書き損じた年賀状(はがき)交換の手数料は?無料の場合って!?

公開日: : 最終更新日: 2017/01/06 生活・暮らし, 行事・イベント , , 約 7分

書き損じてしまった年賀状!
交換してもらうの際の、手数料はいくら?

ってか、
そもそも、どこで交換してくれるの!?

書き損じた年賀状(はがき)!交換の手数料は?無料の場合って!?

「書き損じてしまった年賀状」って、どうしてます?

余った年賀はがきはもちろん、書き損じた年賀状は、
『手数料を払えば交換できる』ということを、
知らない人も、意外と少なくないようです。

また、知っていても、
いくらの手数料で、何と交換できるのか?までは、
把握できていないかもしれませんね。

はい、実は管理人も、
その「把握できていない」うちのひとりでした w。


というワケで、今回は、
書き損じた年賀状(はがき)の交換について、
手数料期限など、しっかり把握しましょう♪

手数料「無料」で交換できる!という場合だってあるんですよっ d^^


Sponsored Link


書き損じた年賀状(はがき)を交換

上述の様に、
書き損じた年賀状や、郵便はがき等は、
手数料を払えば、『郵便局』で交換することが可能です。

当然、送らずに余ってしまった年賀状でも、
はがきへの記入の有無を問わず、交換OKです。


近年では、コンビニなどの郵便局以外で、
年賀はがきを買うという事も、少なくありませんね。

もちろん、コンビニで購入した年賀はがきでも、
交換の対象となりますが、これらの交換も 郵便局でしかできません。

交換業務は『郵便局』のみです。
郵便事業会社である「支店」での扱いはありません。




年賀状などを、現金に換金することはできませんが、
はがき以外の、切手などへの交換だってできるんですよっ d^^

  • 通常切手
  • その他の郵便はがき
  • 郵便書簡(ミニレター)
  • 特定封筒(レターパック封筒など)

  • 販売期間中なのであれば、
    くじ引き番号がついた「年賀状」との交換も可能です。


ただし …

汚れたり、き損した郵便切手や料額印面は無効となりますので、ご注意ください。


例えば、「年賀はがき」の場合、
料額印面(はがきの料金を表す部分)の上に、文字を書いてしまった場合や、
裏表を間違えて印刷して、料額印面が隠れてしまった場合は、
交換してもらうことができないので、注意しましょう。d^^


年賀状(はがき)交換の手数料と期限

では、年賀状の場合、
交換可能な期限は、いつまでなんでしょう!?

また、実際に交換してもらう場合、
いったい、いくらの手数料がかかるのでしょう?


次からは、そのあたりを詳しくみてみましょう♪


交換の期限は?


年賀状を、はがきや切手に交換するのに、
「期限はありません」!


書き損じたり、余ったりした過去の年賀状
引き出しの奥などに眠っていませんか?

もちろん、古~い年賀状だって、交換できちゃうので、
この際、一緒に交換しておきましょう♪

書き損じた年賀状・年賀はがきの交換「期限」は?



それと、もうひとつ お得な情報を! d^^


書き損じた年賀状でも、くじが当選していた場合、
「景品を貰ってから交換」することが可能なんです。


なので、
通常はがき等への交換(年賀状へ交換しなくても良い)であれば、
お年玉抽選の発表があるまで待って、確認してから交換に行きましょう♪


交換の手数料は?

年賀状を含む、通常の郵便はがきや、
郵便切手の交換手数料は、1枚当たり『5円』です。


たった5円で、新品になると思うと、
なんか、すごく得した感じがしません!?

ところが、年賀はがきの『52円』という価格には、
単純に「紙としての価格」だけではなくて、
「宛先へ届ける」という、サービスの価格も含まれています。


ですので、52円の内訳は、
年賀はがきの紙代(5円)+ 配達料(47円)と考えれば、
5円の手数料(紙代)での交換も、納得できますよねっ d^^



例えば、裏面にイラストが入った年賀状などは、
1枚当たりの単価が、52円以上かかっていることもあります。

しかし、どんな種類の年賀状でも、
書き損じなどで、交換してもらう場合は、
52円分のはがきや、切手に交換してもらうことになります。

また、この場合の交換手数料も、1枚当たり『5円』となります!

ちなみに、
年賀状以外の、その他の往復はがき郵便書簡は、1枚当たり『10円』
レターパックなどの特定封筒は、1枚当たり『41円』となっています。


Sponsored Link




手数料と交換例

では、実際の手数料などについて、
「具体的な交換例」でみてみましょう♪

例えば、
年賀はがき10枚を、郵便はがき82円の切手に交換してもらう場合 …

【交換したいもの】

  • 郵便はがき × 7枚 = 364円
  • 82円切手 × 2枚 = 164円


  • 交換したいものの合計金額が 528円なので、
    年賀はがき(52円×10枚=520円)との差額「8円」と、
    手数料(5円×10枚)の「50円」を支払って、交換することができます。



もちろん、50円時代の「古い年賀はがき」でも大丈夫です d^^

古い年賀はがき(50円)10枚を、郵便はがき(52円)に交換してもらう場合 …

【交換したいもの】

  • 郵便はがき × 10枚 = 520円


  • 交換したいものの合計金額が 520円なので、
    年賀はがき(50円×10枚=500円)との差額「20円」と、
    手数料(5円×10枚)の「50円」を支払って、交換することができます。



この様に、交換に持ち込む年賀はがきの金額で、
はがきや切手などと、交換してもらうことができるのです。

(交換時の計算は、郵便局の窓口でしてくれるので、
 『交換したい物』を伝えるだけで良いのですが …。d^^;



書き損じた年賀状・年賀はがきの交換「手数料」は?



また、
手数料分を相殺して(差し引いて)交換することも可能!」
という、ネット情報もある様なんですが …

これは「正解」であり、実は「不正解」なんです。


調査してみると …

郵便はがきの料額印面は、「郵便物として差し出す場合に限り」有効。

と、内国郵便約款では定められています。

つまり、
交換時の手数料は、現金 または 郵便切手で納める決まりです。


ですので、
交換時の差し引きルールは、郵便切手の交換であればOKで、
郵便はがきの交換時に、はがきの料金額面での手数料相殺は不可能です。


交換の際の手数料への充当は、郵便物として差し出すわけではないので、
「交換手数料として相殺することはできない」が、厳密には正解となります。

ただし!

手数料に必要な分を、先に切手に交換してから(この時の手数料は現金が必要)、
残りの年賀状交換の手数料を、最初に交換した切手で支払う

といった様な形式をとれば、問題ありません。


手数料分を差し引いて交換できた!というのは、
「便宜上そのような扱いをしている」ということが考えられます。
(もしくは、ただ単に「窓口担当者の勘違い」とか … w。)



この様に、
「持ち込んだはがきと交換した切手」で、手数料を払うことができます。

また、「手元にある使いづらい金額の切手」を、
交換時の手数料として、使ってしまうのもいいですね♪

ただし、『切手は手数料に使えます』が、
『はがきは手数料には使えない』ので、注意が必要です。d^^



交換の手数料が「無料」!?

書き損じた年賀状・年賀はがき!交換の手数料が「無料」!?

実は、交換の際に、
手数料「無料」という場合があるんです!

つまり、
以下の場合は、『無料交換』できるということです。

  • 服喪」の場合

    準備した年賀状が、「近親者に不幸があって、送ることができなくなってしまった!」
    という場合は、手数料無料で交換してくれます。

    ただし、この場合は、
    年賀状を販売している期間内のみ、無料交換に対応可能で、
    特殊切手 および お年玉付き郵便はがき・切手は対象となりません。

    郵便局の窓口で、服喪であることを告げて、
    「請求者の住所・氏名、近親者との続柄」の記入が必要です。
    (有料の5円で交換する場合は、名前も住所も記入する必要はありません。)


  • 誤購入」の場合

    例えば、インクジェット用の年賀はがきが欲しかったのに、
    通常の年賀はがきを購入してしまった!など、
    「間違った種類の年賀状を購入してしまった」という場合です。

    持ち込む年賀状は、未使用(書き込みがない)、且つ きれいな物が条件で、
    折れていたり、汚れていてはいけません。

    この場合は、年賀はがきとの交換に限り、手数料無料で交換可能です。

    ですので、
    通常の郵便はがきや 切手と交換する場合は、手数料が必要になります。


年賀はがきの無料交換の期間は、「年賀はがき発売期間内」です!
(販売期間を過ぎると、通常の交換となり手数料が必要になります。)


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2017/01/06 生活・暮らし, 行事・イベント , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 6 follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑