箱ラッピングの方法!リボンのかけ方は?基本の4種をイラストで解説

箱ラッピングの仕上がりを、
大きく左右するのが『リボン』


箱ラッピングの方法!リボンのかけ方は?基本の4種をイラストで解説

前回の「結び方」に続いて、今回は リボンの「かけ方」

手順としては、こっちの方が先なんですが …(笑)


というワケで、
順序が逆になってしまいましたが、
箱ラッピングの方法『リボンのかけ方』の基本です!


例によって、今回も、
敢えて「イラスト」で、わかりやすく解説していきます♪


Sponsored Link


箱ラッピングの方法!リボンのかけ方

ラッピングに使う「リボンの種類」はもちろんですが、
リボンの「かけ方」「結び方」の組み合わせが違うだけで、
かなり、イメージが変わって見えますよね!?

「十字がけ」「斜めがけ」をして、ベーシックループで結んだのは、
よく見る、定番のラッピングスタイルだと思います。

ところが、
「ラインがけ」に シングルループなど、
さりげないスタイルが、意外とおしゃれだったりもしますよね♪


ベーシックループ」って? 「シングルループ」って? というアナタは …

前記事『ラッピングリボンの結び方♪箱ラッピングの簡単な5つの方法!』も、
ぜひ、参照してみてください♪


ラッピング用リボンのかけ方

ではさっそく、
プレゼントラッピングでは基本となる、
以下の『4パターン』のリボンのかけ方を紹介します♪


ラッピング用のリボンと言っても、
基本的には、「紐」と同じなんですが …

リボンの場合は、
幅があったり、素材によって滑ったりするので、
なかなか上手くいかないことも、少なくないですよね?

また、
リボンをかけて締めたら「どっちから 結びを始めたらいいのか?」
「必要なリボンの長さは?」についても、あわせて確認しておきましょう♪


「ラインがけ」の方法

まずは、
もっともシンプルな「ラインがけ」の方法です!

箱ラッピング用リボンのかけ方「ラインがけ」の方法

【リボンの長さ】:リボンをかける方向の箱1周分 + リボンを結ぶのに必要な長さ

「ラインがけ」の手順

  1. 最後に結ぶのに必要な長さを残して、
    箱の縁と平行になる様、まっすぐにリボンを1回巻く。
  2. 手前のリボンを上にしておく。
  3. 上にしたリボンを 下のリボンにかけ、結ぶ位置を決めて 交点を定める。
  4. 根元を締め、下のリボンでループを作って結びを始める。


「十字がけ」の方法

次は、
定番の「十字がけ」の方法です!

箱ラッピング用リボンのかけ方「十字がけ」の方法

【リボンの長さ】:(箱の縦 + 横 + 高さ)× 4 + リボンを結ぶのに必要な長さ

「十字がけ」の手順

  1. 最後に結ぶのに必要な長さを残して、縦に1回リボンを巻く。
  2. 残したリボンにかけて中心で捻り、
    裏側に回してひと巻きしたら、始めにかけたリボンの手前側にのせる。
  3. 始めに残したリボンを、イラストの様にかけ、根元をしっかり締めて 交点を定める。
  4. 下のリボンでループを作って結びを始める。


「斜めがけ」の方法

続いて、
こちらもプレゼントでは定番♪「斜めがけ」の方法です!

やり方自体は、簡単な「斜めがけ」ですが、
見た目のバランスをとって、緩まない様にするために、
ちょっとした「コツ」を、おさえておきましょう♪ d^^

箱ラッピング用リボンのかけ方「斜めがけ」の方法

【リボンの長さ】:(箱の縦 + 横 + 高さ)× 3 + リボンを結ぶのに必要な長さ

「斜めがけ」の手順

  1. 最後に結ぶのに必要な長さを、右上に残し、
    裏側に回して、左下にリボンを斜めにかける。
  2. さらに、右下の裏側に回し、
    リボンの端を右上表に出して、上下が平行になる様に整える。
  3. 始めに残したリボンを、下から回したリボンにかける。
  4. 箱の角で根元をしっかり締めてから、左側のリボンでループを作って結びを始める。


斜めがけは、リボンが緩みやすいので、
箱の角に、結び目をもってくることがポイント!

結び終えたら、ループを定位置に移動して整えましょう♪


Sponsored Link

「V字がけ」の方法

最後は、「V字がけ」の方法です!

箱ラッピング用リボンのかけ方「V字がけ」の方法

【リボンの長さ】:(箱の縦 + 横 + 高さ)× 4 + リボンを結ぶのに必要な長さ

「V字がけ」の手順

  1. 最後に結ぶのに必要な長さを残して、イラストの様に斜めにリボンをかける。
  2. さらに、縦にもう1回巻き、
    ①でかけたリボンと交差させて、始めに残しておいたリボンにのせる。
  3. 始めに残したリボンをイラストの様に通し、交点を定めてから根元を締める。
  4. 左側のリボンでループを作って結びを始める。



最近は、
100均ショップなどでも、リボンの種類がたくさんあるので、
『基本の4パターン』を覚えておくと、イメージに合ったリボンを選ぶ事ができますよっ♪d^^


Sponsored Link

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑