スマホの新料金を比較!値下げプランを3社で比べてみた!

公開日: : PC・IT関連 , , 約 4分

ドコモ、au、SoftBankの 3社が「スマホ料金値下げ」へ!

各社の新料金プランは!?

スマホの新料金を比較!値下げプランを3社で比べてみた!

今年(2016年)1月、先だって発表されていた、
ソフトバンク「スマホ新料金プラン」(4月以降導入予定)。

さらに、
audocomoの発表で、大手3社の「新料金」が出揃いました!

というワケで、さっそく、
値下げされた『スマホの新料金プランを比較してみました!


Sponsored Link


スマホ料金「値下げ」へ!

昨年12月、
「スマートフォンの料金負担の軽減及び端末販売の適正化に関する取組方針」
を総務省が策定し、必要な措置を携帯電話事業者に要請しました。

その内容は、いくつかに分けることができますが、
主に、スマホ利用者の「金銭的な負担軽減」が趣旨で、
砕いて言ってしまえば、「値下げ要請!」と受け取ることができます。


ちなみに、
その『大手キャリアに向けた総務省の要請』とは、どんなものだったのか?

参考までに、確認しておきましょう d^^

【大手キャリアに向けた総務省の要請】

  • ① スマートフォンの(通信)料金負担の軽減
  • ② 端末販売の適正化等
  • ③ 仮想移動体通信事業者(MVNO)のサービスの多様化を通じた料金競争の促進


携帯キャリアへの要請は、
①と②に関係するもので、その取組状況を書面で報告することを求めている。

  • ・ライトユーザや長期利用者向けの料金プランを導入すること
  • ・通信の契約と一体化した端末の値引きや料金プランを理解しやすくすること
  • ・MNP利用者への行きすぎた端末購入補助を適正化すること


3社の「新料金」を比較!

総務省からの「値下げ要請」を受け、
年が明けた2016年1月から、順次『値下げ新料金』が発表されつつあります。

2016年2月2日の時点で、
大手3社(docomo・au・SoftBank)の『新料金』が出揃いました!


値下げした「新料金」は?

現時点で発表されている、
大手3社の『新料金プラン』は、どうなっているのか?


ソフトバンクの「スマホ新料金プラン」

SoftBank(ソフトバンク)は、
スマートフォンの利用料金に、データ通信の容量を1GBに抑えたプランを、
月額2,900円で、4月以降導入すると発表した。(2016/1/7)

1回5分まで無制限で利用できる、通話定額ライトプラン(月額1,700円)と、
ネット接続料(同300円)と組み合わせる最も安いコースで、月額4,900円で利用できる。


従来のスマホ向け最低料金は、
データ通信量2GB(3,500円)のプランと、時間無制限の通話かけ放題のプラン(2,700円)、
ネット接続料の合計で月額6,500円だったので、新料金プランは1,600円の値下げとなります。


auの「スマホ新料金プラン」

au(KDDI)は、
データ通信容量が1GBで、月額4,900円
スマートフォン向け料金コースを、3月に新設すると発表した。(2016/2/1)

auは今回、容量1GBで月額2,900円のデータ通信プランと、
1回5分までなら何回でも通話できる通話定額プラン(月額1,700円)などとのセットで、
月額5,000円以下を実現した。


こちらは、現行よりも月1,300円利用料が値下げになります。

また、
KDDIが提供する自宅のインターネットと、固定電話もセットで契約すると、月額3,966円になる!



「au」「ソフトバンク」は、ほぼ同じ様な料金プランですね d^^

これに伴って、毎月1GBのプランに収まる使い方を追求するユーザーが増えるなど、
すぐに、スマホユーザーに波及することは確実といえます。


「1GB」は、動画で4時間半程度のデータ量です!


Sponsored Link


docomoの「スマホ新料金プラン」

NTTドコモ(docomo)は、
1回の国内音声通話が、5分以内なら何度でもかけ放題の「カケホーダイライト」
(月々1,700円)を、10GBのデータ通信プランにも適用するほか、
5GBの「シェアパック5」(家族でデータ通信を分けあえるプラン)を、
3月から新設すると発表。(2016/2/2)

新料金プランの導入によって、
家族で分け合った場合は、1人あたりの新料金が5,000円を下回ることになる。


ちなみに、現行では、
データ通信プランは15GB以上から、シェアパックは10GB以上から。



ドコモの場合、他の2社とは違い、
「1人あたりの料金が 5,000円を下回る」と …

ちょっとだけ、ややこしく感じるかもしれませんね!?



例えば、3人家族の場合、

  • データ通信は「シェアパック5」、
  • 国内音声通話は「カケホーダイライト」、
  • 子供が「U25応援割」(データ通信1GBが追加される)

を適用したとすると、
合計で月最大6GBのデータ通信をしても、月額13,500円です。


つまり、「1人あたりでは 4,500円」になると …


さらに、
15年以上の長期ユーザーなら、「ずっとドコモ割(800円割引)」が適用されて、
合計12,700円(1人あたり 4,233円)となります。


表示の料金は、すべて「税別」となっています!


Sponsored Link

公開日: : PC・IT関連 , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑