リボンの簡単な作り方♪ラッピング用ループリボンを写真で解説!

公開日: : 最終更新日: 2016/01/17 行事・イベント , , , , 約 7分

ラッピング用リボンの作り方は、
YouTube動画などで、解説されているのは見かけますよね♪

ところが、見ながらいっしょに作る場合
「動画だと、逆に不便」だったりしませんか!?

リボンの簡単な作り方!ラッピング用ループリボンを写真で解説♪

「写真などの静止画を使った作り方の説明」って、
意外と少ないんです。

なぜなら、
動画に比べて、凄~く手間がかかるからです!(笑)


わかってしまえば、簡単にできるリボンの作り方♪

なんとか頑張って、
作り方の手順を、わかりやすく説明していきますねっ d^^;


写真付きで、詳しく解説しているので、
一見、難しそうに思えるかもしれませんが …

それには、「コツ」と少しの「慣れ」が必要かもしれません。


『難しそうで、実は簡単!』『簡単だけど、意外と難しい!?』


手順を見ながら、是非やってみてください♪


Sponsored Link


ラッピングに使われるリボンの結び方

ラッピング用のリボン装飾には、
いろいろな作り方があると思います。

その中でも、今回は、
「ループリボン」の作り方を紹介します♪


この「ループリボンの作り方」を覚えておけば、
けっこう応用ができて、なにかと便利に利用できるんです♪


簡単手作り♪ラッピング用「ループリボン」の作り方


ループリボンとは

そもそも、このループリボンとは、
花屋さんが、ラッピングする時によく使います。

ギフト用などで、ラッピングされた花束の、
手元の部分に、よくついているリボン装飾です。(そぉ!アレですっ d^^

装飾としてはもちろん、
結んだり、束ねたりも同時にできるんです♪


花屋さんの様に、
花束を飾るってことは、そうそうないと思いますが …

ちょっとしたプレゼントや、ギフトのラッピング
クリスマスツリーリースバレンタインなど、
手作りのアクセントモチーフとして、手軽で使い勝手がGood!


材料は、ラッピングリボンだけなので、
当然、コストもほとんどかからず、簡単に作れてしまいます♪


簡単!ラッピング用ループリボンの作り方!

ループリボンを作るのに、今回使用したのは、
25mm幅12mm幅「ラッピングリボン」

もちろん、
リボンの色や幅を変えなければ、1本だけでも作れますし、
色や幅などを変えれば、たったそれだけでイメージも違ってきます♪


ループリボンの作り方手順を写真付きで詳しく解説♪

「ループリボンの作り方」でも、何通りかあるんですが …

基本の作り方を抑えつつ、
実際に使いやすい(または 作りやすい)様に、
「花屋さん監修のアレンジ」も加えて、手順を解説していきますね♪


では、
いっしょに作ってみましょう!


簡単手作り「ループリボン」♪リボンの作り方 手順1 【手順 1】

まずは、
親指の周りを一周する様に、
リボンで、小さめの円を作ります。

[point!]
円の開始位置は、
リボン先端が、親指の腹側です d^^

簡単手作り「ループリボン」♪リボンの作り方 手順1(補足)「裏表があるリボン」の場合、
リボンを折り返して、表面を出します。

※以降、写真とは向きが反対になりますが、
 基本的な手順や、作り方は同じです♪

[hint!]
折り返さずに、捻って表面を出しても良いですが、
形を整えにくく、ちょっとやり辛いと思います d^^;

簡単手作り「ループリボン」♪リボンの作り方 手順2 【手順 2】

手前にきているリボンを、
円を描く様に、下側から向こう側に回します。

[hint!]
親指と中指で、
円の中心で、しっかり挟んで固定!

『裏表があるリボン』の場合、
リボンの表面を出すために、捻って反転させます。d^^

※以降の手順でも、同様に捻って「表面」を出していきます!

『裏表が目立たないリボン』の場合は、
「厚さを抑える」のと「単純化」のために、この方法をおすすめします♪



簡単手作り「ループリボン」♪リボンの作り方 手順3 【手順 3】

同様に、円を描く様に、
今度は、リボンを手前側に持ってきます。

[hint!]
左右(写真では上下)の円が、
同じ大きさになる様に、バランスをとりましょう♪

簡単手作り「ループリボン」♪リボンの作り方 手順4 【手順 4】

中央の指でつまんでいるところを、
少し過ぎたところで、リボンを折り返します。

[point!]
やや斜めに折り返して、
[手順 3]で作った位置とはズラします d^^

簡単手作り「ループリボン」♪リボンの作り方 手順5 【手順 5】

[手順 3]と同様に、
円を作って、リボンを手前側に!

[hint!]
後ろの円は、やや大きめに作りましょう♪

簡単手作り「ループリボン」♪リボンの作り方 手順6 【手順 6】

さらに、[手順 2]と同様に、
円を作って、リボンを向こう側に!

[!?]
このあたりで、押さえている指が、
ちょっと、辛くなってくるかも …(汗)

指で挟んでいるリボンが、ズレてしまう …という場合、
「クリップ」などを使って、上手く固定しましょう♪

どうしても …って場合、
ちょっと荒技ですが、「ホッチキス」で留めてしまいましょう d^^;
完成時には、目立たなくなるんで大丈夫ですよっ!(笑)



簡単手作り「ループリボン」♪リボンの作り方 手順7 【手順 7】

[手順 4]の様に、
今度は、手前側に折り返します

[point!]
今度は、反対方向にズラしましょう♪

簡単手作り「ループリボン」♪リボンの作り方 手順8 【手順 8】

左右の大きさや角度が、対称的になる様、
全体のバランスを見ながら、同様の手順をくり返し、
好みのボリュームの、リボンを作っていきます。

[hint!]
後で作る(下側にくる)円を、徐々に大きくして、
立体感と、広がりを出していきましょう♪

簡単手作り「ループリボン」♪リボンの作り方 手順9 【手順 9】

最後に、
折り返したリボンで、大きめの輪を作ってカットします!

[hint!]
この時点で、リボンを切らないでおけば、
後で 長さ調整ができるので、おすすめです♪

簡単手作り「ループリボン」♪リボンの作り方 手順10 【手順 10】

別のリボンを、[手順 1]の輪に通します。
(※写真では、12mmのリボンを使用!)

[hint!]
針金などで留めても良いですし、
もちろん、同じリボンを使ってもOKです!
色合いや太さなど、完成時のお好みでどうぞ♪

簡単手作り「ループリボン」♪リボンの作り方 手順11 【手順 11】

通したリボンを後ろに回し、
中心で強めに結んで、しっかり固定します。

[point!]
手前側(表側)に折り込む様に、リボンを綺麗に集めて、
できるだけ、リボンの幅をなくして結びましょう♪

簡単手作り「ループリボン」♪リボンの作り方 手順12 【手順 12】

[手順 9]で作った輪の下側を切り、
それぞれの先端を、斜めにカットすれば「完成」!

[hint!]
[手順 9]でカットしていない場合は、
ここで、長さを調整してからカットします♪

[手順 10]で、リボンを使用した場合、
このリボンで、そのままラッピングもできますし、
メインリボン同様に、装飾として垂らしても使用できます♪ d^^


Sponsored Link

リボンの簡単な作り方「アレンジ例」

「色や幅を変えれば、それだけでイメージも違ってきます♪」
と、上述でも書きましたね。

では、
どうやってアレンジするのか!?
どう違って見えるのか!?



わかりやす~い「アレンジ」の例を、
サンプルとして、実際にいくつか作ってみました♪


変えているのは、「リボンの色と幅」だけで、
作り方自体は、上述のやり方と同じ(または 応用)です! d^^



【ループリボンのアレンジ例】

簡単手作り「ループリボン」♪リボンの作り方「アレンジ」


  • まずは「基本 version」(作り方解説でつくったリボン♪)
    赤リボン(25mm)を、ゴールド(12mm)のリボンで結んでます!

    ≫ このループリボンを使った「リボンだけで作る クリスマスリースの作り方

  • 簡単シンプル version.
    ゴールドのリボン(25mmと12mm)を使った、小さめのリボン♪
    (この中では、もっとも簡単!)


  • レッド&ゴールド(細め)version.
    赤とゴールドのリボン(共に12mm)を使用して、途中で色を変えているだけ♪

    ≫ このループリボンを使った「100均材料で作る 手作りクリスマスリースの作り方

  • ダブルピンク version.
    薄めのピンク(25mm)と、柄付きピンク(13mm)のリボンで、
    上述の手順で、2本重ねて作っただけ! d^^



ご覧の様に、
同じ様な色合いでも、テープの太さ組み合わせを変えるだけで、
かなり、イメージを変化させることができますね♪


リボンの素材によっても、難易度が違ってきます!」

サラサラとしたリボンは、摩擦が少なく滑りやすいので、
固定や形を整えるのが、やや難しく感じます。

作る際に持っている指も、けっこう疲れてきますよっ(笑)。


「初めてチャレンジ!」ってアナタや、
「なかなか上手くできない!」って場合 …

まずは、作り方のコツを掴んで慣れるために、
『裏表がなく、滑りにくいリボン』を使って、作ってみることを オススメします♪


Sponsored Link

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑