でした。

そして、クッションを上下反転させることで、
もみ上げにしたり、もみ玉の高さを変更することができます。

つまり、
「もみ上げ/もみ下げを変えたい場合、もみ玉の高さが変わってしまう …。」
逆に、
「もみ玉の高さを変えたい場合、もみ上げ/もみ下げが変わってしまう …。」
ということが、必然的に起こってしまうのです。


今回購入した「ダブルもみVW」の場合は、3つの運転モード♪

  • Mode 1:おまかせモード
  • Mode 2:リズム指圧モード
  • Mode 3:ゆったりモード

といった、「自動プログラム」を搭載しています。

ルルド プレミアムマッサージクッション ダブルもみVW「3つの自動プログラム」搭載

 Photo by: ATEX(http://www.atex-net.co.jp/)

それぞれの「プログラム」を言葉で説明すると、
長くなってしまう上に、理解不能となってしまいそうなので、
販売元のアテックスさんから、イメージ画像を再びお借りしました。m(_~_)m



一見、良さそうに思える「自動プログラム」なんですが、
使用するユーザーによっては、逆効果になってしまう場合もあるかもしれませんね。

この搭載プログラムに加えて、
従来の「運転モード」があれば良かったのですが …。d^^;


ちなみに、通常タイプのダブルもみ(AX-HCL188)の場合、
もみ玉の正転反転(もみ下げ/もみ上げ)が、60秒ごとに繰り返され、
同パターンのヒーターが ON / OFF かでの「2モード」となっている様です。


Sponsored Link


ルルド プレミアムマッサージクッション ダブルもみVW「評価」

今回「2代目」として購入した、プレミアムマッサージクッション「ダブルもみVW」
「総評」としては Very Good!『買って良かった』という感じです♪

しかし、すべてに満足!といったワケではありません。

上述以外に、この「ダブルもみVW」を使ってみて、
やや不服に感じたことを、最後にまとめておきましょう。
(あくまで、「ベーシックモデルと比較」した場合の印象です。d^^


『デザイン』には、どちらもそれなりに良いと思うのですが …

機能面でみた場合、ダブルもみVWの方に圧倒的な歩があり
インテリア面でみた場合は、ベーシックモデルに軍配が上がります。


このマッサージクッションの場合、機能面だけでなく、
インテリアとしてのデザイン性」も重要なコンセプトだと思いますので d^^

また、ベーシックモデルの場合は、
別売替えカバーの対応もできるので、イメージ的なバリエーションも豊富です♪



『サイズ』には、どちらも「36cm×36cm」、
厚さは ベーシックモデルが「14cm」、WもみVWが「16cm」と、
ほぼ同等サイズですが、若干重めなWもみVW

ルルド プレミアムマッサージクッション ダブルもみVW「評価(サイズ)」


しかし、写真でもわかる様に、見た目のイメージでは、

  • ベーシックモデルは、正方形で分厚い!
  • WもみVWは、薄くてスマート! といった印象を受けます。


ベーシックモデルは、その形状と分厚さが、
メリットとなる場合と、デメリットになる場合がありました。

対して、WもみVWの場合、表記上のサイズは重めなんですが、
独特なV字型の形状のため、全体的には薄いイメージで、
コーナーのフックのおかげで、重さの割には意外と扱い易いく感じました。



次に『ヒーター』の温度は、仕様スペックで確認すると、
従来品の「50℃以下」に対し、WもみVWは「55℃以下」と差があります。

なんですが、実際に使っていると、
従来品(ベーシックモデル)の方が、体感的には暖まる感じがします。


もしかしたら、広範囲マッサージ(ダブルもみ)しているせいかもしれませんし、
体重で強い負荷をかけている分、暖かい感じがするだけかもしれませんけど w。



『運転プログラム』に関しては、
管理人の場合、微妙~といった印象でした。

上述でも少し触れていますが、従来のベーシックモードがないので …
例えば、

  • もみ上げ(もしくは もみ下げ)だけを繰り返したい!
  • ヒーターONのみでマッサージしたい! といった場合、

搭載されている自動プログラムでは、煩わしく感じてしまうのです。


他のモデルでは、常時ヒーターONができるので、
機械を保護する目的ではないと思いますが、
もしかしたら、電気代(消費電力)を削る目的があるのかもしれませんね。

とはいっても、
元々、電気代は僅かで使用できる商品なので、
どうしても、Wもみの電気代「1/3カット」を実現する必要があったとか …?



『揉みの強さ』に関しては、
凹凸感のあるもみ玉と、立体的な感触で、
ややゴリゴリと揉まれている感覚がありました。

しかし、強くマッサージしたい管理人にとって、
従来モデルに比べ、ややマイルドな印象というか …
体重で負荷をかけると、本体が逃げるカタチになってしまうので w。

もしかしたら、これも「広範囲マッサージ」のせいで、
「狭く深く」から「広く浅く」と、感じてしまうだけかもしれませんが。d^^;


このモデルの構造上、
体重を預けると、身体のラインに沿って本体が開く仕組みになっています。
(さらに、強い負荷をかけ過ぎると「機械保護のために停止してしまいます。)


「こりの具合」や「体型」など、もちろん個人差があるので、
当然、人それぞれ効果の感じ方は違うと思います。

「強く揉んでくれるので気持ちいい!」と感じる場合もあれば、
人によっては、逆に「強すぎて痛い!」という場合も考えられます。


ちなみに、管理人の場合、
振動するタイプのマッサージ機では、まったくと言っていいほど役に立たず、
もみ玉タイプでも、強めの負荷(体重)をかけて やっと効果を感じます。d^^;

ゴリゴリと揉まれて、まさに「痛キモ~っ!」って感じですねっ♪


Sponsored Link

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑