二重まぶたテープのおすすめ!ファイバータイプの使い方と使用感は?

アイプチで二重まぶたが上手くできない …。

自然な二重まぶたを手軽に作るには?

二重まぶたテープのおすすめ!ファイバータイプの使い方と使用感は?

以前、このブログでは、
ネイル関連」の記事時に、大変お世話になった JKさん。
(JKといっても、女子高生じゃないですよっ ^^;

JKさんとは、久々の再会だったので、
また、コスメ関係のネタを教えてもらおうと …(笑)


というワケで、
今回のネタは、二重まぶた」用のおすすめアイテム♪

今回紹介する「おすすめの二重まぶた用テープ」は、
『ファイバーで二重まぶたを作る!』というタイプです d^^


その特徴、メリット・デメリットと、
使い方のコツや、実際に使用してみた使用感をシェアします。


Sponsored Link


おすすめの二重まぶたテープ

一般的に『アイプチ』と称される、二重まぶたを作るアイテム♪

アイプチと一言で言っても、その種類や形状は様々で、
テープタイプ・のりタイプの他にも、ファイバータイプなどがあります。


テープタイプのりタイプは、実に数多くの商品があり、
100均ドラッグストアなどでも、比較的安い価格で入手できますね。

ところが、
ファイバータイプの二重まぶたテープは、取り扱っていない場合も多く、
「どこでも手に入る!」というワケではありません。


そのため、他の商品に比べ、
その存在も、意外と知られていないかもしれませんね。


二重まぶたテープ(ファイバータイプ)の特徴

ファイバータイプの二重まぶたテープは、
伸縮性のある粘着性のファイバーを、
まぶたの皮膚にくい込ませることで、二重を作ることができます。

ファイバーは、細い糸状なので、
柔軟性が非常に高く、色々なまぶたの形状に合わせられます。


そのあたり、
まずは、YouTube動画で確認してみましょう♪




テープやノリよりも目立ちにくく
なんといっても、「自然な二重まぶたに仕上がる」のが、ファイバータイプの特徴です!

また、二重まぶたにするだけではなく、
二重の幅を広げたい時にも、Goodなアイテムとなります。


メリットとデメリット

上述の特徴を含め、このファイバー二重まぶたテープの、
「メリット」「デメリット」を、まとめてみました、

【メリット】

  • 二重が自然でバレにくい!
  • 奥二重でも二重にできる!
  • 化粧がしやすい!


接着している部分が少ないので、他のアイプチに比べて化粧がしやすく、
自然な二重に見えて、目を閉じてもバレにくい。

【デメリット】

  • 練習とコツが必要!
  • やり直しができない!


接着タイプやテープとは違って、
細い糸を二重にしたい部分に、食い込ませて二重を作るので、
貼る場所によっては、糸が見えてしまったり、二重にならなかったりすることもある。



初めての場合、失敗する場合もあるので、
ちょっとしたコツと、練習が必要になるかも d^^;

でも、慣れに関しては、
他のテープタイプや、のりタイプでも同様だとは思いますが …。


Sponsored Link


二重まぶたテープ(ファイバー)の使い方と使用感

このファイバータイプは、アイプチやアイテープと比べて、
使い慣れるまでは、使い方が少し難しいと感じる場合が多いようです。

しかし、使い慣れてしまえば、
他のタイプよりも、自然な仕上がりになるので「超おすすめ」です!


ファイバーの使い方とコツ

では、「基本的な使い方」「コツ」を、
手順を追って、順に見ていきましょう♪

【基本的な使い方とコツ】

  1. まぶたのメイクや油分を、綺麗に落とします。
    [Point!] 汗や皮脂の上からでは、粘着力が弱まってしまいます!

  2. スティックを使って、二重を作るラインを確認します。
    [Point!] 予めラインを決めておくことが、綺麗な二重を作るコツです!

  3. ファイバーテープの両端を持って左右に伸ばし、ピンと張った状態にします。
    [Point!] ダブルツイストタイプの場合、ピンと張った状態から捻って1本にします!

  4. 両端を持ってピンと張った状態で、二重を作りたいラインに押し当てます。
    [Point!] 押し当てる順番は、まぶたの中央 → 目頭 → 目尻 の順に!

  5. 何度かまばたきを行なって、ファイバーを食い込ませます。
    [Point!] ファイバーを押し当てた、二重のラインを確認・調整します!

  6. 目頭と目尻の余った部分を、ハサミでカットします。
    [Warning!] カットの際は、肌を傷つけない様 注意しましょう!

  7. スティックや指先を使って、目頭・目尻を馴染ませます。

  8. 反対側の目も同様に、手順2~7を行なったら「完成」です♪



「マイクロファイバー」「ストロングファイバー」
「ブリッジファイバー」など、商品名に違いがありますが、
ファイバーの使い方や、綺麗に仕上げるコツは、基本的にはどれも同じです。d^^


実際に使ってみた使用感は?

では、実際に使用してみた感じはどうなのか!?

「使用感」や、「使用前・使用後」の比較は?



今回使用したのは、動画でも使われていた、
Feat『ストロングファイバー(Strong Fiber)』という商品です。

おすすめの二重まぶたテープ!「ストロング ファイバー」

ちなみに、このストロングファイバー、
商品のパッケージには、「特許取得商品」と記載されていました。


実際に使用してみると、こんな感じです d^^;

おすすめの二重まぶたテープ!「ストロング ファイバーの使用感」

自撮りなので、ちょっと暗くなってしまいましたが、
使用前・使用後の違いは、はっきり確認できると思います。
(画像クリックで、拡大表示できます。)


使用してみた印象は、
引っ張られたり、つっぱっているといった様な違和感も特になく、
かなり「自然な二重まぶた」に感じられました♪



では、いったい どれぐらい持つのか!?

試しに、そのまま使用してみた結果、
装着してから3日間は、問題なく持ちました。


というより、
入浴時に忘れていて、塗れた手で何気なく触ってしまい、
少しベトついてしまったので、自分で剥がしてしまったのです。

洗顔時には、注意していたのですが、
入浴時、すこし気が緩んで忘れていました …(笑)。


ですので、
洗顔・入浴時に、特に注意していれば、
もっと、長い間持つ可能性はあると思います。(ただし、衛生的な面は別としてですよっ!)

『アイプチとの併用で 強度UP↑』

もし、すぐ剥がれてしまうといった場合、
のりタイプのアイプチを、二重を作るラインに薄く塗って少し乾かし、
その上にファイバーを貼り付けると、強度が増します!

また、ファイバーをカットした両端部分に、
二重用のノリを薄く塗って整えると、剥がれにくくなります。



今回使用したのは、
Feat「ストロングファイバー」の、『シングルワイド』という商品でしたが …

このシリーズの場合、
一重や奥二重は『ダブルツイスト』がおすすめらしいので、
使用感の違いなど、機会があれば またレビューしてみたいと思います。


Sponsored Link

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑