Amazonプライム会員の解約!忘れていた場合でも全額返金!?

公開日: : 最終更新日: 2016/10/20 ショッピング , 約 4分

Amazonプライム会員自動更新されてしまった!

無料体験だけのつもりが、有料会員に切り替わってしまった!

Amazonプライム会員の解約!忘れていた場合でも全額返金!?

個人的には、
超便利でお得に感じるAmazonのプライム会員なんですが …

なかには、
「年会費が高くて、お得感がない!」
「自動的に会員更新されていた!」

と感じる場合も、少なくないかもしれませんね!?

利用のしかたは、人それぞれ異なって当然ですから d^^

そんな場合、
プライム会員を退会(解約)する必要がありますよね。


というワケで、
今回は、Amazonプライム会員の解約についてです。


万が一、解約の手続きを忘れていた!という場合でも
なかには、年会費を『全額返金』してもらえることもありますよっ♪


Sponsored Link


Amazonプライム会員と無料お試し期間

Amazonのプライム会員は、本会員(有料会員)となる前に、
30日間の「無料お試し期間」があります。

この無料お試し期間内は、
無料で、有料会員とまったく同じサービスを受けられます。


しかし、注意が必要なのは …
お試し期間が終了すると、自動的に会員登録される!
つまり、「有料会員に登録」されてしまうということです。


プライム会員の更新と年会費

Amazonのプライム会員は、
1年間の有料会員期間(もしくは 無料お試し期間)」が終了すると、
プライム会員の登録が、自動的に更新されます。

ですので、
当然、そのタイミングで、
登録してあるクレジットカードに、Amazonプライム会員「年会費」が請求されます。


無料体験期間の終了日、ならびに 有料会員の更新日は、
「Amazonプライム会員情報の管理」の左側に表示されています。
(※ 無料お試しの期間は、1ヶ月ではなく「30日」です!)


Amazonプライム会員を解約

Amazonプライム会員の解約方法!

「プライム会員になってたけど、あまり使わないので解約したい!」
という場合は もちろんなんですが …

「無料お試し期間を利用してみたけど、イマイチだった …」とか、
「無料お試し体験から、自動的に有料会員に切り替わってしまっていた!」
という場合は、自分で解約の手続きを行なう必要があります。


では、実際にどうすればよいのか!?

「プライム会員を解約する手続き」について みていきましょう。


プライム会員の「無料お試し期間」と解約設定

まずは、「無料お試しの期間中」の場合から d^^

「無料お試し期間」が過ぎた後も継続する、
つまり、有料会員になる場合は、そのままでOKなんですが …

無料体験のみで、その後は継続しない場合は、
無料期間内に、自分で解約の手続きを行なう必要があります。


解約の手続きといっても、
キャンセル作業は、AmazonのWebサイトで簡単に行なうことができます。

【無料体験から有料会員への自動切り替えを停止する方法】
 (無料体験のみで、Amazonプライムをキャンセルする方法)

  • ① アカウントサービスより、
     [Amazonプライム会員情報の設定・変更] にアクセスします。

  • ② 会員情報の[継続しない] をクリックします。

  • [会員資格を継続しません] をクリックします。


プライム会員の解約(退会)方法

Amazonのプライム会員を退会、
つまり、純粋に「解約」したい場合はもちろんですが …

手続きを忘れていて、翌年も自動的に更新されてしまった(汗)
という場合も、解約の方法は同じです。

【Amazon プライム会員登録のキャンセル方法】

  • [Amazonプライム会員情報の設定・変更] にアクセスします。

  • [会員資格を終了する] をクリックします。

  • [すぐに終了する] もしくは [20xx/xx/xxに終了する] をクリックします。



「プライム会員資格は20xx/xx/xxに終了します。」と表示されれば、
キャンセル作業は無事終了です!


Sponsored Link



解約を忘れていても「年会費 全額返金」!?


使わないのに 自動更新されてしまったら!?

無料体験だけのつもりが、有料会員に切り替わってしまったら!?

なかには、
プライム会員「解約」のキャンセル作業を、つい忘れてしまって …
という人も、少なくないかもしれませんよね。


そんなアナタに朗報です!

Amazonのプライム会員は、
特典を利用していない場合、キャンセル時に年会費が全額返金されます。



つまり、
使わないまま放置していて、勝手に年会費を請求されてしまった場合でも、
「返金制度が設けられている」ということです。

ただし、
「有料会員に登録後、Amazonプライムの会員特典を利用していない」ことが条件です。


例えば、
「このお試し期間だけ使いたかったのに、解約するのを忘れてしまった」
といった場合でも、手続きをすれば、年会費は全額返金してもらえるのです。

クドい様ですが、
「無料期間終了後、一度もAmazonプライム配送を利用していない」場合に限りますよ。


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2016/10/20 ショッピング ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑