喪中はがきのマナー!時期は?いつまでに出すの?!

公開日: : 最終更新日: 2016/10/14 季節・気候, 行事・イベント , , , 約 4分

喪中はがきを送る時期は?

いつ出すのがマナーなの?

年賀状のやりとりが多い人なら、
毎年、1通や2通は「喪中はがき」が届くのではないでしょうか?

しかし、
逆に、喪中はがきを出す機会は、
そうそう、あるわけではないですよね!?


Sponsored Link


いつも、何気に確認している喪中はがき。

「あっ、今年は○○さん 喪中ね!」
「げっ、今頃届いても すでに年賀状書いちゃった!」

などと思うだけで、
時期や内容までは、そんなに気にかけてはいません。

そのせいなのか、いざ 自分が出す立場になると、
いつ出したらいいのか、迷ってしまいます。

身内の不幸が、その年の早い時期だった場合、
喪中はがきを出す事すら、忘れてしまいそうです…(/_;)


「喪中はがきを出す時期」の、一般的なマナーを見てみましょう!


喪中はがきは年賀欠礼状

喪中はがきは、正式には「年賀欠礼の挨拶状」と言います。

毎年、年賀状で新年の挨拶をしている相手に、
今年は、近親者に不幸があったので、
新年の挨拶を欠くことを、知らせるための挨拶状です。

喪中はがきのマナー!時期は?いつまでに出すの?!

要は、
「今年は喪に服して、おめでとうって言えないよ~!」
「年賀状出さないけど、書き忘れたワケじゃないよ~!」

って事を、事前に連絡するために、喪中はがきを出すんです。

あっ、当然ですが、
喪中はがきに「年賀状出さないよ~」って書かないでくださいね w

「喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます。」など、
ちょっと背中がむず痒くなる様な、マナーのある文面でお知らせしましょう!


喪中はがきのマナー

「新年の挨拶の代わりに」と、
喪中はがきを 年賀状の時期に出すのは、マナー違反です。

喪中はがきは、「年賀欠礼の挨拶状」ですが、
事前に知らせるための、「案内状」でもあります。

という事は、
年賀状を準備するまでに、間に合う時期に届いているのがマナーですよね。


Sponsored Link

喪中はがきを出す時期

具体的に、
「喪中はがきを出す時期はいつか?!」
「マナー的に いつまでに出すのが良いのか?!」


年賀欠礼の挨拶であり、
年内(年賀の挨拶を行う新年の前)に届けば、問題ありません!


「えっ! そうなのっ!?」って思いません?

そのとおりです!
あくまで、これは「一般論」です d^^

現実的には、

本来は年賀欠礼の挨拶ですが、
「喪中はがきをいただいた方には、年賀状を送らない」

という風習が、実際には「一般的なマナー」となっています。

ですので、
普通の人が、年賀状の準備にとりかかる前の、
「11月中旬」から「12月上旬」までには届くように、
喪中はがきを送ります。

喪中はがきは「12月15日までに届くように出す」のがマナー!

遅くても、12月15日までに届くように出しましょう!


年賀状の受付開始は、例年12月15日が目安となっています。

相手が、「年賀状を出す前に届く」ように送るのがマナーですが、
「年賀状を書く前の時期」に、喪中はがきが届くのがベストです。


そのために、
喪中はがきの準備は、遅くても11月中には しなければなりませんね d^^


早い場合は いつ?!

「じゃあ、早くに送っちゃえば!」ってなるかもしれないですが、
早すぎるのも、マナー違反になってしまいます。


喪中はがきが、あまり早く届きすぎると、
「まだ暑い時期に、年賀状の話をされても …」ってなりますし、
相手も、喪中はがきを貰った事を、忘れてしまう可能性があります。


なので、
10月では、ちょっと早すぎますね♪

どんなに早くても、11月に入ってからです!


遅い場合は いつ?!

では、遅い場合はどうなのか?

例えば、12月に身内に不幸があった場合など、
喪中ハガキが、12月15日に間に合わない時はどうしたらいいのか?

心配いりません!
あわてて、喪中はがきを出さなくても大丈夫ですよ♪

その場合は、こんな方法があります。

  • 喪中はがきを「年賀状の返信」として出す!
  • 年が明けてから「寒中見舞い」でその旨を連絡する!



「寒中見舞い」は、
12月にポストに投函すると、
普通の郵便と同じように、2~3日で先方に届きます。

ということは、年内に届いてしまう事になりますね!

松の内(1月1日から1月7日まで)を過ぎてから届くように、
年明けの1月5日頃に出すのがいいですね♪


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2016/10/14 季節・気候, 行事・イベント , , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑