システム手帳のサイズ比較!アナタにおすすめのサイズはコレ!

公開日: : 最終更新日: 2015/12/10 ショッピング, ビジネス , , 約 6分

「システム手帳」って、どんな種類のサイズがあるの?

おすすめのサイズはどれなの!?


システム手帳のサイズ比較!アナタにおすすめのサイズはコレ!

システム手帳を選ぶ際に、
手帳のブランドデザイン性リフィルの種類などを考慮しませんか?

もちろん、それも大切なんですが、
それらよりも、まずは『サイズ』を選ぶことが大前提となります d^^

実用面から言えば、
やはり「サイズ感」がもっとも重要となります!


なぜなら、
システム手帳は、サイズによって「使いやすさ」が全然異なってきますし、
場合によっては、「活用の幅」に違いが生じてしまうこともあります。



というワケで、今回は、
システム手帳のサイズ比較」はもちろん、
『アナタに合ったおすすめのサイズを紹介します♪


Sponsored Link


システム手帳のサイズ

ノートなどのサイズ場合、「A4」「B5」といった様に、
JIS(日本工業規格)による、A判B判のサイズが基本となっています。

では、
システム手帳のサイズの場合はどうでしょう!?


JMAM(日本能率協会マネジメントセンター)によると、
「システム手帳リフィルの主なサイズ」は、以下の様になっています。

【システム手帳リフィルの主なサイズ】

  • A5サイズ(W148mm×H210mm)
  • バイブルサイズ(W95mm×H171mm)
  • ナローサイズ(W80mm×H171mm)
  • ミニ6サイズ(W80mm×H126mm)
  • ミニ5サイズ(W61mm×H105mm)

  • ※リフィルサイズは、メーカーにより±1mm程度違いがあります。
     また、メーカーによって「オリジナルのサイズ」がある場合もあります。



「ポケットサイズ」は、メーカーによって様々で、
ミニ6サイズや、B7程度のサイズを表す場合もある様です。d^^


システム手帳のサイズ比較

例えば、
「A5サイズと、バイブルサイズのシステム手帳!」
と言われても、なんだか ピンとこないですよね!?

上述の様に、A5サイズは W148mm×H210mm
そして、バイブルサイズは W95mm×H171mmです。

「と言われても …」って感じですよねっ ^^;

なので、
上述の「システム手帳の5サイズ」を、一度に比較してみましょう♪


システム手帳のおすすめは?「サイズ比較!」


どうです!?

これなら、「各サイズの違い」が かなりイメージできますよねっ!


Sponsored Link

おすすめのシステム手帳サイズと特徴

サイズと、サイズの違いはわかったけど …

「いったい、どのサイズのシステム手帳がおすすめなのよ!?」
ってことで、
次は、使うスタイルに合ったサイズと、その特徴について見ていきましょう♪


アナタにおすすめのシステム手帳のサイズは!?

見た目のイメージも大切ですが、
システム手帳のサイズは、
なんと言っても、「使うスタイルや目的」に合った大きさを選ぶことが重要です!

では、
どんな使用目的の場合に、どんなサイズが最適なんでしょう?

あなたのスタイルに合った「おすすめのシステム手帳」はこのサイズです!

おすすめのシステム手帳サイズと特徴 Photo by:Bindex (http://bindex.tokyo)


  • 「オフィスのデスク用、会議や打合せのメモ用として最適!」

     >> そんなアナタにおすすめなのは 『A5サイズ』

    A5サイズ(W148mm×H210mm)】

    日常的に携帯するには「最大のサイズ」で、余裕のある筆記面積が魅力で、
    A4サイズとの相性もよく、ビジネスユ-スを中心に人気があります。
    A4書類をパンチして2つ折りにすれば、そのままバインダーにセット可能。
    また、A4資料を71%縮小でA5の無地リフィールにコピーすることもできます。



  • 「デスクでも 外出時でも、ハンディサイズで高い機動性!」

     >> そんなアナタにおすすめなのは 『バイブルサイズ』

    バイブルサイズ(W95mm×H171mm)】

    システム手帳の標準的なサイズ。
    日本では、「バイブルサイズ(聖書サイズ)」の呼び方が一般的だが、
    欧米では、「パーソナル」「ミディアム」などと呼ばれることもある。
    リフィルの種類も豊富で、システム手帳の入門者にもおすすめのサイズ。



  • 「バイブルサイズを、手帳感覚で使いたい!」

     >> そんなアナタにおすすめなのは 『ナローサイズ』

    ナローサイズ(W80mm×H171mm)】

    日本の元祖システム手帳ブランド「knoxbrain」が、1990年に開発したサイズ。
    バイブルサイズのリフィルを、横幅だけ15mm短くしたサイズで、
    リングはバイブルサイズと同じ。
    「スリム」サイズとも呼ばれ、手帳では「ウィックサイズ」とも呼ばれている。



  • 「持ち歩いても違和感がなく、コンパクトに使いたい方におすすめ!」

     >> そんなアナタにおすすめなのは 『ミニ6サイズ』

    ミニ6サイズ(W80mm×H126mm)】

    携帯しやすく、ある程度の筆記面積もあります。
    「ポケットサイズ」「ミニ6穴」「mini6」などと呼ばれることもあり、
    リフィルは種類も豊富で、情報カードなどの「5×3サイズ」と同じ。



  • 「ビジネス周りのツールを、オールインワンでスッキリと携帯!」

     >> そんなアナタにおすすめなのは 『ミニ5サイズ』

    ミニ5サイズ(W61mm×H105mm)】

    胸ポケットなどにも入れられる「最小サイズ」で、
    「ミニ」「ミニ5穴」「mini5」などと呼ばれることもある。
    小型のバインダーを、メモと名刺・カード類入れの兼用で使うユーザーも多い。


リング径と収納枚数

同サイズのシステム手帳でも、
複数のリングサイズ(リング径を、取り揃えている場合があります。

そのため、「リング径」を考慮することで、
さらに、「様々なスタイルにあったシステム手帳」を選ぶことができます! d^^

【リング径と収納枚数の目安】

  • リング径:30mm / 収納枚数:約250枚
  • リング径:25mm / 収納枚数:約200枚
  • リング径:20mm / 収納枚数:約150枚
  • リング径:15mm / 収納枚数:約100枚
  • リング径:11mm / 収納枚数:約70枚
  • リング径:8mm / 収納枚数:約55枚

  • ※リングサイズの表示は、内径の寸法となります。




リング外径は、表示のリングサイズ(内径)+約5mmとなり、
さらに カバーは、カバーそのものの厚みが「+10mm程度」となります。

例えば …

  • 内勤で、会議用のメモとプロジェクト管理が中心の人は、A5サイズリング径15mmタイプ
  • 外出が多く、様々な用件を管理したい人は、バイブルサイズリング径25mmタイプ
  • 時間管理中心で、システム手帳を使いたい人は、ミニ6サイズリング径11mmタイプ

という様に、
使うスタイルに合った「最適なサイズ」を選ぶことをおすすめします♪


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2015/12/10 ショッピング, ビジネス , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑