建国記念日の意味は?簡単にわかる「建国記念の日」との違い!

公開日: : 最終更新日: 2017/01/08 語学・学習 , , 約 3分

建国記念日の意味って?

建国記念日と、建国記念の日はどう違う!?

建国記念日の意味は?簡単にわかる「建国記念の日」との違い!

日本国民のあなたなら、
当然、『建国記念の日』はご存じかと思います。

そうです、2月11日ですねっ d^^

そして、その日は「国民の祝日」となっています。


ですが、なかには、
その日を『建国記念日』だと、勘違いされている人も、
少なくないのではないでしょうか?



知っているようで、意外と知られていない(?)
国民の祝日「建国記念の日」の意味。

また、建国記念日と、建国記念の日の違いには、
実は、大きな意味があったのです!


Sponsored Link


「建国記念日」と「建国記念の日」

「建国記念日」「建国記念の日」は、
同じ様ですが、実は 全然違う意味を持っています。

現在の国民の祝日、2月11日は『建国記念の日です。


ところで、
「建国記念日」「建国記念の日」

それぞれ、どんな意味があって、
いったい、なにがどう違うのでしょう?


建国記念の日

実は、「建国記念の日」としての歴史は、
意外にも新しく、まだ50年ほどしか経っていません。

「建国記念の日」が、国民の祝日として定められたのは、
1966年(昭和41年)のことなんです。

戦前、この日は「紀元節」として、祝日とされていたのですが、
紀元節は、戦後に廃止になっています。



この日 2月11日が、再度「祝日」に制定されるまでには、
紆余曲折があったのですが …

建国記念日ではなく、
建国記念と、「の」を入れることによって、
何度もの議案提案・廃止を経て、国民の祝日となったのです。


つまり!
この」一文字が、大きな意味を持つ祝日だったのです。


Sponsored Link


簡単にわかる!建国記念の日の意味

では、
「建国記念の日」には、どんな意味があるのでしょう?

そして、
建国記念の日『の』には、どんな重要な意味があるのか!?


そのためには、
まず、「建国記念日」の意味も知っておく必要があります。


簡単にわかる「建国記念の日」の意味と由来!「建国記念日」と言わない理由は!?


「建国記念の日」の意味と由来

建国記念の日は、
「国民が国を愛し、国の発展を願う心を養うための日」として、
日本の国家ができたことを、お祝いする日です。



日本書紀によると、
「神武天皇が即位した日」は、旧暦の1月1日です。

この日を新暦に換算すると、
紀元前660年の2月11日となります。

この建国記念の日、つまり 2月11日は、
上述の様に、かつて「紀元節」として祝われていた祝日でした。

紀元節は、「日本の誕生日を祝う」という意味があります。

対して、建国記念の日は、
「日本が建国されたという事実を祝う」という意味なんです。


「建国記念日」と言わない理由

では次に、建国記念日と言わない理由
つまり、『の』を入れる意味について見てみましょう。

もともと、紀元節(2月11日)は、
「日本の誕生日を祝う」という意味でしたね。

つまり、『建国記念日』を意味します。d^^


しかし、
この日が建国された日だという、明確な根拠が無く、
そもそも、「日本がいつ建国されたのか?」については、
実は、正確な起源などが分かっていないのです。

ですので、
記念日ではなく、『の』を入れた「記念の日とすることで、
「お祝いするために定められた日」という意味となっているのです。


つまり …

  • 建国記念日・・・「日本が建国された日」を祝う日という意味

  • 建国記念の日・・・「日本が建国されたこと」を祝う日という意味

となるのです。


そのため、
「建国記念日」ではなく、「建国記念の日」となったのです。


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2017/01/08 語学・学習 , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑