iPhoneのライトニングケーブル!おすすめ商品を買ってみた!

公開日: : 最終更新日: 2016/10/31 PC・IT関連, ショッピング , , , , , 約 6分

iPhoneの「ライトニングケーブル」

ネットで比較的安く売られている、
Apple純正以外のケーブルって、どうなのよっ!?


あっ!「安い」と言っても、
もちろん、『Apple認証』のライトニングケーブルですよっ!

iPhoneのライトニングケーブル!おすすめ商品を買ってみた! Photo by : amazon (http://www.amazon.co.jp)


ご存じの様に、
iPhone 5以降の製品では、Lightning(ライトニング)』と呼ばれる、
新しい「Appleの独自規格の端子」が採用されています。


当然、管理人の現在使用している iPhoneやiPadも、
共に、このライトニングケーブルを使用しています。



今回は、
iPhoneのおすすめライトニングケーブル』レビューです!


『Apple純正ケーブル』ではないんですが、
「Apple認証のケーブル」を、amazonで 試しに購入してみました♪

で、Apple純正ライトニングケーブルとの違い
また、長さによるサイズ比較 をしてみました。d^^


Sponsored Link


iPhoneのライトニングUSBケーブル

「Dock」と呼ばれた、旧ケーブルと同様、
ライトニングケーブルも、一時は 激安商品が多く出回っていましたね♪


かなり以前までは、サブ用のケーブルとして、
100均ショップや、パーツショップで売られていた、
激安のライトニングケーブルを、使用していたこともありました。

もちろん、iPhoneの充電が目的で、
データ転送などは、確か できなかったと記憶しています …。



ところが、ある時期を境に、
Apple認証以外のこれらのケーブルは、使用できなくなりました!


iPhoneのライトニングUSBケーブル

ご存じの様に、
Apple純正のケーブル(Apple Lightning-USBケーブル)は、
税別価格で、¥2,200(1m)もするんです …。

「2m」の長さになると、なんと¥3,500です!


メインで使うならまだしも、
携帯用や、サブとして使用する目的なので、
貧乏人の管理人にとっては、かなり高く感じてしまいます。^^;


おすすめのライトニングケーブルを買ってみた!

使用しているライトニングケーブルが、断線したとか、
紛失したとか、特に困っていたワケではないんですが …

メールやネット閲覧時など、
例の「あなたへのおすすめ …」を、ちょいちょい目にして、
気になってはいたんです。d^^;


その「おすすめライトニングケーブル」は、
もちろん、AmazonベーシックライトニングUSB充電ケーブル


amazonのライトニングケーブルって?

「Amazon Basics」とは、
「高品質な商品を低価格で!」という、Amazonのプライベートブランドです。d^^


では、その『Amazon Basicsライトニングケーブル』
いったい、どんな商品なのか!?

Amazonベーシック
ハイクオリティーライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計』


iPhoneのおすすめライトニングケーブル「Amazonベーシック ハイクオリティーライトニングUSB充電ケーブル 小型ヘッド設計」 Photo by : amazon (http://www.amazon.co.jp)


Apple認証(Made for iPhone取得)
  for iPhone5 / 6 / 6PLUS / 6s / 6sPLUS / iPad Air / iPad mini / iPod

  • • アップルのMFI認定商品
  • • Appleデバイスと接続して充電や同期ができる
  • • コンパクトな改良版コネクタヘッド
  • • Amazon ベーシック 日本国内保証(1年)付き


  • 『充電と同期』

    アップルのMFi(iPhone, iPad, iPod用)認定は、
    アップルデバイスとの充電と同期に関する完全な互換性を保証します。

    Lightning アダプタをアップルデバイスに接続し、
    充電の場合は、USB側を壁のコンセントかUSBハブに接続し、
    データ同期の場合は、コンピュータに接続してください。

  • 『ほとんどすべてのケースで使える小型ヘッド』

    直径は0.8cm、高さは0.5cmと細いLightningアダプタは、
    非常に小さいので、ほとんどのケースに使えます。

    プラグの抜き差しや、再充電の繰り返しにも十分な耐久性があります。
    (4,000回の曲げ試験を実施済み)

  • 『互換性』

    ライトニングコネクタを持つApple製品で動作します。
    iPhone6, iPhohe6 Plus, iPhone5, iPhone5C, iPhone5S, iPad Air, and iPod Nano.

  • 『ケーブルとコネクタ』

    銅線:高品質の銅線による最高の信号品質と耐久性の向上
    絶縁体:個々の銅線を保護する高抵抗絶縁体
    シールディング:銅線・アルミホイル・マイラーによる遮蔽で干渉を低減し、
     摩耗を防止する保護層を追加
    外部ジャケット:外部ジャケットはソリッドPVC製で、 ケーブルを損傷や摩耗から保護


Sponsored Link


購入の決め手は「Apple認証」「価格」「レビュー」

このライトニングケーブル、
購入の決め手になったのは、「Apple認証」「価格」「レビュー」の3点です!


Apple認証(MFi認証)とは?

Apple社では、Lightningケーブルに関する
ディベロッパ向けの認証プログラムを用意しており、
基準を満たすことで、「MFi認証済み」と認定されます。

いわば、「Appleが 品質や性能にお墨付きを与えている」ということです。


認可の証であるICチップや、ハードウェアコネクタが提供されるので、
Lightning端子に対応する、すべての機器で使用可能です。

さらに、iOSのバージョンがアップしても、問題なく使用できます。



で、問題の「価格」は、

10cm 90cm 180cm
ホワイト ¥820 ¥840 ¥990
ブラック ¥820 ¥840 ¥990

となっていて、
しかも!「税込み・送料込み」の価格(2016年2月現在)です♪ d^^


Apple純正ライトニングケーブルと比較!

「現在」の Amazon Basicsライトニングケーブルは、
旧製品に比べて、だいぶスリムになり、
サイズ・形状ともに、Apple純正のものに近くなっています!


実は、今回、
2種類の長さ(90cm180cm)を、試しに購入してみたんですが …

同じ商品でも、
長さが倍(180cm)になれば、ケーブルの太さも、少し太くなっていますし、
プラスチックのコネクタ部も、当然 大きくなっています。


180cmケーブル(右)を、Apple純正ケーブルを比較すると …

iPhoneのライトニングケーブル「Apple純正とAmazonベーシック」比較 1



やや大きめのコネクタとはいえ、
iPhoneケース(バンパー)に当たらず、無事装着することができました♪

iPhoneのライトニングケーブル「Apple純正とAmazonベーシック」比較 2
↑ Apple純正ケーブル(上)と、Amazonベーシックの180cmケーブル(下)


ちなみに、
使用バンパーは、id America「Cushi BAND」です。 d^^




実際に、3つのケーブルのサイズを測り、「Apple純正ライトニングケーブル」と、
また、「長さによる違い」を比較してみました!

参考までに …

Ligtningコネクタ USBコネクタ ケーブル
Apple純正 12.0 × 7.7 × 4.7mm 13.0 × 13.0 × 5.4mm 2.7mm
Amazon Basics(90cm) 13.2 × 8.6 × 5.0mm 15.8 × 14.6 × 7.0mm 2.6mm
Amazon Basics(180cm) 18.3 × 9.1 × 5.8mm 16.1 × 14.6 × 7.0mm 3.0mm


ノギスにて実計測したサイズですので、
多少の誤差があるかも … そのあたり、ご了承願います。m(_~_)m


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2016/10/31 PC・IT関連, ショッピング , , , , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑