コンビニおにぎりの添加物って?pH調整剤の働きと体への影響とは!

公開日: : 最終更新日: 2015/06/18 フード・ドリンク , , 約 4分

何かと食べる機会が多い「コンビニのおにぎり」!

手軽だし、種類も豊富だし、
保存料や、合成着色料も使用してないし …

でも、使用されてる食品添加物って!?

コンビニおにぎりの添加物って?pH調整剤の働きと体への影響とは!

確かに、最近のコンビニおにぎりは、
「保存料・合成着色料は使用しておりません。」
という表示を、よく目にしますよね。

「だったら安心!」と、つい思ってしまうかもしれませんが、
ホントにそれで良いんでしょうか!?


コンビニおにぎりの添加物について、
特に謎だった「pH調整剤」は、詳しくリサーチしてみました!


Sponsored Link


コンビニおにぎりの添加物

コンビニのおにぎり「ツナマヨネーズ」の表記例です。

+++++++++++++++++++++++
原材料名
ツナご飯(米 ツナ 砂糖 その他)
ツナマヨネーズソース和え 海苔
調味料(アミノ酸等)pH調整剤
グリシン トレハロース カラメル色素

+++++++++++++++++++++++

「保存料・合成着色料は使用しておりません。」
といった表示のある、コンビニおにぎりなんですが、
調味料(アミノ酸等)以降の赤文字部分は、すべて「食品添加物」です。


食品添加物の働き

では、これらの「食品添加物」
どんな働きがあるのか、それぞれ見てみましょう。

  • 調味料(アミノ酸等)
    昆布 鰹節 しいたけ等のうまみを化学合成したもの。自然のものではありません。

  • pH調整剤
    何種類かの物質をまとめた総称で酸とアルカリの調整。 微生物の繁殖を抑える。

  • グリシン
    日持ちを向上させ、酸味や塩味を和らげる。

  • トレハロース
    ツナとマヨネーズを合わせて粘りを出すために使用。

  • カラメル色素
    茶色い色をつけるのに使用(ご飯 海苔 ツナマヨネーズのどれに使われているかは不明)。


Sponsored Link

消費期限を確保する添加物「pH調整剤」

上述の添加物の中で、
pH調整剤は、いわゆる「総称」で、
いくつかの物質が、組み合わせて使用されています。

この「pH調整剤」とは、
いったいどんなモノで、何の役目があるのか?

体への影響は、どうなんでしょう!?


「pH調整剤」とは

「pH調整剤」とは、
添加することによって、食品のpHを適正な範囲に調整する添加物です。

「pH」は、酸性とアルカリ性の程度を表す数値です。



食品は大体において、pH4~5くらいにすると、
品質の劣化を防いだり、変色菌の増殖を抑えることができます。

保存料・酸化防止剤など、その他の保存性を高める添加物は、
食品のpHが酸性側である時に、効力を発揮するものが多く、
保存料などの、効果を十分に引き出すために、
「食品のpHを調整する目的」で使われたりもします。


「酸味料」に属するものが、pH調整剤として使用されることがあり、
「pH調整剤」は、クエン酸・乳酸ナトリウム・リンゴ酸など、
40種類の物質の「総称」で、通常2~3種類組み合わせて使われる場合が多い。



コンビニおにぎりの添加物「pH調整剤とは」

  • 保存料の代用による「保存料無添加」の表示

    保存料には多少劣るものの、pH調整剤には、
    菌の増殖を防いで、保存性を高める働きを持つものがあります。

    保存性を高めるために、pH調整剤を保存料代わりに使用して、
    「保存料無添加」といった、セールスポイントにできます!

  • pH調整剤の一括表示

    pH調整剤は、いくつかの物質を組み合わせて使用されるもので、
    「一括での表示」が認められています。

    そのため、
    「何種類の添加物が、どれだけ入っているかわからない」
    という理由で、危険視されることも少なくありません!


pH調整剤の保存効果

pH調整剤の保存効果がわかる、
「日持ち比較」の実験例をみてみましょう♪

炊きたてのご飯で作ったおにぎり(①)と、
コンビニのおにぎり(②)を、常温で保管した場合の、
10日経過後の状態では …

のおにぎりは、カビや ご飯の変色が見られたのに対し、
のおにぎりの場合は、カビや変色は認められなかった。

もちろん、「②のおにぎりは食べられる」という意味ではありませんよっ!d^^;



この差は、保存を目的とした「pH調整剤」にあります!


pH調整剤の体への影響

コンビニのおにぎりの場合でも、pH調整剤が同じとは限りませんし、
食品の表示からは、何が使われているのかまではわかりません!

例えば、

  • セブンイレブンのおにぎりの場合、「クエン酸・炭酸ナトリウム」他
  • ローソンのおにぎりの場合、「酢酸ナトリウム」を主体としている

といった様に、わかる範囲でも、その物質はまったく異なっています。


で、
気になる「体への影響は!?」


pH調整剤の「体への影響」

pH調整剤そのものの毒性はあまり強くなく、安全性が高いものではあります!


動物実験において、
「一生食べ続けても、人体に影響はない」とされています。

さらに、その1/100が「1日あたりの摂取許容量」で、
多量に使うものではないので、数字でも安全性は確認されています。


毒性が強いという訳ではないので、
「加工食品ばかり食べ過ぎない」といった注意さえしていれば、
それほど、「過剰に心配するものではない」とされています。d^^;


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2015/06/18 フード・ドリンク , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑