確定申告とは!アルバイトやパートでも申告が必要?得する場合とは!

確定申告」をしなければいけないのは、
いったいどんな場合で、どんな人が対象なんでしょう?

確定申告とは!アルバイトやパートでも申告が必要?得する場合とは!

自営の知り合いや、親戚などから、
「確定申告の時期は大変で …」
といった話を、耳にしたことがありませんか?

ご存じの様に、個人事業主の場合、
自身での確定申告が必要なんですが …

それ以外の、バイトパートの場合でも、
確定申告をしなければいけないケースは、少なくありません!


では、
どんな場合に、確定申告が必要なんでしょう?

そもそも、確定申告とは何なのか!?
確定申告の期間は、いつからいつまでなのか?


また、確定申告をすると「得」をする場合とは …!?


初心者でもわかる!アルバイト・パートの場合の確定申告についてです。


Sponsored Link


確定申告とは!?

『確定申告』とは、
「その人が払わなきゃいけない税金はいくらなのか?」を、正確に確定させるために、
前年の収入などを、税務署に申告することです。



例えば、会社員の場合、
毎月の給料から「所得税」を自動的に引かれていて、
税務署には、会社側から納税されています。


ですので、基本的に会社員の場合は、
確定申告を自分でする必要はありません。



対して、主に自営業の人などは、
前年の収入や控除を証明できる書類を提出して、
自分で「確定申告をする」必要があるのです!


確定申告の期間や期限は?

ところで、この確定申告の期間ですが、

基本的には、「毎年2月16日~3月15日」の間です。


ちなみに、
2017年(平成29年)の確定申告期間は、
2/16(木)〜3/15(水)なんですが …

その年の曜日の関係で、
例えば 3/16までになったりと、確定申告期間が前後することもあります。



もし、この期限を過ぎてしまった場合
確定申告できない!というわけではないんですが …

期限後申告書を作成して、期限後に申告する事になります。

また、この場合、
「無申告加算税」というペナルティが課せられるので要注意です!

『無申告加算税』とは!?

申告期限が過ぎてからの申告の場合、
  • 課税額が50万円までなら「15%増」
  • 課税額が50万円を超えるなら「20%増」

の割合で、「追加で課せられる税」のことです。


また、
この他に延滞税」も加えられるので、期限は守るようにしたいものですね。d^^;


Sponsored Link


アルバイト(パート)でも確定申告は必要!?

確定申告の対象になるのは、

に大きく分けることができます。


「確定申告をしなければいけない場合」は、
もちろん、『確定申告が必要』なワケなんですが …

それ以外でも、
「確定申告をした方がよい場合」も考えられます。d^^


ですので、まずは、
確定申告が必要な場合から、順を追って把握していきましょう♪


確定申告をしなければいけない場合

アルバイトやパートでも確定申告が必要か?「確定申告をしなければいけない場合」とは!?

アルバイトや、パート収入のうち、
一定額については、所得税を課さないようになっていて、
最低65万円の給与(給与所得控除額)については、所得税が課されません

また、
1人あたり最低38万円(基礎控除)については、課税対象になりません

この合計が103万円なので、
給与収入が103万円以下であれば、所得税がかからないことになるのです。d^^


ですので、バイトやパートの場合でも、
1年の合計収入が103万円を超える場合は、確定申告が必要となります!
(※ アルバイトやパートのほかに、所得がない場合。)


また、年収103万円を超えると、
配偶者控除の対象からも外れてしまうため、所得税がかかります。


確定申告をした方がよい場合

次に、「確定申告をした方がよい場合」とは、
確定申告すると得するよ~って場合のことです。

上述の様に、バイトやパートで、年収が103万円以下の場合、
つまり、所得税が0円の場合は、基本的に確定申告の必要はありません。

しかし、たとえ年収103万円以下でも、
「確定申告した方が得する」という場合もあります。

どういうことかと言うと …

たとえ、所得税が0円の場合でも、
気付かないうちに、所得税を納めているというケースがあるからです。

その場合は、「確定申告で還付」されます!
つまり、確定申告をすると、納めた所得税が返ってくるのです。d^^


そのためには、

の必要があります。

アルバイトやパートでも確定申告が必要か?「確定申告した方が得する場合」とは!?


所得税を納めているか?を確認

まずは、「所得税を納めているか?」を確認するために、
給与と、実際に支払われた金額を比較してみましょう。d^^

所得税など、特に差し引かれているものがない場合、
例えば「時給×時間数」といった額が、
そのまま、給与として支払われているはずです。

計算した合計金額よりも、支給された給与が少ない場合は、
「所得税が源泉徴収されている」という可能性があります。

業務請負などでは、「報酬の10.21%を源泉徴収して支払う」という契約の場合もあり、
年収103万円以下であっても、毎月 所得税を徴収されている可能性があります。



源泉徴収税額を確認!

もし、差額があった場合、
職場(バイトやパートの勤務先)から「源泉徴収票」を貰ってください。


本来、所得税などを源泉徴収している場合、
その会社は、源泉徴収票を発行する義務があります。

一般的に、調整は年末に行われる(年末調整)ため、
源泉徴収票は、その年の12月(または 翌年1月)に配られます。



職場から、源泉徴収票を受け取ったら、
「支払金額」「源泉徴収税額」の欄を確認してみてください。

支払金額が103万円以下であれば、「所得税は0円のはずです。

ところが、
支払金額が103万円以下にもかかわらず、源泉徴収税額が0円でない場合は、
納めなくてもいい「所得税を納めている」ということになります!



納めすぎた所得税を確定申告で還付

もし、納めなくてもいい所得税を納めている!
ということがわかったら、還付申告を行いましょう。

『還付申告』とは、
確定申告を行って、納め過ぎている税金を還付することです。

つまり …
確定申告をすれば「源泉徴収で納めた所得税が返ってくる」のです!

ちなみに、
還付申告の期間は 1月1日~で、過去5年間の分なら いつでも受け付け可能です。


Sponsored Link

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑