スマホカメラ用レンズ!100均レンズで撮った写真を比較してみた!

公開日: : 最終更新日: 2016/11/03 PC・IT関連, ショッピング , , , 約 6分

最近の100均ショップは、目を見張るほどの品揃えで、
「えっ、こんなモノも100円で売ってるの!」と、
驚かされることも、けっして少なくありません。

また、話題になってヒットした商品なんかも、
しばらくすると、100均の店頭に並んでいるのを見かけるようになります。

(ただ、どことなく「胡散臭さ」は隠せませんが … w。)

スマホカメラ用レンズ!100均レンズで撮った写真を比較してみた!

ついこの前も、
先日ネットで買った「スマホ用のカメラレンズ」が、
100均ショップで売られているのを、見つけてしまったのです。

マジか・・・。

この「マジか!?」を払拭するために、
これも購入して、試してみることにしたのです(笑)。


というワケで、
100均のスマホカメラ用レンズ』をテスト!

再び「撮影した写真を比較」することとなったのです。d^^;


Sponsored Link


スマホカメラ用レンズ

ブログ用の写真を撮る際に、
以前までは、デジカメで撮影していました。

ところが、スマホカメラの高性能化に伴い、
ここ数年は、スマホでの撮影しかしていません。


「Wi-Fi」や「Dropbox」を使用すれば、
撮影した画像データのやりとりも、かなりスムーズですし …。



ですが、100%満足しているという訳でもなく、
場合によっては、不自由を感じていたことも事実なんです。

で、ふと衝動買いしてしまったのが、
前回紹介した「クリップ式のスマホカメラ用レンズキット」です。d^^


100均のスマホカメラ用レンズ

前回のスマホカメラ用広角レンズで撮った写真の効果は?で、
スマホにレンズを取り付けて、試し撮影してみました。

ところが、
比較対象が、ノーマル(スマホ標準カメラ)レンズだったので、
使用・未使用での比較しかできませんでした。

だからといって、
高価なレンズを買って、比べてみるつもりもありません。(キッパリ d^^;

と思っていたところ …
100均ショップで、これらのスマホグッズを見つけたので、
実際にいくつか買って、前回のレンズと比較してみることにしたのです。


100均のスマホカメラレンズの効果は?

100均ショップ(セリア)で、
今回購入したのは、以下の3点です。

100均の「スマホカメラ用レンズ」を買ってみた!

  • 自撮りレンズ スーパーワイド
  • マクロレンズ
  • 自撮り用LEDライト(電池式)

  • ※もちろん、すべて100円でしたが、
     LEDライトの電池は付属しておらず、使用電池(CR2032)は別売りでした。


ちなみに、パッケージ商品本体に、
「レンズ倍率」「明るさ」などは、記載されていませんでした。


Sponsored Link



撮影した写真を比較

さっそく、前回買ったレンズキット(MX-601)と、
今回Getした100均商品を付け替えて、同条件で撮影してみました!

では、
撮影した写真を それぞれ比較してみましょう♪


ちなみに、撮影に使用したスマホは「iPhone SE」で、
設定関係は「すべて自動」のまま、何も変更していない状態です。


広角レンズ(ワイドアングル)

まずは、広角レンズを取り付けての撮影!

ちなみに、
標準レンズ(レンズ取り付けなし)では、こんな感じです。

100均のスマホカメラ用広角レンズで撮影比較!「標準レンズ」

<※それぞれの写真は、クリックするとで拡大表示します!>

で、
それぞれ「広角レンズ」をつけて、撮影すると …

スマホカメラ用レンズで撮影比較!「MX-601広角レンズ vs 100均広角レンズ」


写真左の、MX-601 広角レンズ(0.65×)に比べ、
100均の自撮りレンズは、かなり広い範囲を写せていますね。

商品名のとおり スーパーワイド! と思ったら、
よく見ると、周囲がかなり歪んだ写真となっています!


これだけ歪んでしまっていると、
軽めの「魚眼レンズ」で撮影した写真の様になってしまっています。d^^;


マクロレンズ(接写)

続いて、
マクロレンズを使って、接写の撮影テストです。

自動でピントが合う「最大至近距離」まで、
スマホカメラを近づけて、何れの写真も撮影しています。


100均のスマホカメラ用マクロレンズで撮影比較!「標準レンズ」

まずは、標準カメラでの撮影から!

と思ったら、すでにピントが合っていませんでしたね w。(/_;)


標準レンズの自動ピント合わせでは、
この距離でも、近づき過ぎているということです。



スマホカメラ用レンズで撮影比較!「MX-601マクロレンズ vs 100均マクロレンズ」


それぞれのマクロレンズを付けてみると、
写真左の、MX-601 マクロレンズ(10×)に比べ、
100均のマクロレンズは、かなり近づけて接写することができます。

しかし、
やはりこれも、周囲に歪みがでてしまっています!


スマホカメラ用レンズで撮影比較!「MX-601マクロレンズ vs 100均マクロレンズ」アップ画像


MX-601のマクロレンズでも、少し歪みがありますが、
画面いっぱいに撮影してみると、その違いは歴然ですねっ!


LEDライト(照明)

最後は、LEDライトを使った撮影比較です。

「ライトoff」の状態では、
電気スタンドで、真上から照明を当てています。

その状態のまま、『LEDライト』を当てて撮影し、各写真を比較してみました。

スマホカメラ用照明で撮影比較!「MX-601 LEDライト vs 100均LEDライト」


100均のLEDライト(写真右上)は、かなり暗めですが、
正面から照明が当てられるので、それなりに効果はありました。

対して、
MX-601(下3枚)は、クリップ式のリング型LEDライトで、
3段階のフィルイン(暗め・中ぐらい・明るめ)で、明るさ調整ができます。

ご覧のとおり、いちばん暗い状態でも、
100均のLEDライトと比べると、かなり明るく感じます。


さらに明るくしていくと、
自動でスマホカメラの明るさ調整が働いて、全体的には暗く、
そして、照明があたった対象物だけは、より明るい写真になっています。



今回試した、100均のスマホ用カメラグッズのなかでは、
このLEDライトが、唯一「使えるかも!?」と思った商品でした。d^^

しかし、イヤホンジャックに取り付けるタイプなので、
カメラ位置と逆になって、対象物を正面から照らすことができません。
(撮影に使用した「iPhone SE」は、イヤホンジャックが下部についています。)


仮に、上部(カメラの位置近く)についているスマホだとしても、
レンズ位置とは、当然ズレが生じてしまいます。



その点、MX-601の「リング式LEDライト」の場合、
色温度の異なる12個のLEDライトで、レンズの周りから対象物を照らす状態になっています。

今回は、
「スマホ標準レンズ + LEDライト」で撮影していますので、
どちらのLEDライトも、スマホカメラのレンズ付近から対象物を照らして比較しました。

また、LEDライトのバッテリーは、
100均が「リチウムコイン電池」CR2032(別売)に対し、
MX-601の場合、付属USBケーブルでの「充電式」になっています。




たとえ『安物のスマホカメラ用レンズキット』といえども、
100均グッズとの比較では、さすがに「明確な差」を確認することができました。

なので、
冒頭の『マジか!?』を払拭することができて、
ある意味、「ちょっと ホッとしている」というのが本音といったところです!d^^;



100均のスマホグッズといっても、
電池を含めると、全部で「432円」もかかっていたのでした w。


んっ!?
やっぱり今回も「安物買いの銭失い」状態だったのか!?(笑)


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2016/11/03 PC・IT関連, ショッピング , , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑