iTunesでiPhoneをバックアップ・復元する方法!

公開日: : 最終更新日: 2016/06/29 PC・IT関連 , 約 5分

スマホを機種変更する時って、
「ワクワク感」と、再設定などの「煩わしさ」
感情が入り交じって、ちょっと複雑な感情になりませんか?

その「煩わしさ」だけを、低減させるための、
『iPhoneのバックアップ・復元方法!』を紹介します!


Sponsored Link


先日、2年ぶりに iPhoneを機種変更しました。

iPhoneからiPhoneへの機種変は、はじめてだったので、
もちろん、iTunesでのバックアップ・復元も初の体験。


iTunesを使用しての復元で、上手くいかない事例もあるようです。

そんな思いを絶対したくない管理人は、
事前にかなり調査しておいたので、
幸か不幸か、スムーズに完全再現できました!

「上手くいかない方の参考になれば…」と、
記事にして、情報をシェアしたいと思いますので、
ぜひ参考にして、復元を成功させてくださいね♪


iTunesでバックアップ・復元する

「iTunesでのiPhoneをバックアップ・復元」で、
どの程度、以前の状態に戻せるのか?

他には、どんなメリットがあるのかを、
まず最初に、見ておきましょう!


iTunesでバックアップ・復元するメリット

iTunesを使用して、バックアップ&復元を行えば、
様々なアカウント情報や、パスワードも引き継げます。

以下のものは、バックアップ可能です!

  • 連絡先・よく使う連絡先
  • アプリのデータ
    (アプリ自体と一部のデータは保存されません)
  • アプリの設定・環境設定・書類などのデータ
  • ウェブページに自動入力する内容
  • カレンダーのアカウント
  • カレンダーに登録している予定
  • 通話履歴
  • カメラロールの写真・ビデオ
  • Game Center のアカウント
  • ホーム画面のアプリの配置
  • アプリ内で購入したもの
  • メールアカウント・Wi-Fi・ウェブサイト・
    アプリのパスワード
  • 位置情報の使用を許可したアプリ・ウェブサイト
  • メールアカウント
    (メールそのものはバックアップされません)
  • インストールされているプロファイル
    (別のデバイスには復元できません)
  • マップアプリのブックマーク・検索履歴
  • Microsoft Exchange のアカウント設定
  • ネットワーク設定
  • Nike+iPod のワークアウトと設定
  • オフラインのウェブアプリのキャッシュ・データベース
  • 登録されている Bluetooth デバイス
  • Safari のブックマーク
    (Cookie・履歴・オフラインデータ・現在開いているページ)
  • 保存されている変換候補
  • iMessage・SMS・MMS のメッセージ
  • ボイスメモ
  • 壁紙
  • ウェブクリップ


復元後に、通常必要なアカウントなどを
再設定する手間も省るので、とってもオススメですよ♪


Sponsored Link

iTunesでiPhoneをバックアップする

iTunesのバージョンを確認

まず、iPhoneをバックアップする前に、
iTunesのバージョンを、最新にしておく事をおすすめします。
(バージョンアップは、不具合を修正も含んでいますので…)

必ずしも、最新じゃなくても可能なんですが、
最低でも、接続するiPhoneの発売時期以降
iTunesバージョンかどうかは、確認しておきたいですね!


説明しているバージョンは「iTunes11」です。


iPhoneをバックアップする

iTunesに、バックアップするiPhoneを接続したら、
[iPhone]をクリックします。

iTunesでiPhoneをバックアップ


iTunesでiPhoneのバックアップを暗号化

  1. iTunes の[バックアップ]タブで
    [自動的にバックアップ]の、
    [iCloud] [このコンピュータ]にチェックを入れます。

  2. さらに、
    [iPhoneのバックアップを暗号化]にもチェックを入れます。

  3. [今すぐバックアップ]で、バックアップが開始されます。


ちなみに、管理人の場合は、
PCにバックアップを選択してみました ^^;

 必ず、
「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れて下さい!

 ※ここにチェックが入っていないと、
 アカウントやパスワード情報を、そのまま引き継ぐことができせん。

Lineのバックアップとトーク履歴の引き継ぎ方法


iTunesでiPhoneを復元する

iTunesに、新しいiPhoneを接続したら、
[バックアップを復元]をクリックして、復元します。

iTunesでLINEのトーク履歴を復元


復元が完了して確認してみると…

カメラロールフォトライブラリのデータ、
アプリメッセージはもちろん、
アイコンの配置壁紙まで、すべて元通りになっていましたよ♪


『iPhoneを復元』と『バックアップを復元』の違い!

[バックアップを復元]は、「バックアップ時点に復元」する方法で、
ユーザーが作成・変更したデータを戻す(iOSを除く)ための復元方法です。

対して、
[iPhoneを復元]は、iPhoneに保存されている
すべてのデータ(iOS含む)を「完全初期化」する方法です。



連絡先などが復元されていない場合

「連絡先が復元されていない」などと、よく聞きますが、
バックアップされていれば、復元は可能ですよ♪

iTunesで確認してみてください。

iTunesでiPhoneを復元


「情報」には、
[連絡先を同期]や、[カレンダーを同期]などがあります。

「情報」のほかにも、

  • 「App」
  • 「着信音」
  • 「ミュージック」
  • 「ムービー」
  • 「テレビ番組」
  • 「写真」

などの、
保存されている、iPhoneバックアップの一覧があります。



バックアップされている項目については、その時の状態に戻せます!」



連絡先等も、iTunesのバックアップから復元でできますが、
連絡先やメモなどは iCloudに同期しておけます。

機種変して、自宅に戻る前に、
iCloudの設定をすれば、瞬時に連絡先が同期されますよね?


「iPhoneのバックアップと復元」でお困りの方の、
参考になれば幸いですが、残念ながら復元の保証はできません …。

 「必ず、自己責任で行ってくださいね。」


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2016/06/29 PC・IT関連 ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑