七五三のお祝い時期はいつ!数え年?満年齢?お祝いを渡す時期は!?

公開日: : 最終更新日: 2016/08/26 行事・イベント , , , 約 5分

お祝いされる本人よりも、
なぜか、お祝いする大人たちのテンションが上がる『七五三』

特に、
おじいちゃん・おばあちゃんのテンションは、かなりのものです(笑)。

七五三のお祝い時期はいつ!数え年?満年齢?お祝いを渡す時期は!?

七五三は、
文字通り「7歳・5歳・3歳」の子どもが、お祝いの対象になるのですが、
7歳・5歳・3歳の年齢すべてで、七五三の行事を行うワケではありません。

では実際、お祝いの行事をいつ行ったらよいのか?
また、男の子と女の子でも違ってきます。


七五三のお祝いはいつ

「数え年」「満年齢」
「早生まれ」「12月生まれ」についても、詳しくみていきましょう。d^^


お子さんをお祝いする家庭はもちろん、
お祝いを渡す側も、間違ってしまわないように注意しましょう♪


Sponsored Link


七五三のお祝いはいつ

「七五三」は、子どもの7歳5歳3歳の成長を祝う 日本の年中行事です。


儀式を行う年齢は、男の子と女の子で変わってくるのですが、
地域によっても、若干の変化があるようです。

一般的な年齢でいうと、
3歳は女の子(男の子)、5歳は男の子、7歳は女の子を祝う年齢とされています。


江戸時代では、それぞれ以下の儀式を行っていました。

  • 3歳「髪置きの義」: 男の子・女の子

     3歳まで髪を剃る習慣があり、「髪置きの義」は、それを終了する儀式のこと。
     また、今よりも子どもの死亡率が高かったので、
     一つの節目を迎えたとして、男の子・女の子関係なくお祝いをします。

  • 5歳「袴着の義」: 男の子

     「袴着の義」は、男の子が袴を着始める儀式のこと。

  • 7歳「帯解きの義」: 女の子

     「帯解きの義」は、女の子が帯を締め始める儀式のこと。



つまり、
『男の子』の場合は「3歳」「5歳」に、
『女の子』「3歳」「7歳」
に、七五三のお祝いをします。



Sponsored Link



お祝いの時期

七五三は本来、
「11月15日に神社に参拝する」といった習わしでした。


ところが、現在では あまりその日に拘っていない様です。

なぜなら、
11月15日は、祝日というわけではないですから、
10月中旬~11月15日を、だいたいの目安としているのです。

その期間内で、都合のつく日、
家族が揃ってお祝いできる週末などに、参拝やお祝いする場合が多い様ですね。


ただ、11月15日前後の週末は、特に混雑が予想され、
早めに手配しないと、予約などが取れない場合も少なくありません。

また、日柄がよい「大安」の場合は、なおさら混雑します。


「数え年」と「満年齢」

七五三のお祝い時期はいつ!「数え年」と「満年齢」

「数え年」は、生まれた年を1歳、翌年2歳と数え、
毎年 正月を迎えるたびに、1歳ずつ年を重ねていく年齢の数え方です。


例えば、12月生まれの場合、
数え年なら、2年と1ヶ月弱で3歳になってしまいました。


昔は、数え年で七五三のお祝いをしていましたが、
現在の七五三では、
生まれた翌年の誕生日を1歳とする「満年齢」でお祝いします。



「早生まれ」と「12月生まれ」は?

上述の様に、
現在では「満年齢でお祝いする」というのが、一般的なのですが …

実際のところ、正確には ちょっと違っているのです!


確かに、
4月~10月生まれの場合、満年齢でのお祝いとなります。

では、
「早生まれ」「12月生まれ」の場合、いつお祝いするのか!?


結論から先に言ってしまうと …
早生まれの場合は、数え年の3歳でお祝いをするのが一般的です。

一方、12月生まれ11月生まれの場合は、
満年齢2歳(数え年では4歳)で、お祝いをすることになります。


地域やご両親の考え方などによって、異なる場合もありますが、
七五三をお祝いする時期(年齢)は以下の様になっています。

4月~10月生まれ 満年齢 7歳・5歳・3歳
11月~12月生まれ 満年齢 6歳・4歳・2歳
1月~3月生まれ 満年齢 6歳・4歳・2歳
(数え年 7歳・5歳・3歳)


要するに … 一般的には、
「同じ学年の子どもは 同じ年にお祝いする!」ということになります。


地域によっても異なる!

上述でも少し触れましたが …
七五三のお祝いを行うな年齢に関しては、その地域の習慣によっても異なります。

数え年で行なう場合や、満年齢になる年で行なう場合、
満年齢になった後に行なう場合など、様々です。

また、父親の地域の風習でお祝いする!
もしくは、母親の地域の風習でお祝いする!といった違いもありますね。


七五三のお祝いを渡す時期

七五三のお祝いはいつ?「お祝いを渡す時期は?」

さいごに、
七五三のお祝いを渡す時期についても、触れておきましょう♪

七五三のお祝い金!「金額の相場はいくら?」 


七五三のお祝いは、
年齢・性別や、地域などによって異なることもあるので、
そもそもの「お祝いする年」を間違わないことは大前提ですね d^^;


お祝い金や品物を贈る時期は、
一般的に、お祝いする日に合わせて贈りますが、
何かとバタバタするお祝いの当日を避けて、前日 または 前々日に贈る場合が多いです。

七五三の場合の、実際にお祝いを渡す時期については、
「11月1日~11月15日」の間に渡すのが一般的です。


上述の様に、本来は11月15日にお祝いする七五三ですので、
遅くても、11月15日を越えないように注意が必要です!



また、遠方にいて お祝い当日には行けないなど、
贈り物を郵送する場合は、10月下旬~11月中旬までに贈るようにしましょう♪


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2016/08/26 行事・イベント , , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑