ホットワイン!アルコールは温めると飛ぶって本当なの?!

公開日: : 最終更新日: 2014/10/04 フード・ドリンク , 約 5分

寒い冬には、
話題の「ホットワイン」を飲んでみたいんだけど、
アルコールが苦手で …

「ワインのアルコールは 温めると飛ぶ!」って聞いたけど、
ホットワインだったら、大丈夫だよね?!

はたして、本当に、
ホットワインのアルコールは、飛んでいるのでしょうか?


Sponsored Link


ホットワインは、
読んで字の如く「温かいワイン」で、
ヨーロッパなどでは、お母さんが作ってくれる定番の飲み物です。

ドイツでは「グリューワイン」
スロバキアでは「ヴァレネ・ヴィノ」と呼ばれています。

白ワインで作るホットワインもありますが、
赤ワインで作る方が、世界の主流となっています。

特に、寒い季節には最適で、
身体が温まり、冷え風邪の予防など 冬特有の症状に効果があります。

また、
ゆったりとした睡眠を招いたり、美容にも効果があると言われています。


そんなホットワインを飲んでみたいけど、お酒が苦手

ワインを温めたホットワイン、
アルコール分は、飛んでいるのでしょうか?


ホットワインのアルコール

はたして、
「ワインを加熱して、アルコールが飛ばせるのか?」


先に、結論を言ってしまうと … 
答えは「No!」です!

アルコール分は、多少飛んではいますが、
「低アルコールになるだけ」です。 d^^;


ホットワインのアルコールは?

ホットワインのレシピなどによっては、
「アルコール分が飛んで …」とか、
あたかも、アルコール分がなくなるように、書かれている場合もありますが、
正確には、アルコールが飛んで、ゼロになるワケではありません!

っていうか、
そもそも「ノンアルコールになる」とは、書かれていないハズですけど …


いやっ、ありました!

「ホットワイン ノンアルコール」レシピとして、
「クリスマスの飲み物♪ホットワイン」ってのがズラリと!


Sponsored Link

アルコールの沸点

アルコールは、とても仲の良い関係で、
難しい用語を使うと、共沸混合物(きょうふつこんごうぶつ)と言います。

「共沸混合物」とは、複数の化合物が混ざった混合物が、
あたかも、1つの沸点を持つようにふるまう性質」を言います。


超簡単に言うと、
混ぜた液を沸騰させても、同じ温度で沸騰します。



沸点が近い化合物が混合した場合、このような現象を起こし、
その典型例が、「エタノールと水」なんです。

でも、
ワインに含まれるエタノールの濃度は 14%程度で、
エタノール水溶液としては、かな~り薄いんです。

ワインの場合、
エタノール水溶液としては、アルコール度が高くないので、
共沸はせず、水の沸点よりも低い温度でアルコールが飛びます。

しかし!

アルコール分だけが、単独で抜ける事はありません。


蒸発した蒸気に、少しアルコール分が多い!
残りの液体に、少しアルコールが薄くなった! という感じです。


なので、
「完全にアルコールをゼロにすること」は難しいようです。


妊娠中・授乳中にホットワイン!?

妊娠中や、授乳中のお子さんがいる場合、
たとえホットワインでも、やめておくことをオススメします。

理由は、もうおわかりですよね! d^^)


ワインを長時間沸騰させれば、ある程度はアルコールは飛びます。

しかし、
アルコールは完全には抜けませんし、美味しくありません!

アルコールが苦手ならば酔うし、
血液を通して、母乳からもアルコール分が出ます。


ホットワインは、5%程度のアルコール度数になります。
(これは、ビールと同じぐらいのアルコール度数です。)

ということは、
温めてアルコールを飛ばした程度のホットワインなら、
完全な「飲酒運転」になります!


そもそも、
アルコールが完全に飛ぶほど沸かして飲むのなら、
「ホットワイン」である必要がないと思うのですが … w


アルコールを飛ばさないホットワイン

アルコールを飛ばさないホットワイン

ここまでは、
「ホットワインのアルコールは飛ぶか?」がメインでした。

逆に、
「できるだけ、アルコールが飛ばない」様にするには …

加熱して、少なからず飛んでしまうアルコール分を、
できるだけ飛ばさないで、ホットワインを飲む♪

こっちのほうが、自然な考えですよね!?
なんてったって、「ワイン」なんですから w


アルコールの飛びにくいホットワインの作り方

アルコールの沸点は、78.3℃です。
なので、加熱しすぎない事が最重要です。


当然、ワインを沸騰させてはいけませんよ!


ワインの加熱の方法は、

  1. 飲む分だけのワインを、デキャンタに入れる
  2. デキャンタに、ラップで蓋をする
  3. 鍋などのお湯に入れて、加熱する(日本酒のお燗の様に)



デキャンタなんて、シャレたものはないので、
我が家では、お銚子に入れてます。^^;

その状態で、湯煎して温めているので、
それこそ、日本酒を熱燗にしているのと同じですね w



晩酌時ならまだしも、
ちょっと睡眠の前に …って時に、
それは、けっこう面倒くさいなぁ~ って場合は、

耐熱コップにワインを入れて、
電子レンジで温めてしまうのが、超簡単ですね。

簡易的ではありますが、
加熱時間は「1分~1分15秒」程度を目安にすれば、
アルコールや、風味が飛んでしまう失敗はありません。


レモンオレンジの輪切りと、
シナモンなどのスパイスも忘れずに!

少し甘さをプラスするのなら、ハチミツなんかもいいですね♪


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2014/10/04 フード・ドリンク ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑