羽毛布団の選び方!グースとダックの違いとは!?産地による違いは?

公開日: : ショッピング, 生活・暮らし , , 約 6分

意外と勘違いしやすいのが、
「羽毛布団」と「羽根布団」の違い!

そして、
羽毛布団に使用されている「羽毛の種類」の違い …。


羽毛布団の選び方!グースとダックの違いとは!?産地による違いは?

羽毛布団選びにおいて、
『羽毛の種類』は、かなり重要な選択です!

「ダウン」「フェザー」
「グース」それとも「ダック」!?


今回は、
羽毛の種類による羽毛布団の選び方!

グースとダックの違いや、産地などによる羽毛品質の違いを知って、
羽毛布団に使われている羽毛について、把握していきましょう♪


Sponsored Link


羽毛布団の選び方「ダウンとフェザー」

大前提ですが …
『羽毛布団と羽根布団は別物』です!

知っていれば、当然のことなんですが、
実はコレ、意外とわかっていない人多いんですよっ d^^;



基本なんですが、
まずはここから、しっかりと理解していきましょう♪


水鳥の羽毛は、その形状から、
ダウンフェザー「2種類」に大別されます。

ダウンは、胸元に生えている綿毛部分を指し、
タンポポ状の羽毛で、空気をたっぷり含んでいます。

対して、フェザーは、
一般的に羽根と呼ばれる部分で、湾曲した羽軸を持ち弾力性があります。


羽毛のダウン率

羽毛のダウン率は、
ダウンとフェザーの配合比率を示しています。

ダウンが50%以上のものを、「羽毛布団」と呼び、
フェザーが50%以上のものを、「羽根布団」と呼んでいます。


例えば、『ダウン93%』という表記がある場合は、
「ダウン93%・フェザー7%」という割合になります。


ダウン率が高いほど、クオリティの高い羽毛布団といえ、
高品質の目安は、ダウン率が90%以上のものです。
(できれば、ダウン率93%以上の羽毛布団をおすすめします。)

稀少品種の高価なダウン以外は、
ダウンとフェザーを、機械で選別しているので、
どうしても、ダウンに少量のフェザーが混ざってしまうのです。d^^;

ですから、一般的に出回る羽毛布団では、
ダウン100%はほとんどあり得ないので、最高でも95%程度になります。


羽毛布団の選び方「羽毛の種類」

羽毛布団に使われている羽毛には、
主に、「グース」と「ダック」の2種類の鳥の羽毛があります。

羽毛布団の選び方において、
グースか ダックか?は、とても重要な選択となります。


ところで、
グースダックでは、どう違うのでしょう?


羽毛布団の選び方!「グースとダックの違い」


「グース」と「ダック」の違い

グース「ガチョウ」ダック「アヒル」のダウンで、
基本的に、グースダウンの方が良質とされていています。

一般的に、グースのほうが、ダックよりも体長があり、
ダウンボール(ふわふわとしたタンポポの様な綿毛)が大きいためです。


ダウンボールが大きければ、保温性が高く、
少量で、保温力のある軽い羽毛布団に仕上がります。

また、温度調節機能においても優れています。



基本的には、

  • ダック >
  • グース >
  • マザーグース >
  • 上質マザーグース

の順番で、品質は上質になっていき、当然価格も高くなっていきますが、
別格で、希少なアイダーダックダウン(毛綿鴨)」があります。

アイダーダックダウン アイスランドアイダーダックダウン
マザーグースダウン ロイヤルマジェスティダウン
インペリアルダウン
エッググースダウン
ポーランドマザーグースダウン
グースダウン ポーランド手編みグースダウン
ヨーロッパグースダウン
ダックダウン ポーランドダックダウン
フランスダックダウン
中国ダックダウン


これらの様に、同じ羽毛布団でも多くの種類があり、
価格も、安いもので1万円ぐらいから、
高価なものだと、なんと 100万円を越える羽毛布団も存在します!



グースダウンのなかでも「マザーグース」は、
ダウンボールも大きく、上質で丈夫な羽毛が採れます。

「マザーグース」とは …

マザーグースは、産卵用に長期間育てられた、
グース(ガチョウ)の親鳥から採取された羽毛のことでです。

一粒一粒が大きく枝羽も伸びていて、丈夫なため、
他の羽毛と比べて、少量で同じ保温力を得ることができるため、
結果として、羽毛布団を軽くすることができます。



ですので、『マザーグース』は、
高級羽毛布団の選び方の「キーワードの1つ」と言えます。


しかし、マザーグースにも、品質と価格に違いがあり、
グースの種類や産地はもちろん、飼育方法・飼育期間・採取時期、
選別・洗浄方法などによって、ランクが異なります。


マザーダック!? ホワイトダウン!?

羽毛布団の品質表示に、「マザーダック」という表示を見かけることがありますが、
羽毛布団の業界では、マザーダックの規格はありません。

メーカーが自社のオリジナルな名称として、
マザーダックと命名した「マザーダックダウン」を指しているのでしょう。

マザーグースと比べると、当然安い価格になっていますが、
紛らわしいので、羽毛布団を買う際には注意が必要です。

また、グースダウンであれば、必ず表示されていますので、
品質表示などに『グース』の文字が無ければ、「ダックダウン」だと判断すべきです。

「ホワイトダウン」と表示されている場合も、同様に ダックダウンと考えるべきです。


Sponsored Link


羽毛布団の選び方「羽毛品質」の違い

上述した羽毛の種類(グース・ダック)の他には、
どんな、羽毛品質の違いがあるのでしょう?

たとえば、各々のダウンにも、
産地飼育方法採取方法採取時期などにより、品質に差があります。


「ダウンパワーによる品質の違い」ついては、
別記事『羽毛品質ラベルによる羽毛布団の選び方』を参照してください。


羽毛布団の選び方!「羽毛品質の違い」


羽毛の産地

羽毛の産地では、経度の高い冷感地や、
寒暖差の激しい地域で取れた羽毛の方が、クオリティが高いとされています。

寒い地域で過ごす鳥は、寒さから身を守るために、
より保温性の高い羽毛を、まとう必要があるためです。


一般的に、「ヨーロッパ産の方が 中国産の羽毛より高品質」であると言われて、
ポーランド・ハンガリー・ロシア・カナダ・ドイツ・チェコなどが代表的です。

北極圏周辺に生息する野生の鴨、
アイダーダックダウンを使った羽毛布団は、超高級品として有名です。


知名度では ポーランド産がやや高く、品質も優れているのですが、
ポーランド産であれば、必ず品質面で優れているとは限りません。

同一国内でも、寒い地域と温かい地域があり、
また 飼育期間・飼育方法・採取時期の違いなどから、一概に優劣は付けられず、
ハンガリー産が、ポーランド産よりも優れた品質である場合もあり、価格においても同様です。



ちなみに、日本に輸入されている羽毛は アジア産が約80%で、
ポーランド産は 1~2%程度、ハンガリー産は 5~6%程度です。


羽毛の飼育方法

ダウンボールの大きさは、飼育方法によっても異なります。

飼育方法には、放し飼いで自然の餌だけで育てるものから、
食肉用に飼料を与えて、短期に育てるなど様々で、
栄養バランスの点からも、耐久性に差がでるのです。

マザーグースエッググースなど、産卵を目的に飼育されているものは、
ダウンボールが比較的大きく、かさ高性・保温性・風合いに優れています。

マズーリ地方は湖が多く点在し、水鳥を飼育する環境に恵まれている地域ですが、
マズーリ地方の羽毛なら、すべて上質だと言うわけではありません。

自然環境に恵まれているため、一部の農場では良質の羽毛が採れると言うことです。


羽毛の採取方法

羽毛の「採取方法」には、
機械で作業する方法と、人の手で採取する方法があります。

傷がつかないよう丁寧に採取する、手摘みの方法を「ハンドピック」と呼び、
ハンドピックの方が、よりクオリティの高い羽毛が採取できますが、
労力が必要なためコストがかかり、当然価格も高くなります。


しかし、
採取方法は、基本的に表示されていない場合がほとんどです。

「採取時期」についても、表示されている羽毛布団は少ないですが、
一般的には、晩秋に採取されたものが良質とされています。


Sponsored Link

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑