Vistaのサポート終了でどうなるの?使い続けるリスクとは!?

公開日: : 最終更新日: 2016/02/11 PC・IT関連 , 約 5分

Windows Vista のパソコンを使ってるけど、
サポートが終了しちゃった後は、故障したら修理には出せないの?

とか、思ってません?

WindowsVista!サポート終了でどうなるの?使い続けるリスクとは?


Windows Vistaのサポートが、2017年4月11日で終了します!」


調査によると、
現在、日本で使われているデスクトップPCで、
Windows Vistaを搭載したマシンの割合は、約1.69%だそうです。(2016年1月時点)

その稀少な1.69%に貢献しているあなたは、
ちょっと、認識不足のところもあるかもしれませんね♪


わかっているとは思いますが…
Windows Vistaのサポートが終了すると どうなるのか?
もう一度、正しく認識しておきましょう。


Sponsored Link


Windows Vistaの「サポートが終了する」とは

そもそも、
『サポートが終了する』とはどういうことなのか?」
から、理解しておきましょう。


いちばん重要な点は、
「Microsoftから、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなる」こと!

今までのサポート期間中は、
毎月のように、更新プログラムが提供されていました。


サポートが終了後は、Windows Vistaに、
セキュリティホール(セキュリティ面での問題)が見つかったとしても、
それを、修復することができなくなるんです!

「セキュリティホール」とは、
OS(Windows Vista)の、セキュリティ面での問題で、
それを修正して、穴埋めするのが「セキュリティ更新プログラム」です!



つまり!
その穴埋めをする「更新プログラムが提供されない」ということは …

その穴を利用して、PCを攻撃しようとする攻撃者から、
『PCを守ることが困難になる!』ことを意味します!


サポートが終了すること自体の問題よりも、
ウィルス対策ソフトなどの、
「パソコンを守る為のソフトも対応しなくなる」ことに問題があるんです。d^^;


Sponsored Link

Windows Vistaのリスクとよくある3つの誤解

Windows Vistaを使い続ける人の中には、
おそらく、以下のような誤解をしている人も、少なくないと思います。

  • ① サポートが終了しても、まだ使える!

  • ② 漏洩して困るような機密情報は、持っていないから大丈夫!

  • ③ ウイルス対策ソフトが入っているから問題ない!


「ウイルス」「不正アクセス」について、
多くの人が、
「何も悪いことをしていなければ、被害に遭わない」と思っています。

しかし、

それは まったくのでたらめです!

何もしなくても被害に遭ってしまうし、
さらには、犯罪に荷担することにもなってしまいます!


「ウイルスや不正アクセスは、無差別攻撃です!」


世界においても、2割以上の人がVistaを使っていますので、
クラッカーにとっては「絶好のカモ」です。


2012年に発生した「不正アクセス事件」では、
PCにマルウェアを埋め込まれて、不正アクセスに利用されていた、
いわば被害者が「警察によって4人も誤認逮捕される」という事件が起こり、
世を騒がせたことがありました。


Windows Vistaを使い続けるという事は、
「そうした事件に巻き込まれるリスクも高まる!」という事です。


WindowsVista!サポート終了でどうなる?「Vistaを使い続けるリスク」

攻撃者からすれば、
Windows Vistaは、楽に落とせる隙だらけの獲物となり、
積極的に狙った攻撃が、今後さらに増えていく可能性は高いでしょう。



と、このあたりまで認識できたら、
先程の「3つの誤解」は、わかったも同然ですよね?!


Windows Vistaのサポート終了でどうなる?「まとめ」

では、念のため、
最後に、もう一度「お復習い」しておきましょう♪

  • 【誤解 ①】
     サポートが終了しても、まだ使える!

    ネットワークに接続して利用することは、非常に危険!
    更新プログラムの提供が終了し、脆弱性が飛躍的に向上するため、
    悪意を持った攻撃者の、格好の的となる!


  • 【誤解 ②】
     漏洩して困るような機密情報は、持っていないから大丈夫!

    メールのアドレス帳にある連絡先なども、重要な機密情報!
    自分のPCが踏み台となって、
    相手にウイルスを勝手に送りつけることもある!


  • 【誤解 ③】
     ウイルス対策ソフトが入っているから問題ない!

    Windows Vista発売当時と比較すると、
    セキュリティの脅威は飛躍的に高度化している!

    これに対応するためには、OS更新プログラムの適用や、
    マルウェア対策をはじめとする様々な防御対策が必要!

    セキュリティ対策ソフトだけで対応していくことは、
    もはや、困難な状況です!



理解できてますか?!

ん~
まだちょっと、不安そうですね!?


では、
超簡単な例えで、まとめておきましょう。d^^

あなたの家(PC)に、外部から泥棒害虫が侵入します。

それを予防するために、
セキュテイソフト(ウイルス対策ソフト)で、玄関を見張っています。

一般的な家庭である、あなたの家には、
大金はもちろん、お金になる様な情報も置いてありません。


家が古くなってくると、あちこち痛んで、
玄関以外でも、侵入されそうな場所がでてきます。

これが、「セキュリティホール」です。

この侵入箇所(セキュリティホール)を、
修正して穴埋めするために、
アップデート(更新プログラム)されていました。


しかし、サポートが終了して、
今後は、修復できない状態になってしまいました。

いくら、セキュテイソフトを最新にできたとしても、
見張る人が、少し強化できた程度で、
肝心な家自体の穴埋め修復は、まったく行えません!


と、こんな状態ですので、
泥棒害虫にとっては、「絶好のカモ」となるわけです。d^^;



どうですか?

これなら、よ~くわかりますよね♪ (^-^)


次回は、
Windows Vistaサポート終了後の、対策方法についてです!


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2016/02/11 PC・IT関連 ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑