ボジョレーヌーボーの値段の違い!2つの価格差の理由とは!

公開日: : 最終更新日: 2016/10/11 ショッピング, フード・ドリンク, 行事・イベント , , 約 5分

「ボジョレーヌーボー」と一口に言っても、
かなり、値段に違いがありますよね?!

買うところによって、値段の違いがあるだけなの?

いやっ、それだけではなさそうです!

よく見ると、ラベルなんかも それぞれ違うみたいだし …

ボジョレーヌーボーの値段の違い!2つの価格差の理由とは!

ただでさえ、我々日本人には あまり馴染みがなく、
他のアルコール類と比べると、日常で飲む習慣が少ない「ワイン」

しかも、一定の時期しか流通しない、
プレミアム感満載の「ボジョレーヌーボー」

1年を通じて、この時期にだけ、
ワイン(=ボジョレーヌーボー)を飲む人だって、少なくないハズです。

プレミアム感に便乗して …w


ボジョレーヌーボーの値段の違い!」
また、「一般のワインとの違い」を、しっかり把握して、
今年は、更なるプレミアム感を味わって、より満喫ましょう♪


Sponsored Link


ボジョレーヌーボーの値段の違い

「ボジョレーヌーボーの値段の違い」は、
大きく分けると、2つに分類することができます。




さっそく、この「2つの値段の違い」について、
それぞれ 詳しく見てみましょう!


ボジョレーヌーボーの種類による値段の違い

生産者や生産地区、畑・ぶどうの木など、
いろんな要因で、ボジョレーヌーボーの味値段の違いが出てきます。

もっと細かく言えば、
ぶどう畑や剪定、天候や収穫量などですね。


もちろん、
他のワインでも、その違いが出てくるワケですが、
それを先取りして、
「今年のぶどうの出来はどうなのか?」
ボジョレーヌーボーを飲んで、見極めるんです。


これらが、ボジョレーヌーボーの種類の違いとなり、
種類品質による価格の差となるワケです!

ボジョレーヌーボーの種類による値段の違い

では、
「どう分類されているのか?」「どんな違いがあるのか?」を、
いっしょに見ていきましょう!


ボジョレーヌーボーは4種類に分類されている

フランスの、ワイン法で定められてる
ワインの分類のひとつに、「AOC」というのがあります。

この「AOC」は、
「アペラシオン・ドリジーヌ・コントローレ」と言って、
『原産地呼称統制ワイン』として、分類されます。

ボジョレーは、この「AOC」で 4種類に分類されています。

  • 地方名ボジョレー(Beaujolais)
  • 地区名である ボジョレー・シュペリュール(Beaujolais Superieur)
  • 村名ボジョレー・ヴィラージュ(Beaujolais Villages)
  • 畑名クリュ・ボジョレー(Cru Beaujolais)


AOCは、
フランスの中でも、特に最高級のワインであって、
地方名・地区名・村名・畑名の順番に、範囲が狭まり、
生産地の単位が小さくなるほどに、規定は厳しくなります。


当然、規定が厳しくなれば、より高価なワインとなります。



ボジョレーヌーボーの値段に、かなりの差があるのには、
実は、このような種類の違いがあったんです!


Sponsored Link




日本でもよく見かける「ボジョレー・ヴィラージュ」と、
「クリュ・ボジョレー」について、もう少しみてみましょう。


ボジョレー・ヴィラージュ

一般的なボジョレーヌーボーよりも、
ランクが上のものとして有名なのは、「ボジョレー・ヴィラージュ」です。

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボーとは、
ボジョレー地区の北側に位置する、
指定された38の村のみから産出された、新酒につけられる名称なのです。

AOCボジョレーを構成する96ヶ村のうち、
ソーヌ=エ=ロワール県の8村と、ローヌ県の38村は、
ボジョレー・ヴィラージュのAOCを、名乗ることができ、
ぶどうの収穫量やアルコール度数などが、 普通のボジョレーより厳しいんです。


クリュ・ボジョレー

「クリュ・ボジョレー」は、更に産地が限定されたワインです!

その限定された範囲に、はいっている村名は..

  • サン・タムール (St.Amour)
  • シェナス (Chenas)
  • ジュリエナス (Julienas)
  • シルーブル (Chiroubles)
  • ブルイィ (Brouilly)
  • コート・ド・ブルイィ (Cote de Brouilly)
  • フルーリー (Fleurie)
  • ムーラン・ナ・ヴァン (Moulin a Vent)
  • モルゴン (Morgon)
  • レニエ (Regnie)

となっています。


したがって、
クリュ・ボジョレーは、このうちの どこかの産地となります。


これだけ絞られていれば、上質なワインに限定されますし、
それに比例して、値段も高くなりますよね!


ボジョレーヌーボーの味の違いは?

ボジョレーヌーボーの「種類」について、説明してきたので、
「一般的なワインとは、どう違うのか?」
肝心の「味」についても、ちょっとだけ触れておきますね♪


ボジョレーヌーボーは、
「マセラシオン・カルボニック」という醸造法で、
急速で発酵させ、短期間でワインに仕上げるために、
ぶどうを潰さずに、そのまま発酵させています。

そのため、
一般的なワインより、タンニンが少ないことから、
ワインの渋みや苦みが少なくて、まろやかなところに特徴があり、
独特の清涼感や、爽やかな香りが際立ちます。


ボジョレーヌーボーは、
「その年のぶどうの出来を占う!」という意味でも、
重要な役割をはたしているんです♪


ワインの「品質以外」による値段の違い

続いて、もう一方の、
「品質以外による値段の違い!」についてです。

こっちは、けっこう単純明快です!

上述の「ボジョレーヌーボー自体の品質の違い」に対して、
こちらは、「それ以外のコストによる価格差」になります。


具体的には、
「瓶」「輸送」「中間マージン」「税金」などですね♪



日本では、複数のワインメーカーから、
複数の会社が、それぞれ輸入しています。

それにかかるコストや、利益などがそれぞれ違うので、
当然、販売の値段にも価格差がでるワケです!


ここ数年では、
ペットボトルに入った ボジョレーヌーボー」を、
よく見かけるようになりましたよね♪

なんか、ちょっと滑稽に見えるワインで、
ジュースと間違っちゃいそうな ボジョレーヌーボーですが …w


これは、
材料コストを下げるのはもちろん、
輸送コストや、税金を下げる事にもつながっているんです。

実は ワインって、
本体以外のこれらコストが、半分ぐらいの割合を占めているので、
これだけでも、販売価格をかなり下げることができるんです!


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2016/10/11 ショッピング, フード・ドリンク, 行事・イベント , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑