クリスマスをXmasと表記する由来とは!「X’masは間違い?」

公開日: : 最終更新日: 2015/11/03 語学・学習 , , 約 4分

「Xmas」「X’mas」の違いは何!?

そして、
どっちが正解で、どっちが間違いなの?

クリスマスをXmasと表記する由来とは!「X'masは間違い?」

少し前までは、クリスマスを、
「Xmas」または「X’mas」と表記されているのを、よく見ましたよね♪


ところが、この「Xmas」という表記、
見かける機会が、以前より少なくなったと思いません!?

特に、「X’mas」って表記は、
最近では、見かけた記憶がない … ってほどです d^^;


クリスマスを Xmasと表記する由来って!?

そして、
「Xmas」「X’mas」は どう違って、どっちが間違いなのか …?


そもそもの「由来」がわかれば、簡単に理解できますよっ♪


Sponsored Link


クリスマスを「Xmas」と表記する由来

クリスマスは、イエスの降誕を記念するもので、
Christmasの Christ「キリスト」mas「礼拝」を意味します。


つまり、キリストのミサ(Christ+mass)という原意です。



では、「Xmasと表記する由来は!?」


「Xmas」という表記は、
「ギリシャ語の省略形」を用いて表記したものです。

「んっ? どういう事 …!?」ってなりますよね?


もう少し、詳しくみてみましょう♪


Xmasの「X」はギリシャ語

そもそも、Xmasの「X」って、
実は、「エックス」ではないんです!

これは「ギリシャ語」で、
ギリシャ語では、キリストを「ΧΡΙΣΤΟΣ(Χριστος)」と表記します。

ヘブライ語の「聖油で清められた者(=救い主)」を意味する、
メシア(Messiah)を、ギリシャ語にした「ΧΡΙΣΤΟΣ(クリストス)」。



ローマ字の「X」に見える第一文字は、このギリシャ語の「X」で、
「カイ」「キー」と読み、アルファベットの「CH」に相当する音です。


英語のChristmasの「Christ」の部分を、ギリシャ語の「X」、
つまり、
キリストの第一文字(頭文字)に置き換えたもの
が、
「Xmas」という表記というワケなんです!


ちなみに、このギリシャ語の「X(カイ)」は、
アルファベットの「X(エックス)」の元になった文字でもあるんです。


Sponsored Link

「Xmas」表記と「X’mas」表記

日本の風潮では、
クリスマスの省略形は、「Xmas」が多いと思いますが、
「X’mas」という表記も、よく使われていました。

ところが、
New York Times での使用状況を見ると …
「X-mas」という表記はあっても、「X’mas」という表記は ほとんど皆無です!


クリスマスを「X’mas」と表記するのは間違い!?

よく考えてみれば、日本でも最近は、
「X’mas」という表記を、あまり見かけなくなりましたね!?

なぜなら、
「X’mas という表記は間違いだ!」とされているからなんです d^^

クリスマスを「X’mas」と表記するのは間違い!?

では、そのあたりを、
もう少し詳しくみてみましょう♪


『 ’ 』は省略符号

上述の様に、
『X』は、「キリスト」を表すギリシャ語の頭文字で、
『mas』は、「礼拝」や「祝祭日」という意味の英語です。

ご存じの様に …

』(アポストロフィー)は、英語で「省略符号」として使われます。


つまり、『X』は「Christmas」の省略というわけではないので、
「アポストロフィー」をつける必要がないのです!



クリスマスに「Xmas」の表記は使われなくなった?

NHK放送文化研究所(NHK ONLINE)サイトでは、
『「クリスマス」の略した英語の書き表し方は「Xmas」が正しい表記です。』
と、記載されていますし、

明鏡国語辞典第2版(大修館書店)では、
『俗用。正式には避けたい』などと、説明されています。


「Xmas」は使われなくなった?

「Xmas」は、
もともと、商業的に使われた略式表記です。

Christmasと違い、Xmasは 文字数が少ないので、
全体で長い文言を盛り込む必要がある広告などでは、使い勝手が良いんです!


ところが、この「Xmas」という表記
最近の欧米では、あまり使われなくなっている様です。

金城学院大学水野教授によると …

20世紀以前、書き言葉を使うことができた人々は、
Xmasの「X」が、
ギリシャ語の「キリスト」を意味する文字だということを知っていました。

しかし、識字率が向上し、一般市民にも読み書きが普及すると、
「X」は、単なる英語のアルファベットの一つと受け止められ、
本来「X」に込められていた、宗教的な意味合いが薄れていくことに …。


その結果、
「Xmasは、次第に商業主義的な印象が強まって、敬遠されるようになり、
 公式な場所では使われなくなった。」
という事です。



実際、
クリスチャン向けの解説書
「The Christian Writer’s Manual of Style」には、
「広告以外ではXmasは使うべきでない」と記述されています。

また、米国の有力紙でも、
「Xmasという表記は、避けるようにしている」ところがあるようです!


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2015/11/03 語学・学習 , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑