Amazonプライム会員のメリットは!?無料配送他の特典はコレ!

公開日: : 最終更新日: 2016/10/11 ショッピング , 約 6分

Amazonの『プライム会員』って、どんな特典があるの?

プライム会員になる「メリット」って!?


Amazonプライム会員のメリットは!?無料配送他の特典はコレ!

ネットショッピングをする場合、
個人的には、Amazonも楽天も利用しているのですが …

日常的な買い物の場合は、Amazonを利用する場合がほとんどです。

特に、水やコーヒー・ジュースなどの場合、
「頻繁に買い足さなければならない」だけでなく、
「かなりの重さと容量」になってしまいます。


例えば、買い物に行って …
「2Lの水 3本と、950mlのコーヒー 2本、1.5Lのコーラ 1本」を買った場合、
かさばるばかりか、なんと!『10kg近くの重さ』になってしまうのです。

たとえ、車で買い物に行っていても、
駐車場まで運ぶだけでも、かなり手間がかかってしまいます。(汗)
(しかも、月に数回の頻度で、同じ商品を買っているのです!d^^;


商品の価格だって、ほとんどの場合、
ネットで購入したほうが安い!ということが、当たり前になってきているのです。

そう考えると、
重さのある商品・かさばる商品だけでなく、
買い物に行く時間はもちろん、運ぶ手間ガソリン代なども省けるので、
ネットで買わない理由は、これといって見当たりません!


そればかりか、「プライム会員」になると、
さらに、いろいろな特典があるので、個人的には超オススメです♪

そのAmazonプライム会員のメリットとは!?
どんな特典があるのか? について、みてみましょう♪


Sponsored Link


Amazonプライム会員

勘違いされる場合も、多い様なんですが …

Amazonを利用する際に、住所や連絡先・カード情報などを登録して、
ショッピング時に、「1-Click」注文などで購入している場合も少なくないと思います。


これは、無料で使える「Amazonアカウントサービス」に、
情報を登録してあるだけですので、プライム会員ではありません!



プライム会員は、年会費 3,900円(税込)で、
さまざまな特典を受けられる「会員制プログラム」です。

つまり!
Amazonのプライム会員は、年会費が必要な『有料』の会員制度となっています。


Amazon「配送料の改定」

Amazonで購入した商品の、
「配送料が変更になった!」ということは、ご存じですか?

Amazonプライム会員のメリットは!?「Amazon商品の配送料改定」

Amazon.co.jpは、2016年4月6日「配送料の改定」で、
2000円未満の商品の通常配送料は、無料から『350円』になってしまいました。


通常配送料「無料」の商品が多かったAmazonですが、
改定後は、対象商品 2,000円以上の注文で、通常配送無料となっています。



簡単にまとめると、下記の様に配送料の条件が改定されています。

Amazon.co.jpが 発送する商品 配送料(通常発送)
商品の注文金額が2,000円(税込)以上の場合 無料
商品の注文金額が 2,000円(税込)未満の場合 350円 (税込)
書籍 及び Amazonギフト券 無料
※オプション配送には別途料金が必要です。(現時点ではオプション配送料は現状維持) 


※ただし、Amazonプライム会員に関しては、
 注文価格に関わらず、全商品 配送料が無料・オプション配送も無料です!


Amazonプライム会員のメリット

Amazonプライム会員の特典とメリット!

Amazonでのショッピングの場合、
上述の様に、送料無料の商品が非常に多くありました。


ですので、
楽天市場でのショッピングとは異なり、送料を無料にするために、
「ついで買い」「まとめ買い」をする必要も、ほとんどなかったのです。



ところが!
「配送料の改定」によって、今後は そういうワケにもいかなくなりました。

少なくとも、通常 2,000円以上の買い物をしないと、
配送料が「350円」もかかってしまうのです!


350円の配送料なら、他と比べて安いんですが、
2,000円未満の商品に対して、350円は高く感じてしまいませんか!?



そのため、「プライム会員のメリット」が、より有意義なものとなり、
今後は、Amazonプライム会員が増加するのではないでしょうか?


Amazonプライム会員のメリットのひとつとして、
Amazonプライム配送の対象となる商品の、配送料が無料になります。

それだけではなく、「お急ぎ便」「当日お急ぎ便」
「お届け日時指定便」なども、追加料金なしで無制限に利用可能です。


Amazonでのショッピングを、月1回程度の頻度で行なうユーザーであれば、
配送料のメリットだけを考慮しても、十分に価値があると思います。

「年会費3900円ってことは、1ヶ月あたり325円ですから … d^^

Amazonプライム対象商品は、
商品画面のマーク(「プライム」のロゴ)で見分けがつきます。
(プライムマークが表示されていない商品は、プライム配送の対象外となります。)


Sponsored Link


プライム会員の10大特典

Amazonプライム会員になれば、様々な会員特典がありますので、
Amazonをよく利用するのであれば、かなりお得な会員システムだと思います。

では、他には どんなメリットがあるのか!?

上述の配送料を含め、
『プライム会員の10大特典』を見てみましょう♪

【Amazonプライム会員の10大特典】

  • 無料の配送特典

    Amazonプライム対象商品は、
    すぐに受け取りたいときや、受け取れる時間を指定したいときに便利な、
    お急ぎ便・お届け日時指定便を、無料で利用可能です。

  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料

    Amazonプライム対象商品は、
    一部特別取扱商品の取扱手数料が、無料になります。

  • 家族と一緒に使い放題

    会員ご本人のほかに、同居のご家族を2人まで家族会員として登録できます。
    家族会員は、上記のAmazonプライムの配送に関する特典を無料で利用可能です。

  • プライム会員限定先行タイムセール

    タイムセールの商品を、通常より30分早く注文できます。

  • Amazonパントリー

    食品・日用品を中心とした低価格の商品を、
    1点からご購入いただけるサービスで、
    ひと箱あたり 290円の取扱手数料でお届けします。

  • Amazon定期おトク便のおまとめ割引

    日用品ほか、対象商品を割引価格で定期的にお届けする
    「定期おトク便」を、さらにお得に利用可能で、
    一定の条件を満たせば、おまとめ割引が適用されます。

  • プライム・ビデオ

    映画やTV番組が、追加料金なしで見放題になります。
    (日本国内のお客様のみが対象)

  • Prime Music

    100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを、
    広告の表示なしで、追加料金なく楽しむことができるサービスです。

  • プライム・フォト

    Amazon Driveに、写真を容量無制限で保存可能です。

  • Kindleオーナーライブラリーの利用

    対象タイトルの中から、お好きな本を1か月に1冊 無料で読むことができる。
    Kindleオーナーライブラリーを利用可能です。
    (※ご利用にはKindle端末が必要です。)



Amazonプライムには、
有料会員となる前に、30日間の『無料体験』が設けられています。


このお試し期間中は、
「有料のプライム会員とまったく同じ優遇サービスを 無料で受けられる」ので、
プライム会員の本会員になる前に、ぜひ利用してみましょう♪

無料お試しの期間、実際に体験利用してみて、
イマイチだった場合、本会員へ登録しないことも可能です d^^


ただし、無料お試し期間30日間を経過すると、
プライム会員の登録が、自動的に更新されるので、
無料期間を体験するだけの場合は、自分で設定しておく必要があります。


また、
この『無料お試し期間』を利用した後、プライム会員になる場合、
本会員への登録は、自動的に行われますし、
初年度は13ヶ月! つまり「300円/月」で利用できる計算になりますよねっ♪


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2016/10/11 ショッピング ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑